※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

764 名前: 肖×カラーテ 1  投稿日: 02/04/04 09:32 ID:ugb3IE6g
    「タァァァァァァァァッ!!」
    気合い一閃。若島津の渾身の蹴りを受け、巨木がへし折れた。
    ・・・果たして、この山籠もりがサッカーの役に立つものなのか?
    周囲は勿論、若島津本人にもよくわかっていない。
    ただ、迷った時には空手だ。そういうDNAを背負って、若島津は生きてきた。
    「ジレット山籠もりリポート。さあ、その無精ひげを剃ってください」
    「いやあ、伸ばし放題だから、うまく剃れるかな?」
    じーじーじー・・・
    「ほら、こんなに剃れました」
    「おおう。剃り残しなし!肌触り滑らか・・・っておい!お前誰だ!」
    長いノリツッコミの後、若島津は身構えた。
    電気カミソリを手にした束髪の男が、朗らかに笑う。
    「俺の名前は肖俊光。お前の怪我を治しにきた。中国青年蹴球団に
     所属して全日本ユースとも対戦したが、覚えてないのか?」
    そういえば他人様のシュートを蹴り返して幻覚(龍とか)を見る、タチの悪い
    暴れん坊がいたようないないようなやはりいたような記憶が、若島津にはあった。


765 名前: 肖×カラーテ 2 投稿日: 02/04/04 09:33 ID:ugb3IE6g
    「と、とにかく、俺は怪我などしていない!」
    「古傷が疼くだろう。こことこことこことこことここ」
    肩関節、手首などをはじめとして、過去、怪我した部分全てに、極細の鍼が突きたっていた。
    「こんな・・・ハリネズミみたいにしやがって」
    「それだけ陽一に愛されているという事だな。はははは」
    「陽一って誰だ!」
    肖は笑って答えず、若島津の頬にそっと触れた。チクリ。微かな痛み。
    「剃り残しだ」
    武人、若島津健は殺気に対して反射的に攻撃開始する教育を受けてきていた。
    しかし、この肖という男、気配が読めない。
    不意に唇を吸われた時も、瞬時に対応できず、ただそれを受けていた。


766 名前: 肖×カラーテ 3 投稿日: 02/04/04 09:35 ID:ugb3IE6g
    「なっ、なにをする」
    若島津は慌てて肖を突き飛ばした。
    が、肖はごろり、と仰向けに倒れるなり、その反動で跳ね起きて
    若島津の眉間を指先でつついた。
    「若堂流、そこまでだ」
    肖を突き飛ばした姿勢のまま、若島津はぴくりとも動けなくなっていた。
    --筋肉が、硬直している。
    生まれて初めて、自分の身体が自由にならない感覚を味わい、若島津は恐怖した。
    「ではこのまま治療に入るか。まあ、そんなに固くならないで」
    「貴様がしたんだろうが!」
    顔と声帯は無事である事に、若島津は気付いた。
    が、それはこの状況を打破するにはあまり役に立たない。
    助けを呼ぼうにも、ここは人里離れた山奥のまた奥であるのだから--


767 名前: 肖×カラーテ 4 投稿日: 02/04/04 09:37 ID:ugb3IE6g
    道着をはだけられ、顎から喉元へ、肖の唇がなぞるように降りていく。
    --筋肉が動かないのに、皮膚の感覚はそのまま?
    ますます恐怖する若島津は、ただ、肖の淫らがましい愛撫を受けるよりない。
    「ふっ・・・うぅ」
    「逞しい身体だが、ここは敏感なのだな」
    淡々と分析をしながら、肖は若島津の乳首をつんつんと舌先でつつく。
    「やめろ・・・お前、自分が何を・・・してるか、わかっているのか」
    「治療だ」
    隆起した胸筋、腹筋をなぞった後、肖の手は若島津の道着の腰紐を解き始めた。

793 名前: 肖×カラーテ 5  投稿日: 02/04/06 08:25 ID:wNG4UCZD

    「やっ、やめろ、そこは」
    「あまり鍛えていないから、見られたくないのか?」
    「そんな事はない!」
    「だろうな。王道だし。では拝見」
    またわけのわからない事を言いつつ、肖は若島津の下着を下ろした。
    そして露出した性器を揉み、扱きだす。
    「うっ・・・ふざけ、やがって・・・」
    「ふざけてはいない。なるほどこれはよく鍛えられているな」
    一人で頷きながら、肖は若島津の下肢から、鍼を取り去った。
    急に力が抜け、その場に崩れ落ちる若島津。それを受け止め、腰を抱え込んだ肖は、
    手早く自分の屹立をさらけだした。


794 名前: 肖×カラーテ 6 投稿日: 02/04/06 08:26 ID:wNG4UCZD
    「お、おいっ、やめろ!」
    「ここも鍛え上げているだろうから、そのままぶち込ませてもらう。お前、
     大流血しても翌日平気な顔でサッカーしたり、恋人を背後から見守ったり」
    「だからそれはどこの誰の話なんだー!!」
    若島津の必死な大音声に、肖はふっと眉を顰めた。
    「でもまあ、俺は治療にやってきたわけだし、わざわざ出血させる事もないか」
    手荷物からごそごそと小瓶を取り出した。透明な粘液が満たされている。
    「海藻から抽出したジェルだ。たまにはそこに安らぎを与えないとな」
    「たまには、とはどういう事だ」
    肖は聞く耳持たない様子で、若島津の引き締まった臀部の奥深くにジェルを塗り込む。
    「き、気持ち悪い。ぬるぬるする」
    「やはりそのままぶちこまれ慣れていると、物足りないか」
    「さっきから、お前と話が食い違いっぱなしだ!肖!」
    上半身は硬直させたまま、若島津は力の入らない下肢で必死の抵抗を試みる。


795 名前: 肖×カラーテ 7 投稿日: 02/04/06 08:27 ID:wNG4UCZD
    抵抗空しく、若島津の秘部は、一本、二本、と肖の指を呑み込んでいく。
    「力が抜けきっているはずなのに・・・すごい締まりだ」
    ふと視線を下ろすと、肖の屹立が月明かりにてらてらと輝いていて、若島津は
    慌てて視線を逸らせた。
    --このまま、こいつに犯られてしまうのかっ
    「若島津さーん・・・」
    遠く、自分を呼ぶ声がする。新田だ。かわいい後輩、新田が訪ねてきたらしい。
    しかし、助けを呼ぼうにも、この情けない状態はどうか。若島津は羞恥に震える。
    「とっとと済ませよう」
    肖は己の屹立に手を添え、若島津の体内にねじ込んだ。
    「うあぁ・・・ぐぅっ・・・!」
    「声を出すな。敵にみつかる」
    「新田は・・・敵じゃねぇっ・・・あぁっ・・・」
    熱い塊に内部を抉られ、若島津は必死に声を堪える。痛みと、快感と、屈辱と・・・
    征服される諦め。それが被虐の悦びを生み出しているのに気付き、
    若島津はぎゅっと目を閉じた。

802 名前: 肖×カラーテ 8  投稿日: 02/04/07 07:23 ID:QtsvuRl0
    「さすが・・・犯されるだけで、ここをこんなに猛らせて」
    なにがさすがなのかわからないが、肖は若島津の熱い陽根を擦りあげる。
    「うっ・・・うぅっ・・・」
    「声を・・・出すなよ・・・」
    肖はますます激しく突き上げながら、若島津の口を手で塞いだ。
    呼吸が苦しい。体内には禍々しい塊が蠢いていて、自分の性感を刺激している。
    若島津の意識は朦朧とし、判断力も失われていく。
    肖の手が、若島津の上半身の鍼も取り去った。
    ぐにゃり、と脱力する若島津の腕は、いつしか肖を抱きしめていた。
    口を塞いでいた手の代わりに唇が触れ、舌を差し入れられた。
    「んっ・・・んん、・・・っむ」
    狂おしく肖の舌を吸い、腰を振りながら、若島津の中で何かが壊れた。


803 名前: 肖×カラーテ 9 投稿日: 02/04/07 07:24 ID:QtsvuRl0
    「若!おかえりなさい!」
    「お疲れさまでした!若」
    若堂流の門下生が出迎える中、若島津は道場に戻った。
    道場主である父親も、満足気に頷いている。
    「山籠もりのせいかお前が変わって見える。一皮むけたようだな、健。早速だが・・・」
    父親が身構える。若島津もそれに応え、重心を低く構えた。
    「テェェェェェェェイ!」
    何か、吹っ切れたようだ。身が軽い。拳は唸りをあげて父の胸めがけて
    叩き込まれ・・・る、寸前でよけられた。
    「まだまだ、だな。しかし、よくここまで成長した」
    父は息一つ切らさず、悠々と立ち去る。
    --まだまだなのか。
    山中で行われた屈辱的な治療。そのせいで古傷の疼きが消えたばかりか、
    敏捷性や破壊力までが向上したというのに。


804 名前: 肖×カラーテ 10 投稿日: 02/04/07 07:25 ID:QtsvuRl0
    「すごいっす!若島津さん、マジすごいっすー!」
    傍らで新田が拍手していた。
    「俺も山に籠もろうかな?」
    「やめろ!山は・・・危険だ」
    「迷子になりそうですもんね。こないだ差し入れに行ったのに会えずじまいで
     捜索隊まで出されちゃいました。ところでヒゲ伸ばすんですか?超シブイっすけど」
    ヒゲを剃ろうとすると、あの夜の記憶が蘇る。カミソリが手に取れないのだ。
    「若!中国の肖様から、治療費の請求書が来ておりました!」
    「なにぃっ!?」
    「道場の運営費から、お支払いいたしました!」
    金までふんだくられ、若島津は引きつった微笑みを浮かべるしかなかった。

    「あれが新田か・・・怪我の気配が全くないな。怪我させちゃおーかな」
    医師としてあるまじき発言をする肖が、道場の陰から覗いている事に、
    気付く者は誰一人としていない・・・若堂流だった。