※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

830 名前: 肖×ピエール 1  投稿日: 02/04/09 22:12 ID:cE/ncOZh
    最初にお詫びしておきます。あまりにアニメのピエール様がいじりがいある方
    だったので、つい絡ませてしまいました。
    本来、この二人に接点はありませんし、今後もないでしょう。
    妄想on妄想です。申し訳ありません。


    かっぽかっぽかっぽ・・・
    フランスの美獣、エル・シド・ピエールは、スタジアムまでの道程を
    愛馬を駆って進んでいた。
    駆っているわりにのんびりとした歩みだったが、それは彼の美学だ。
    「わーらーにぃまみれてよぉー、育てたくーりいげええええ」
    「何者だ!」
    間延びした歌声に気分を害したピエールは気色ばんだ。
    傍らには、自分同様に馬を操る東洋人の少年がいた。
    癖のない黒髪を風になびかせ、飄々とした少年は自己紹介を始めた。
    「俺の名前は肖俊光。中国から出稼ぎに来た。これはそこいらにいた馬」
    鞍をつけていない葦毛の裸馬は、げんなりした表情を見せている。
    「そこいらにって・・・窃盗じゃないか。馬盗人め」
    「お前はフランスの誇る恋泥棒だそうじゃないか」
    『誇る』『恋泥棒』というフレーズがピエールの自意識をくすぐる。
    「同じ馬好きのよしみでサッカースタジアムまで案内してくれ」
    「断る」
    「勝手についていくぞ。しかしバス移動がそんなにイヤか?車酔いがきついか」
    図星をつかれ、ピエールは狼狽した。


831 名前: 肖×ピエール 2 投稿日: 02/04/09 22:13 ID:cE/ncOZh
    馬に水を飲ませるために、ピエールは公園で休憩をとった。肖も一緒である。
    「車酔いを抑える妙薬をやろう」
    「いらん!そんな得体の知れない薬なんて」
    「信用がおけないか。では馬に飲ませてみよう」
    そこいらの馬・・・の口に、怪しげな小瓶を押しつけ、肖は胸を張った。
    「疲れもとれる。試合前に飲んでおけばスタミナ切れ知らずだぞ」
    そこいらの馬は一声高く嘶き、ピエールの愛馬に跨り、腰を使い始めた。
    「な、なにをするんだ俺の馬に!離れろ、この駄馬め」
    「いいじゃないか。馬同士の自由恋愛だ」
    「俺の馬はオスだ!嫌がってるじゃないか。レイプだ!」
    ピエールの愛馬は必死の抵抗を見せるが、勢いづいたそこいらの馬の
    力にはかなわず、悲しげに頭を垂れた。
    が、やがてたてがみを乱して、荒い鼻息を漏らし始めた。
    「もう嫌がってはいないぞ。さすが恋愛の国、フランスの馬だ」
    「ぶ、無礼な・・・許さん!」
    ピエールは顔面蒼白になり、ぶるぶると拳を奮わせて肖に飛びかかった。
    「おっと」
    肖はピエールの渾身の蹴りをひょい、と避け、馬たちに歩み寄った。
    「貴様・・・」
    芝生に尻餅をついたまま、ピエールは怒りを籠めて肖を睨み付けた。


832 名前: 肖×ピエール 3 投稿日: 02/04/09 22:14 ID:cE/ncOZh
    事を終えた後も馬たちは寄り添ったまま、首筋を擦りつけ合っている。
    「仲良き事は美しきかな。では俺達もしよう」
    「なぜそうなる!お前は頭がいかれているんだ、この華僑め」
    「俺は華僑ではない!故郷、中国を捨てる気はないのだ」
    肖の手首がくるりと返り、手元でなにやら煌めいた。
    ピエールは自分の手足に突きたった物を見て、愕然とする。
    「針・・・!」
    「興奮を抑えるツボを突いた。情熱的すぎるぞ、ピエール」
    「情熱ってお前・・・あっ、ああー!」
    人目につかない藪に引きずり込まれ、ピエールはもがいた。
    「さすがフランス人。声がでかい」
    「お前、今自分が誰相手に何しようとしてるかわかってるのかっ」
    「フランスが誇るフィールドの芸術家であり美獣、エル・シド・ピエールに
     異文化交流を申し込むところだ」
    「そんな交流したくないっ。離せえええええ!」
    ピエールは優雅なウェーブを描く髪を芝生に乱しながら、身悶えた。
    が、首筋にキス、乳首に左手、肉茎と秘部に右手の愛撫を駆使され、
    つい甘やかな声を漏らしてしまう。
    「はぅっ・・・んっ・・・離せ」
    「ここで離したら、結構苦しいぞ?」
    「くっ・・・貴様・・・っ、ううっ」
    着衣の上からの愛撫に焦れた肉体は、ピエールの意図と裏腹にうねり出す。


833 名前: 肖×ピエール 4 投稿日: 02/04/09 22:15 ID:cE/ncOZh
    下肢を剥かれ、シャツをめくり上げられたしどけない姿で、ピエールは観念した。
    「好きに、するがいい」
    「うむ。さすが愛の化身・・・感度は抜群だな」
    言葉で嬲られるのに慣れていないピエールは、ぎゅっと目を閉じて頭を打ち振った。
    ひくつく窄まりに指を差し入れられた時、その異物感に焦る。
    「ちょ、ちょっと待て・・・待て、あっ・・・うぅ」
    肖の指は臆する事なく、ピエールの内部を穿っていく。
    --こいつ、何者なんだ?
    意識の外側から痺れていくような快感を貪りながら、ピエールはいつしか
    自分から迎え入れるように両脚を広げていた。
    肉の楔が打ち込まれた時、ピエールはプライドも矜持もかなぐり捨てて、
    肖の背中を抱きしめた。
    「そう腰を使いすぎるな・・・試合に障るぞ」
    「今が・・・よければ・・・いい」
    相手が何者であるかなど、もはやどうでもよかった。
    この瞬間慈しみ合い、快楽を共有している相手と弾けたい。
    美獣は切ない叫び声をあげて、肖の腕の中で果てた。
    「情熱を抑えるツボ・・・効かなかったみたいだな」
    肖はがっくりと肩を落としつつ、静かに放った。


834 名前: 肖×ピエール 5 投稿日: 02/04/09 22:16 ID:cE/ncOZh
    スタジアムに着いたのはほぼ定刻であった。
    妙に爽やかな馬面をした愛馬を繋ぎ、ピエールは夢心地のまま戦場へ向かう。
    肖は気を遣ったのか、いつのまにか姿を消していた。
    フィールドに降り立ったピエールに、女性ファンが薔薇を捧げる。
    その香りを楽しんだ後、ピエールは意識を戦士のそれへ切り替える。
    相手が誰であっても、容赦なく、美しく戦うために。
    「肖・・・見ているがいい。俺の闘いの様式美を」
    ホイッスルが鳴った。
    ピエールの華麗な芸術の序曲を飾るにふさわしい、済んだ音だった。

    「いかん。またエッフェル塔の前に出てしまった」
    パリ市内をぐるぐる回り、肖は完全にへばっていた。
    「お前は・・・元気だな」
    そこいらの馬、は、目を血走らせて疾走し続ける。パトカーも追いつけない。
    「俺の医学もまだまだだ。暴れ馬を拵えて、治せないとは」
    裸馬に振り落とされないようにしがみつく肖に、鍼だの指圧だの繰り出す余裕はない。
    勿論、スタジアムで死闘を繰り広げるピエールの事など完全に忘れ去っていた。

    まだ、中国青年蹴球団に入団するまでは遠い、十五歳の日の事であった。