※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

846 名前: 風と木の名無しさん  投稿日: 02/04/10 23:25 ID:vwAmcK6E
    「来生…。俺さ、前から気になってたんだ」
    「な、なんだよ、井沢」
    そそそんなに俺を見つめるなよ。ヤバイ気分になるじゃないか!
    井沢は、これでなかなかもてるのだ。
    俺のような睫毛バシバシの女顔じゃないもんな…フン。
    「おまえってさ、…」
    好きなやつ、いる?とか聞かれたら、何て答えればいいんだよ~。
    井沢のことが好きだ、かな。うん、ストレートに言うのが一番だ。
    ドキドキしながら、井沢の言葉を待つ。

    「おまえって…、それ、パーマかけてんの?」
    「え?」
    「修哲時代からだろ?小学生がパーマとはすげえなって、ずっと気になっててさ」
    …これは天パーだ!!!俺だって、こんなおばちゃんパーマは嫌なんだ~~~!!
    「い、井沢のバカー!」
    部室に「バカー…、バカー…、バカー…」とエコーを残し、俺は走り去った。