※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

16 名前: 1  投稿日: 02/04/17 21:56 ID:p4PZF1dE
    引っ越しアナウンス、ありがとうございました>代理様
    すっかり忘れてました・・・お礼(?)にこちらのマーガス×シェスターをどーぞ。

    「なあシェス。今夜お前んちに泊めてくれ」
    「その不思議なニックネームで呼ぶのをやめてくれたらな」
    「なんでだよ。ファンの女とかこう呼んでるだろ」
    「女?知るか」
    シェスターは、こと女関係の話になると淡泊・・・いや、冷淡ですらある。
    相方であるマーガスは不思議そうな顔で首をひねっている。
    「で、なんでうちに泊まりたいなんていうんだ?」
    「いやあ、うちが散らかってて、帰るのがもううんざりなんだ」
    「・・・暴漢が押し入ってきて、部屋を荒らしたのか!?警察呼んだか?」
    「あはは。なんか知らないうちに・・・自分で散らかしていたようだ」
    質実剛健なドイツ人マーガスだが、なぜか部屋の整理整頓は苦手だった。
    「自業自得だな。自分で散らかしたんだから自分で住めるようにしろ」
    「へーい。あーあ。またシェスに怒られちまったよー」
    「その徒名はやめろってのに!・・・しょうがないな。掃除は手伝ってやるから」
    「やったー!じゃ、今夜はうちにこいよ。ビールの買い置きあったかな」
    「全く・・・」
    マーガスの面倒をみているはずが、いつしか彼のペースに乗せられている。
    シェスターは自分のそんな甘さが・・・甘さの原因が、情けない。
    惚れた弱み、と、言ってやったら、マーガスはどんな顔をするだろうか?
    「ちゃんと自分で掃除するんだぞ!俺はあくまでも手伝いなんだから」
    「わかったわかった。で、夕食は外で食う?作ってくれる?」
    「本当にわかってんのか?・・・外食は不経済だ。作ろう」
    心浮き立つ自分に溜息をつきながら、シェスターはマーガスの後をついていく・・