※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

146 名前: 141 1/5  投稿日: 02/05/01 23:44 ID:mnW/r8O9
    「岬君、前から気になっていたんだけどね。…聞いてもいいかな?」
    「何? 三杉君」
    全日本ユースの合宿中の僕達は、夕食後のひとときをみんな思い思いに過ごしていた。
    僕と三杉君はビデオを見ながら、お互いの連携の研究中。
    「どうして君だけは、日向のことを『小次郎』って呼ぶんだい?あの若島津でさえ、『さん』付けなのに」
    そう声をひそめて聞いてきた三杉君に、一瞬考えて、こう答えた。
    「小学校からのクセなんだ。僕も明和に通っていたから」
    「うん、チームメイトだったのは知ってるけど…、何か理由があるのかなって」
    「昔のことだからね。僕も忘れちゃった」
    笑ってそう言った僕は、あの日のことを思い出した。


147 名前: 141 2/5 投稿日: 02/05/01 23:45 ID:mnW/r8O9
    あの日のことは、よく覚えている。
    5月の初旬で、図工の宿題を忘れた僕達二人は、居残りさせられて。
    小次郎は、さっさとグラウンドでボールを蹴りたかったんだろう、イライラしているのが見て取れた。
    「おい、転校生。…お前、絵描きの息子なんだってな。こんな宿題、朝飯前だろ」
    そんなふうに先に話しかけてきたのは、小次郎だった。
    「そんなことないよ。父さんは上手いけど、僕はぜんぜん下手なんだ」
    「…フン」
    気にくわないって顔をして、ガシガシと(いつもの調子で)画用紙に書きなぐる小次郎に、
    「ねえ、もうちょっと丁寧に描きなよ。母の日のプレゼントなんでしょう?」
    つい口が出てしまったんだ。
    「うるせえ!お前こそ、さっさと描けっ!」
    そうだった。終わったら「二人そろって」提出しにこい、と先生に言われていたんだった。
    「……」
    真っ白な画用紙を目の前に、僕は目を閉じた。
    写真でしか見たことがないお母さん。
    僕を抱いて、父さんの隣で笑っているお母さん。
    何度も何度もその写真を見ているのに、いざ画用紙に向かうと、なぜかぼやけて描けなくて…。
    どんな人なんだろう、僕のお母さん…。


148 名前: 141 3/5 投稿日: 02/05/01 23:46 ID:mnW/r8O9
    「やっぱり描けないや…」
    小声でつぶやいた僕に、小次郎が怒鳴った。
    「ふざけんな、転校生!さっきは偉そうなこと言ってたくせに」
    「だって、お母さんの顔覚えてないんだもん。いいかげんには描きたくない」
    「えっ…」
    小次郎は顔をあげて僕を見た。
    「…お前、ひょっとして母ちゃんいないのか?」
    「うん。どこかで元気にしてる…といいな」
    そう笑って言った僕に、
    「そうか…。俺は、父ちゃんがいないんだ。何だか似てるな、俺達」
    「そうだね」
    この手の話は、気を使わせちゃうだけだから、人には話さないようにしてきたけど、
    はじめて誰かと秘密を共有できたような気がしたのは、僕だけじゃなかったと思う。
    「お前、名前は?」
    「ボクは岬太郎。君は?」
    「日向小次郎だ」
    「改めて、よろしく、日向くん」
    手を出した僕に、
    「岬、学校の奴等には誰にも許さなかったけど、お前だけは俺のこと名前で呼んでいいぜ」
    「えっと…、じゃあ、よろしく、小次郎」
    「ああ」
    そうやって、硬い握手を交わしたんだ。


149 名前: 141 4/5 投稿日: 02/05/01 23:46 ID:mnW/r8O9
    後から知ったことだったけど、小次郎はお父さんが大好きだったんだ。
    お父さんに、「小次郎」って、呼ばれることが。
    もちろん、お母さんも大好きで、
    お母さんのためになるのは、母の日にプレゼントする絵を描くよりも、
    アルバイトをして家計を助けること、
    そして、サッカーで勝つこと。
    日向小次郎は、そういう男だった。
    明和FCでチームメイトにもなり、そんな小次郎のことを少しずつ分かりかけてきて、
    自分の中で大きな存在になってきたころ――、父さんの絵が完成して、転校。
    それから何度も敵として戦ったけど、今、再び同じチームになって、
    僕がどんなに嬉しいか、わかってるのかな、小次郎…。


150 名前: 141 5/5 投稿日: 02/05/01 23:49 ID:mnW/r8O9
    「おやおや、岬君ったら、思い出し笑いかい?」
    しまった。すっかり三杉君のことを忘れてた。ビデオ見てたんだっけ。
    「違うよ、笑ってなんか…」
    「ふふふ、翼君に言いつけちゃおうかな。コンビの片割れが思ってるのは、実は、って」
    「三杉君、やめて。君が言うとシャレになんないよ…」
    「あははは、じゃあその話は追々聞かせてもらうとして。さっきのプレイだけど…」
    そうだ。今は自分の気持ちより、僕達の夢を叶えよう。
    夢が叶ったら、その暁に――。