※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

165 名前: 1/4  投稿日: 02/05/05 04:07 ID:Z5zOOoUQ
    ワールドユース決勝戦。熱く長い戦いは、日本の優勝で幕が降ろされた。
    全日本のビクトリーランを、岬はベンチから眺めていた。
    (おめでとう、日本…。おめでとう、小次郎、翼くん)
    「担架の用意ができた。行こうか」
    「…はい」
    サッカー協会の片桐に促され、優勝後の喧騒に別れを告げる。祝賀会もなし、病院へ直行だ。
    (もう、ダメかもしれないね…。お疲れさま、ボクの左足)
    担架に移りながら、そっと左足をさすった。試合中に聞いた、骨の砕ける音を思い出す。
    一度だけ、岬はグラウンドを振り返った。みんなの誇らしげな笑顔が眩しくて、それきり目を閉じた。


166 名前: 2/4 投稿日: 02/05/05 04:08 ID:Z5zOOoUQ
    すぐに緊急手術となり、そのまま入院。絶対安静を言い渡された。
    (「頑張ってリハビリを続けよう」か……)
    そうすれば、またサッカーができる。そう先生は言った。
    (だけど…、それは世界を狙えるサッカーなんだろうか)
    ワールドユース優勝だけを目標にしてきたが、これからすぐに翼はブラジルに、若林はドイツに戻る。自分だって…という気持ちもあったのだ。
    (小次郎だって…きっと海外に出る)
    彼らと肩を並べるサッカーじゃなきゃダメなんだ。延々と続く、みんなの夢を叶えるには。
    天井を見上げ、そんなことを考えていると、勢いよくドアが開き、
    「岬っ!」
    小次郎がジャージ姿で飛び込んできた。
    「小次郎…。あれ、祝賀会は?」
    岬は目を丸くして驚いた。今ごろはホテルで祝賀会が始まってるはずだ。
    「馬鹿、そんなもんより、お前のほうが大切だろ」
    みんなも―特に翼が―心配してたが、さすがに抜けてくるのは俺一人が精一杯だったと告げると、
    「具合はどうなんだ?」
    ベッドの端に腰を下ろしながら、心配そうに顔をのぞき込んできた。


167 名前: 3/4 投稿日: 02/05/05 04:09 ID:Z5zOOoUQ
    「うん、大丈夫だよ。またリハビリすれば、サッカーできるようになるって」
    「ホントか!?」
    「うん。…ちょっと時間がかかるかもしれないけど」
    だから心配しないで、と岬はにっこり微笑んだ。
    「…! 岬っ!」
    いきなり、小次郎の腕に抱きしめられた。
    「どうして…、どうしてそんなふうに笑えるんだよ…」
    「小次郎…」
    「心配するな、だ? そんなにひどい怪我をしてるくせに…どうしてだよ…」
    小次郎の腕に力がこもり、岬の顔を胸に押し付ける。身じろぎせずにじっとしていた岬に、小次郎の体の震えが伝わってきた。
    「小次郎…、泣いてるの?」
    「…るせっ」
    あの、猛虎と呼ばれる男が泣いている。
    それも、自分のために泣いてくれている…。
    そう思うと、岬の胸は熱くなった。


168 名前: 4/4 投稿日: 02/05/05 04:10 ID:Z5zOOoUQ
    「……待ってるからな。岬」
    くぐもった声でそう言う小次郎に、「待っててくれ」と、喉元まで出かかった言葉を飲み込む。
    「待ってないで。どんどん先に行って。じゃないと…自分を許せなくなるから」
    「……」
    「どんなに小次郎が先に進んでても、絶対追いついて見せる…よ。だから…」
    岬の声も震えてきた。
    「だから…、ずっと追いかけて行くから…」
    「岬っ!!」
    背中に回っていた腕がふりほどかれたと思うと、両肩を強く引き寄せられ、二人の唇が重なった。