※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

202 名前: 風と木の名無しさん  投稿日: 02/05/09 23:10 ID:pwcOZub4
    なんか岬くんと一郎パパができてたらって野島ドラマの「高校教師」を思いだした。
    女子高生の娘と芸術家の父親の近親相姦のエピソードがあって岬くんとだぶる。

    14の時、そう14の時、僕の父さんは父さんじゃなくなった。
    不思議な事に、その時はとても漠然としていて、ただ大きな波に
    押さえつけられているようで、少し息苦しいけど、それでもどこか
    自然の流れのようで。
    それがいつか、ふいに歪んでみえて…。
    僕は、翼くんと普通の恋がしたかった。
    バカだね、僕、自分はちっとも普通じゃなかったのにね。
    僕は父さんと、あの人と遠くへ行きます。
    あの人は少なくとも僕が必要なの。
    そう、いつも思ってたことがある。
    人が周りにいないからじゃなくて、自分を分かってくれる人がいないから
    寂しくなるんだね。
    いつか翼君に恋人ができたら僕の事は忘れちゃうね。
    けど、僕は、忘れないでもいい?
    さよなら、さよなら、翼君…

    ついビデオ見返してしまった。
    娘役の桜井幸子のモノローグを岬くんバージョンにしてみました。