※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

224 名前: イジワル岬、テスト投下…  投稿日: 02/05/14 03:40 ID:5SfsQKtK
    なんかちょっと思い付いちゃったので…


     終業のチャイムが校内に鳴り響いた。
     ふぅ、今日も学校は終わり。
     放課後はサッカーの練習にちょっと顔出して、
    家に帰ったら夕飯の支度して洗濯物をとりこんで、
    あ、そうだ回覧板もおとなりにまわさなくちゃ。
    父さんがやってくれてるわけがないもんな…ふぅ。
     あぁ、忙しい忙しい。
     考えてみたら、これって充分児童虐待になんないのかな?
     ま、別にいいんだけどね、僕は。もう慣れたし。
    「岬くん、岬くん、岬くん!」
     後ろからかけられた元気な声で、僕の思考は止められた。
     振り返るとキラキラと目を輝かせた翼くんが、帰り支度も早々に
    黒いランドセルを背負って待っていた。
    「岬くん、今日は練習の日だよね。いっしょにグラウンドに行こうよ!」
     すぐにでも教室の外に駆け出さんばかりだ。
     うーん、一時期世話してたことのある子犬そっくり。かわいいなぁ。
     きっとシッポがあったら、ちぎれんばかりにふってるんだろうなぁ。

     ち ょ っ と イ ジ ワ ル し た く
                  な っ ち ゃ う な ぁ 。

    「うん、翼くん。だけど今日は僕と翼くん、
     掃除当番だからちゃんと掃除してからでないと」
     人好きのする、優しい笑顔で僕は言った。
     すると翼くんは、おあずけをくらった犬のようにきょとんとなった。
     わかりやすいなぁ。