※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

512 名前: 風と木の名無しさん  投稿日: 02/07/03 00:36 ID:uLTyJHme
    「…終わったな、シュナイダー」
    「ああ…。またこれでしばらく敵同士だな、カルツ」
    幼なじみ―何と残酷な関係なんだろうとカルツは思った。
    兄弟のように育ってきた二人は、決して重なり合うことはなく、
    それぞれ別の道を歩んで行くしかないのか。
    もし、ここで自分の思いを打ち明けたら…何かが変わる……?
    カルツは思い切って口を開いた。
    「シュナイダー…。話しがある」
    「なんだ、カルツ?」
    「お前さんのことが好きだった。Jr時代から、ずっとな」
    「カルツ…!」
    シュナイダーの目が見開かれ、信じられないといったような顔をしている。
    もう、ただの幼なじみには戻れない。
    残酷でもあったが、居心地の良かった幼なじみという安住の場所を、カルツは手放した。
    「それだけだ。…元気でな」
    クルリと背を向け、真新しい楊枝をくわえて歩き出す。
    若林の待つハンブルグへ一時も早く戻りたかった。
    (源さんには「馬鹿なことをした」って言われるだろうなぁ)
    大会が終わった解放感からなのか、それとも告白した達成感からなのか、
    カルツは清々しい笑顔を浮かべていた。