※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

650 名前: タケシ×日向  投稿日: 02/08/05 23:47 ID:apRo/u5R
    「日向さん、ほんとうにいいんですか」
     若島津のいない寮の部屋で、タケシは窺うように日向の顔をじっと見ていた。
     明日の卒業式が終われば、もうこの人を、こんなふうに身近に見つめられることは当分なくなる――。そう思うと、どんなに我慢していても、またじわりと涙が溢れる。
    「泣くな」
    「すみません……」
     謝ると、日向がそっと自分の涙を唇で吸っていた。
     抱きしめられ、くちづけを受け、日向は慣れた手つきで愛撫をほどこす。
     自身を握られ、タケシはもうどうにもならないところまで追いたてられていた。
    「おまえ、やりたいんだったよな。いいのか? 初めてが、女じゃなくて、俺で」
    「日向さんが、いいんです。日向さんが……」
    「そうか…」
     頷いて、日向はタケシの上をまたぐ。
    「いいか、口が裂けても、若島津には言うんじゃねえぞ」
     そうして、ゆっくりとタケシ自身の上に腰を落としていく。めまいがするほどの圧迫感。
     ああ、これが日向さんなんだ……。