世界観


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世界観

双翼御伽録 (ふたつつばさのおとぎろく)はツインジアと呼ばれる二体の竜が守護する大陸が舞台の物語である。意味は「二体の竜(二対の翼)に守護された大陸の物語録」。ツインジアは 「マナ」 と呼ばれるエネルギーで支えられていて、また全ての生命もそれによって存在している。

様々な種族が生活するこの大陸では共生する者もあれば、日々争いあう者たちもいる。この世界での魔物と呼ばれる者たちはマナの不安定な状態が生み出した産物であったり、魔法によって人工的に生み出された生命体を指す。それらはゴブリンとやオーク、竜といった種族からは切り離されて呼ばれる。
そして大陸全土のマナを制御している存在が竜である。竜はその場のマナの濃度を一定に保つ役割を担っておりそれによって生物や土地が安定した状態を維持できる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。