地理


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



レパブリア共和国

名称 レパブリア共和国
種別 国家
小分類 共和国
解説 公的情報 民主共和制を旗印とする小国家。
諸国と不可侵条約を結んでおり、永世中立を宣言しているが、内外共に殆ど遵守されていないのが現状である。
秘匿情報 既に建国当初の精神は失われて久しく、政治・軍部共に腐敗が進んでいる。
関連項目 ヴェリアプル

名称 ヴェリアプル
種別 都市
小分類 レパブリア共和国
解説 公的情報 共和国の国境付近に位置する街。
街から少し南にいくと桟橋があり、海運を用いた貿易もそこそこに行われている。
様々な過去を背負った腕の立つ非所属階級が自然と集う稀有な街である。
【街の施設】
秘匿情報
関連項目 レパブリア共和国

名称 ガルーン
種別 村落
小分類 レパブリア共和国
解説 公的情報 共和国の国境沿いにある山脈と森に囲まれた小さな塊村。
山の頂上には冬の初めに百合の花が咲き、ガルーン村においてのシンボルにもなっている。
冬期には馬車が来なくなる為、冬は特に閉鎖的な社会を築く。
秘匿情報
関連項目 ユエル・ラビタス


プロイセキア帝国

名称 プロイセキア帝国
種別 国家
小分類 帝国
解説 公的情報 大陸において最大版図を誇る専制国家。
経済の動脈たる河川網、広大な穀倉地帯、鍛え抜かれた精強な軍。
先進技術においても砲術大学と錬金術協会があり、覇権国家として必要な要綱を全て満たしている。
統一国家を装っているが、実態は諸選帝侯からなる半独立領邦の集合体である。現在まで三代に渡りベルンハルト家より皇帝が輩出されている。
現皇帝:女帝シェリー・ベルンハルト
秘匿情報 各機関の肥大化により中央の統制能力は減衰の一途を辿っている。
関連項目

名称 ハンノヴァの村
種別
小分類 プロイセキア帝国
解説 公的情報 帝国南方辺境領に在る小さな村。なだらかな丘に沿って形成されている。
村の名物は年代物の大風車。傾斜畑が開墾されており、主な産出品は小麦。
良くも悪くも牧歌的な村であり、帝国の中央の発展とは隔絶しつつも緩やかな時を刻み続けている。
秘匿情報 ハンノヴァの黒騎士の生まれ故郷。
現世の英雄の誕生に神秘的なルーツを求めようと多くの冒険者や吟遊詩人が同地を訪れたが、
ごくありふれた平民の出である以上の事実は何一つ出てこなかったという。
結局解った事は、特別な血の繋がりや出生の秘密などとは全く無縁の子供が後に英雄と呼ばれる男になったという現実だけである。
関連項目

クリアーストーン魔法公国

名称 クリアーストーン魔法公国
種別 国家
小分類 公国
解説 公的情報 大陸東部広域を支配する国。
プロイセキア帝国レパブリア共和国の両国と停戦条約を結んでいるが、どちらかというと共和国寄りとされている。
有力な国家機関として、大公の補佐機関である元老院、信仰魔法も含むあらゆる魔術の研究機関である大学院
公国貴族らの合議による名目上の意思決定機関である評議会などがある。
秘匿情報 実際の交易関係は帝国との交流の方が盛んで、この事実を知る数少ない共和国民からは敵視されている。
国内の貴族は、帝国と覇権を争い世界を制覇すべしという急進派と、今は様子を見るべきという穏健派に大きく分かれている。
急進派は元老院を中心に、穏健派は大学院を中心に勢力を伸ばす。
急進派は穏健派を日和見主義者と、穏健派は急進派を性急に過ぎると、互いに非難する。
関連項目 ストーンヘッド大学院

名称 ストーンヘッド
種別 都市
小分類 クリアーストーン魔法公国
解説 公的情報 世界でも類を見ない3つの龍脈の交点に位置する、クリアーストーン魔法公国の首都であり魔法使いの聖地とされる。
龍脈より供給される莫大な魔力を使い、高度に文明化された中央に浮かぶ浮遊都市の全てを支えている。
中心部である浮遊都市はアップタウンと呼ばれ、公宮・官公庁・貴族の屋敷などが立ち並ぶ。
アップタウンには魔法による公共交通機関があるなど、湯水のように魔力が使われている。
貴族、軍人や大公以外が立ち入るには許可証が必要。
一方、浮遊都市近辺の地上には一般人や貧民の居住区があり、ダウンタウンと呼ばれている。
また数多くの魔法専門店が建ち並び、昼は賑やかな、夜は怪しげな市場が人々を誘惑する。
ダウンタウンは魔力インフラが整っておらず、生活水準は他所の街と同程度である。
代表的な施設としては、大学院附属図書館、通称“無限図書館”がある。
地下の龍脈は一定時間ごとに、間欠泉のように七色の魔力の奔流を天に向かって吹き上げ、それがストーンヘッドの特筆すべき名所となっている。
秘匿情報
関連項目 クリアーストーン魔法公国無限図書館

南方連合

名称 南方連合
種別 国家(滅亡)
小分類 国家連合体
解説 公的情報 南方大陸において最大勢力を誇る国家連合。珈琲や香辛料などを産出するため諸外国との交易が盛ん。
魔力を用いた技術は乏しいものの、独自の技術を発展させており、特に銃火器にかけては、後装式・実包をいち早く実用化している。
大規模な魔力嵐の発生による生なる魔力が大陸中を汚染したことで壊滅した。
秘匿情報 南方連合の災厄を生き延びた難民の大半はプロイセキア帝国に移住。村を興している。
関連項目

倭国

名称 倭国
種別 国家
小分類 封建国家群
解説 公的情報 大陸東端の沖に存在する特異の文明からなる封建国家群。
漆塗りの木による鮮やかな鎧と芸術品としても評価の高いカタナなる剣で知られる。
秘匿情報
関連項目

レアメタル・キングダム

名称 レアメタル・キングダム
種別 都市
小分類 自治都市
解説 公的情報 大陸の北東部に位置する自治都市。別名、金属王国。
領土の75%が山脈で覆われていて残りの大地もほとんどが作物の育たない荒野である。
そのため国内ではほとんど食料が出来ない代わりにあたりの山からはミスリルなど希少な貴金属が取れるため、
諸国に貴金属を輸出して食料を得ている。
そのためこの国の人間はほとんどが鉱山夫でファミリーネームには貴金属の名前がつけられているものが多い。
因みに王政ではないが世界の貴金属の3割近くをこの都市で生産してるのでこの名前がついた。
秘匿情報
関連項目

アルマティア公国

名称 アルマティア公国
種別 国家
小分類 公国
解説 公的情報 大陸西部に位置する国家の一つ。
貴族による芸術分野への投資が盛んで、芸術の国と呼ばれいる。
しかし、貴族達は政治には大して興味を示さぬようになり、
現在、国家の治安維持活動は、国家保安委員会という下位組織に一任されている。
芸術への多額の出資に惹かれた多くの音楽家や役者が種族や人種を問わず集まっている。
その結果、アルマティアにはあらゆる種類の楽器が集まり、水晶の笛のような魔術が用いられている物もある。
また、アルマティア近隣の魔物達も音楽を愛していると噂され、常に楽器を持ち歩く魔王すら存在するらしい。
賭博業が完全に合法化されている数少ない国家であり、中には貴族が贅を誇示するために運営している賭場すらある。
表向きには華々しい娯楽と芸術の国として名高いアルマティア公国ではあるが、
裏では行き過ぎた娯楽と芸術の反動によって退廃が蔓延し、違法な取引や人身売買など、治安は悪化の一途を辿っている。
秘匿情報
関連項目


自治都市

名称 アシュレイヴ
種別 都市
小分類 自治都市
解説 公的情報 歴史的・地形的な利点を活かして、貿易によって国を発展させている大陸屈指の商業都市。
内海貿易により多くの港を持つ国や都市と盛んに商取引を行う一方、
陸路による貿易においても、各地と街道で繋がっていることもあって大変利便性が高い。
また、最大のイベント会場である闘技場には毎日多くの観光者が訪れ、闘士達の激闘を観戦している。
その地下には闘争の神を祭る神殿が存在するとされている。
秘匿情報
関連項目

名称 港町ベレスフォード
種別 都市
小分類 自治都市
解説 公的情報 小規模の島に存在する自治都市。
他の都市国家から距離があるため、大陸で起こる政治情勢から自由でいられた歴史を持つ。
そのため、国家権力の大半からほぼ切り離されており、自由と独立の気風を併せ持つようになった。
海賊達にも良くも悪くも勝手が良い町であり、暗黙の了解でこの町への略奪行為は厳禁とされている。
海に囲まれているという立地条件もあり、漁業や海運貿易産業が著しく発展している。
また、ベレスフォードの船乗りは風を読むことに長けており、高度な航海技術を持つ。
海賊船や商船、釣り船が我が家と呼ぶ沢山の港や波止場に満ちており、港の優先権などは商人や海賊を交えたギルドが運営している。
しかし収益に比べ、農業はあまり発展していない。
【街の施設】
秘匿情報
関連項目

名称 ヘヴェリウス
種別 都市
小分類 自治都市
解説 概要 レパブリア共和国内の自治都市であり首都から離れた森林に隠れるように造られた街。国家における軍隊の合理化や学問、
行政の中央集権化に適応出来なかった魔術師やその子孫を中心に市民が構成されており、風水や魔術との融和を具現化した独特な街並みを見せている。
現在は自治権を確立しており、街の防衛は各自市民に委ねられた状態となっている。
産業は魔術道具を主軸とするが原材料の自給に乏しく、家内工業中心の加工貿易が街の収入になっている。
都市部には人々が発する複雑な魔力が絡まり、すっかり無害ではあるものの市内は巨大な魔力の塊のようになっている
市内は様々な書店、魔術道具店が並び、中央広場の噴水の噴出口には古今東西の神々の彫刻が彫り込まれている
また、街には飽和した魔力が時折虹色の粒となって浮かんでは消える事があり、
夜間には巨大なイルミネーションとなって観光客を楽しませており、美しい景観からデートスポットとしての一面も持つ。
地区 【北部】
市民の為の生活雑貨店、議会など
【東部】
種々多様な魔術具店舗。どれも小規模とはいえ、無い物は無いとも言われている
【西部】
教会やその他施設など
【南部】
共和国との玄関口
【中央】
噴水広場、時折訪れる大道芸人
関連項目 レパブリア共和国