メインキャラクター た-と


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

現在確認している参加者の名簿です
随時更新。



フルネーム テリーゼ・ブランシフト
「グスッ……守りを司る大精霊ルーシアよ、我が要請にこたえよ」
「!?そ、そんな……あ、ありがとうございます!」
性別 年齢 23
種族 人間
職業 元帝国騎士/道場師範
容姿 身長:162cm 体重:45kg。
深いブルーのロングの髪と緋色の瞳を持つ女性
かなりのナイスバディーでもある
装備 “ルーシアの十文字槍”
守りの大精霊ルーシアとの契約の証に授けられる十文字槍
刃の中心部分に紫水晶が埋め込まれている。
“鉄の胴鎧”
帝国軍の官品ではない、普通の胴鎧
“ロングスカート”
能力 “帝国式槍術”
魔法と槍術を組み合わせた、帝国軍独自の技、得意なようでかなりの技量を誇る。
なお、彼女は魔法は雷の属性のものを使う
“馬術”
騎士たるものの当然の技術であるが、彼女はこれがてんでダメで、知っている、程度の物。
“精霊守護陣”
守りの大精霊ルーシアとの契約により精霊の力を引き出し守りの陣(物理攻撃も防御可能な結界)を張る術
範囲、人、物、強度は基本的に自由だが限界はあり、また強い(もしくは広い範囲)の陣を張れば張るほど、彼女の体力も削られる。
設定 元プロイセキア帝国軍騎士団士官。
しかし、とある事情から、帝国軍をクビになり、職を求めてヴェリアプルまでたどりつく。
帝国騎士と言っても、高飛車やそれを鼻に掛けたような態度はなく、垂れた眠そうな目からもわかるように、かなりの天然ボケでもある。
子供の時に守りの大精霊ルーシアとの契約に成功しているが、とほど大きなショックがその時あったためか、単に子供の時の記憶故か、契約時の事は殆ど記憶から抜けており。
単にルーシアと契約に成功した、力の使い方は解ると言う位しか記憶に無い。
帝国軍入団後も槍が得意で、その技量を認められ騎士団入り、士官昇格を果たす。またかなりの巨乳でもあるが、本人は迷惑な物、位にしか認識していない。
別キャラ リュウ