※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ルーミア

能力名
手筋隠蔽型
効果   
発動時、自分の手牌・河を他家から隠す。
絵師
レイぽそ
感想
Rev2での能力変更はなし。なので今までと同じ感覚で使っていける。
自分の河を見られないのは相手にとってかなりの痛手。
基本的には開幕と同時に真っ暗に。妖夢と同席した場合などに様子を伺う程度。

有利になれる点は
●自分の手と安牌が読まれにくい
●鳴かれる場合、特にチーを多少躊躇させる事ができる
●相手は欲しい牌が捨てられたかどうか分からない
●暗闇の中でこっそり二人っきりになれる
●<そーなのかー

能力を使って聴牌すれば立直だろうと黙聴だろうと安牌が分かりにくいので相手も降り辛い。
開き直られて全ツされる危険もあるがその分、振り込んでくれる可能性も高い。
場合によってはバレバレの染め手でも振り込んでくれる事がある。
なんとしても上がりたい状況や配牌になったら迷わず使った方が確実。
また他家の立直などに対して降りる場合、自分の捨てた牌に重ねて捨てる事ができないので
他の安牌の情報を手に入れやすく若干有利になる。
攻撃にも守備にも使える能力なのでここぞという時や逃げ切りたい時に使いやすい。
もちろんただ使うだけでも相手にそれなりのプレッシャーや影響を与えるのでぶっぱでもおk。

限定的だが地霊殿でのトップ親でも手牌を隠せたり、さとりや妖夢などの能力を無効にする事が可能。
特にさとりはRev2で能力が変更になった為、さとりの能力に合わせて使えば確実に影響を与える。
他にも妖夢が同卓している場合にドラの役牌や神社での中等、鳴かれたくない牌が手牌で浮いてしまうようなら
能力を使って妖夢の能力を誘い、使ってきたら鳴かれない内に切る、
使ってこないなら相手が何の牌を捨てたか分からない状態で切ってポンを躊躇させる、等の駆け引きも可能。
もっとも条件が限定されている上に妖夢本人にポンされたり、隠蔽状態でも結局ポンされてしまった、
最悪の場合当たり牌だったなんて事になるとあまり意味がないので実用性は薄い。
妹紹介と聞いて。嫁入りとかお兄さん認めません!一緒に唐揚げ食べたい byアキラ