※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メディスン・メランコリー

能力名
狙い撃ち魔力吸収型(毒を操る程度の能力)
効果   
和了時に発動可能。減点対象とした相手の魔力ゲージを半分にして、次局の間増加させない。
絵師
しゃおみん
感想

始めに

鍵山 雛キスメ…そしてメディを入れた和了時妨害三人娘の能力について。
これは減点対象とした相手であり、和了時に能力の対象になった時点でその効果は及ぶ。
その為に8000点未満の失点を無効にする香霖堂、そもそも失点が存在しない(一部の能力を除く)黄昏酒場、そして8000点以下を無効にする妹紅の能力に左右される事はない。
Ver2.4から 減点対象とした と表記される様になった為、ここの文章を修正しておきます。

概要及び考察

さて…上記に書いてある通り、Rev2において他の二人と共に大幅に上昇修正されたと言っても過言ではない。
ただ、自摸でも能力発動出来るとは言え、Ver1.6以前と違って出和了り時のゲージ減少は0にするのではなく、自摸と同じく半減となっている。

しかしながら、同じゲージ減少系能力を持つ慧音やハクタク、そして小町が持ち合わせていない、次局の間だけゲージ抑制を行う付与効果は、時として強力なアドバンテージを生み出す事になり得る。
相手のゲージが一つだけなら、否が応でも次局は能力は使えなくなる為、能力に依存している雀士にとっては嫌な事この上ないだろう。

此処だけ見れば良い所取りにも思える能力…だが、残念ながら失点時における魔力ゲージ増加は防ぐ事は出来ない。
キャラに因っては次局でも能力使用が出来る状況になる、こればかりは仕方ないだろう。

特に霧雨魔法店、紅魔館、無縁塚では失点ゲージ増加も高い為、少々厳しい。
魔界もゲージ増加が早いが、次局を抑え込める為、連続で和了すれば能力を使わせない戦いが出来る…かも知れない。

更に云えば、他と比べて魔力上昇が少々遅いのもネックである、比べてみれば分かるが

キャラ名 ゲージ速度 ストック数 チャージ牌
メディスン・メランコリー 1.40
鍵山 雛 1.80 一萬
キスメ 1.60 一索
上白沢 慧音 1.80 一索
上白沢 慧音(ハクタク) 2.20
小野塚 小町 2.00 一萬

と、明らかに遅いのが分かる。大体三局に一回の割合だろうか。
妨害系として、この遅さはある意味致命的と云えなくもない。

つまり

結局はゲージ操作系であるが故、雛やキスメと比べても根本的な妨害には程遠く…
更には慧音達と違い、ゲージの遅さと云う欠点と、和了時と云う限定状況での能力発動…
これでは、折角のゲージ抑制効果の威力を少々失われてしまっている感を否めない。

だからこそ出和了りよりも自摸が出来るかどうかで、その後の展開が大きく変わる事となる。
尤も、その辺は雛もキスメも変わらないかも知れないが。

結論として、自分の打ち方に自信がある人向け、早い話が上級者用だろう。

尚…

カットインは三人娘の中では一番可愛いので一見の価値はアリ。
グッと(能力発動)して、パァー♪(跳ね以上和了)って感じに決めてみよう、結構和む事請け合いである。

…とか、こんな事書くと某雛使い某キスメ使いに怒られそうだな。

by龍弥