人部

人倫類

【武覇】 けいてん(刑天)、かこうし(夏耕尸)、かんていせいくん(関帝聖君)、みけんじゃく(眉間尺)、かよう(賈雍)、かけいてい(花敬定)、とものだいなごんよしお(伴大納言善男)、ふじわらのただぶみ(藤原忠文)、ぼっかあさん(渤川さん)、おおのくろうやすもと(大野九郎泰基)、いがきじんじゅうろう(井垣甚十郎)、ながばかま(長袴)、なかむらしんえもんのじょう(中村新右衛門尉)、きしんだゆう(鬼新太夫)、こやどさんがまチョーフグンオヤカタ(チョーフグン親方)、やくじけさん
【諸侯】 ひげくろのさだいしょう(髭黒左大将)、トロイヤン(Troian)、せきおうのようかい(碩翁の妖怪)
【鬼賊】 じんりん(塵倫)、こくぎゅう(黒牛)、しめんしゅらおう(四面修羅王)、きゅうしょうだいおう(九生大王)、ふどう(不動)、いきふどう(生不動)、いのくまにゅうどう(猪熊入道)、わんどうじ(腕童子)、くらやす(蔵安)、くらむね(蔵宗)、びや(毘耶)、せきのたろう(関の太郎)、くろもりのおに(黒森の鬼)、えのきのきじょ(榎鬼女)、おにふくろのおに(鬼袋の鬼)、おにみどうのおに(鬼御堂の鬼)、きんかくだいおう(金角大王)、しゅてんたろう(酒呑太郎)、いばらきばばあ(茨木婆)
【官女】 はんき(樊姫)、めいげつひめ(名月姫)、こさかぜひめ(古佐風姫)、いなづまごぜん(稲妻御前)、あおにょうぼう(青女房)、たれかんにょ(垂官女)

【聖人】 らぎょうせんにん(裸形仙人)、あやしきろうそう(あやしき老僧)、ほういんのようかい(法印の妖怪)
【仙人】 くんこうしんせん(薫公真仙)、いっぴょうどうじん(一瓢道人)、どうちゅうどうし(洞中道士)、せきしつさんどう(石室山童)、くうちゅうしょ(空中書)、ほうどう(方瞳)、とうたぬし(藤太主)、げんたぬし(源太主)、みかえりのおきな(三帰翁)、しおうりじんくろう(塩売甚九郎)、ゆうぜんぶち(宥然淵)、ふくぶつぼう(福仏坊)、もんじゅせんにん(文珠仙人)、たいらのかしどん(平良のかしどん)、たんかくぎょうじゃ(丹角行者)、へんぷくせんにん(蝙蝠仙人)、せん(仙)、かくれくにのつかいびと(隠国の使人)、ゆびせんにん(指仙人)
【釈家】 ごんげんさままいり(権現様詣り)、びゃくえのたいそう(白衣の大僧)、かすみだにのばけもの(霞谷の妖物)、おそろしげなるそう(怖気なる僧)、かささしたおおにゅうどう(傘差した大入道)、みよしにゅうどう(三好入道)、さんどぶち(三度淵)、おおみねのいそう(大峰の異僧)、きしゃのかいそう(汽車の怪僧)、ぎゅうそう(牛僧)、ににんおおぼうず(二人大坊主)、こにゅうどう(小入道)、ずばいぼうのひ(豆梅坊の火)、ざしきぼうず(座敷坊主)、おおほうし(大法師)、たかぼうず(高坊主)、たかんぼ(高坊)、つじぼうず(辻坊主)、つちぼうず(土坊主)、なきぼうず(泣坊主)、あおぼうず(青坊主)、くろぼうず(黒坊主)、のでらぼう(野寺坊)、いがぼう(いが坊)、ぬらりひょんぬらりぐり(奴羅利栗)、ばっかんにゅうどう(馬肝入道)、まじめきたいわくらのそうげん(北岩倉の宗玄)、しょうらちんじん(松羅陳人)、がんかいあじゃり(岩海阿闍梨)、なかやまのようかい(中山の妖怪)、めしもりじょろかいのようかい(飯盛女郎買の妖怪)、さいくにゅうどう(彩躯入道)、がいぐい(がい喰)
【山伏】 うえすぎのおおやまぶし(上杉の大山伏)

【大人】 りゅうはくじん(竜柏人)、てながみょうじん(手長明神)、てながあしなが(手長足長)、おにごえのおに(鬼越の鬼)、あしゅらにょ(阿修羅女)、おおおに(大鬼)、なだちがわのおおおとこ(名立川の大男)、さんぽたろう(三歩太郎)、おおおとこ(巨男)、おおきなばあ(大きな姥)、でっかいかかあ(でっかい嬬)、おおやまんば(大山姥)、あまんじゃく(天邪鬼)、おんじだいなるひとのかばね(大なる人の骸骨)、おおきなゆびぼね(大きな指骨)、おおきなおとこ(大きな男)、あおのぎにふしたるもの(仰ぎに臥したる者)、おおみのぼうし(大蓑帽子)、げんば(玄蕃)、てあらいおに(手洗鬼)、たいへいざんのおおびと(大平山の大人)、ニクネカムイタルタロ(Tartaro)、ヴィルデ・メナー(Wilde Manner)、ドゥンスル・マファハド
【小人】 けいき(慶忌)、りゅうじゅかい(柳樹怪)、しょうやしゃ(小夜叉)、こまあかおとこ(小か男)、たけのこどうじ(竹の子童子)、さんもんだけ(三文丈)、やまのあやしきひと(山のあやしき人)、クリッピー(Klippie)、イチ
【人鬼】 とうだいき(灯台鬼)、ひとおに(人鬼)、うつのやのおに(宇津の谷の鬼)、ロビソン(Lobison)、ルー・ガルー(Loup-Garou)
【天狗】 てんぐ(天狗)、しろてんぐ(白天狗)、まほういづな(魔法飯綱)、からすてんぐ(鴉天狗)、ごりんさんぐりんさまみのおさんのてんぐ(箕面山の天狗)、ひつがせんのてんぐ(櫃ヶ山の天狗)、みずさわやまのてんぐ(水沢山の天狗)、はしくらやまのてんぐ(箸蔵山の天狗)、てんがいわのてんぐ(天が岩の天狗)、おおにたのてんぐ(大新田の天狗)、おおはしのてんぐ(大橋の天狗)、おおせざきのてんぐ(大瀬崎の天狗)、ほうこうぼう(ほうこう坊)、てんぐのひげ(天狗髭)、てんぐづか(天狗塚)、てんぐせったい(天狗接待)、つかいてんぐ(遣天狗)、てんぐむすこ(天狗息子)、てんぐのどうちゅう(天狗の道中)、てんぐのやきとり(天狗の焼鳥)、きりたろう(霧太郎)、はいかいてんぐ(俳諧天狗)、おおしゃりてんぐ(おおしゃり天狗)
【山客】 やじょ(野女)、やまんば(山姥)、ゆどのさんのやまんば(湯殿山の山姥)、みょうじょうがたきのやまんば(明星ヶ滝の山姥)、ちちっこかつぎ(乳っこ担ぎ)、ことづか(琴塚)、うしろすがたのびじょ(後姿の美女)、やまおなご(山女子)、やまんばぐも(山姥蜘蛛)、おにばばのこしまきほし(鬼婆の腰巻干し)、おおきなおけのやまんば(大きな桶の山姥)、やまばばあ(山婆)、ばばあ(婆々あ)、やまじょろう(山上臈)、げたばきのおんな(下駄穿の女)、やまのおばけ(山のおばけ)、やまわろ(山童)、おにわらわ(鬼童)、せんにんぞろい(千人揃)、ひゅーひゅーさんやまおとこ(山男)、やまおに(山鬼)、やまこ(山子)、やまおろ(山おろ)、やまざる(山猿)、きのせい(木の精)、めらロンコロオヤシジヴィザ(Dziwiza)、シュネーフロイライン(Schneer fraulein)、アチケエズウェンカ(Dzunukwa)、クエトロナムン(Quetronamun)、トラウコ(Trauco)、フィウラ(Fiura)、やまわらう(山笑)、
【見越】 みこしにゅうどう(見越入道)、くろにゅうどう(黒入道)、たかたかぼうず(たかたか坊主)、せいたかにゅうどう(背高入道)、のしのびぼう(のしのび坊)、にじゅっしゃくのぼうず(二十尺の坊主)、のぞきぼう(覗坊)、 みこしのにゅうどう(見越の入道)、へびのおおにゅうどう(蛇の大入道)、もろくび(もろ首)、こってんぼうず(こってん坊主)、こにゅうどう(小入道)、みこしにゅうとう(見越入湯)、みこしわかしゅ(見越若衆)

【老爺】 ますばみのろうじん(枡食の老人)、ごもんじじい(御門祖父)、からみじじい(絡み爺)
【老婆】 はくはつろうふ(白髪老婦)、じゅじょうおう(樹上嫗)、ばいけつろう(売蕨姥)、はたおりのおにばば(廿折の鬼婆)、とくらやまのばばあ(戸倉山の婆)、もめんひいてるばあちゃん(木綿ひいてる婆ちゃん)、なすびばばあ(茄子婆)、ばばあのばけもの(婆化物)、ちゃんちゃかおばば(ちゃんちゃかお婆)、ぱいすけかついだばばあ(竹篭担いだ婆)、もんどりばあさま(もんどり婆様)、あまざけばばあ(甘酒婆)、あんどんばばあ(行灯婆)、あめふりばばあ(雨降婆)、よなきばば(夜なき婆)、ばばいぶち(婆々居渕)、おにのあそびばのおばあ(鬼の遊び場のお婆)、じゃこつばばあ(蛇骨婆)、リキマスジョーイ
【壮丁】 まっぱだかのおとこ(真っ裸の男)、おおきなおとこ(大きな男)
【華容】 かんちゅうふじん(棺中婦人)、ぜつりゅうふじん(絶粒婦人)、せいさんり(青傘狸)、さんきふじん(山鬼婦人)、なでがみ(撫髪)、へいじゅうのよめ(平十の嫁)、くりひめ(栗姫)、みこいわ(巫女岩)、おぶめづか(おぶめ塚)、おにむすめ(鬼娘)、いわおのうえのいぎょう(巌の上の異形)、おおおんな(大女)、たけたかいおんな(丈高女)、ななひろにょうぼ(七尋女房)、ちょうめんようじょ(長面妖女)、おひゃくどきじょ(お百度鬼女)、おきぬしまむらなにがしのつま(嶋村何某の妻)、ちすいおんな(吸血女)、さきゆくおんな(先行女)、じゃのめがさのひひ(蛇の目傘の呵々)、たいとうがはなのばけもの(大唐が鼻の化物)、よしわらのかいじょ(吉原の怪女)、どうちゅうのびふじん(洞中の美婦人)、かんぼういぎのばけもの(かんぼういぎの化物)、あおいおんな(青い女)、れんだらにょ(恋多羅女)、おとろんでんきおとめ(電気処女)、はこいりむすめ(箱入娘)、いやみ(否魅)、ばけべそ(化け臍)、ヴァドレアーニュ(Vadleany)、いんか(韵咊)、うめつけ(梅漬け)、せきしゅうおんな(石洲女)、ゲロウ(Gello)、ウギン(Wugin)、ドゥエンデダンダン・アーハニ
【節婦】 かしわど(柏戸)
【孕婦】 おぼうぶめじま(うぶめ島)、うぐめ(産女)、はたおくのぬれおんな(はたおくの濡女)、ぬれよめじょ(濡嫁女)、うすこ(臼子)、アルバスティ(Albasti)、
【幼童】 こんぴらさまのどうじ(金毘羅様の童子)、かしゃぼかしらんぼおけしぼうず(お芥子坊主)、けしぼうず(芥子坊主)、けしぼうず(芥子坊主)、あかご(赤児)、あめのこぼうず(雨小坊主)、こんぼうず(こん坊主)、すげがさきたこ(菅笠著た子)、やここうずう(野狐小僧)、ばけこぞう(化小僧)、まるはち(丸八)、こあたま(小頭)、さどうこぼうず(茶道小坊主)、めもはなもなきこぞう(目も鼻も無き小僧)、しろぼうず(白坊主)、しらとりやまのしろぼうず(白鳥山の白坊主)、かぶきりこぞう(禿切小僧)、かきのはのばけもの(柿の葉の化物)、かんぎりっこ(髪切子)、ねこおんなのこ(猫僮女)、てんづるし(天吊し)、ひょうとくはぎわら(禿童)、いっちくたっちくおおけなかぼちゃ(大けな南瓜)、ワラベッグワヨナモンおとご(乙御)、うめのずばいのどうじ(梅の細枝の童子)、しょうさんぼう(しょう産坊)、くらまこぼうず(闇間小坊主)、みっかぼうず(三日坊主)、いつつめのあかご(五ッ目の赤子)

【民草】 ひざおりのようかい(這厮の妖怪)
【百姓】 ひゃくしょうのようかい(百姓の妖怪)
【職工】 かざりしょくのようかい(錺職の妖怪)
【陰陽】 おんみょうじのようかい(陰陽師の妖怪)
【医家】 ばけものいしゃ(化物医者)、ぶかりひょん
【伯楽】 ばくろうのようかい(伯楽の妖怪)
【側衆】 おぼうずしゅうのようかい(御坊主衆の妖怪)
【道化】 キラークラウン(Killer Clown)
【座頭】 ばけだつうぼう(化け座頭坊)
【傾城】 ひざかむろ(膝禿)、すじかぶろ(筋禿)、おかんじょろ(おかん女郎)、きりみせのようかい(切見世の妖怪)、よたかのようかい(夜鷹の妖怪)、すいとくてんのう(粋徳天王)
【茶舗】 いけのはたのようかい(池之端の妖怪)、みずぢゃやのようかい(水茶屋の妖怪)、りょうりぢゃやのようかい(料理茶屋の妖怪)
【若衆】 おとおうまる(乙王丸)、とりやくれはのすけ(鳥谷呉羽之助)
【中間】 あらきざかしたのようかい(荒木坂下の妖怪)、おおやっこ(大奴)
【人足】 よめいりにもつ(嫁入り荷物)、わらかつぎ(藁担ぎ)
【警邏】 おかっぴきのようかい(岡っ引の妖怪)
【破落戸】 ごろつきのようかい(破落戸の妖怪)、むしゅくのようかい(無宿の妖怪)
【盗賊】 まくらさがし(枕探)
【魔法】 こうとうしょう(紅灯照)、あかなのばあさん(赤菜の婆さん)、ヤルマギツ(Jarmawuz)、ヴィエイユ・ソルシェール(Vieille Sorciere)、ラ・ヴォアザン(La Voisin)、インブンチェ(Invunche)、いぬがみびょうご(犬賀巳病庫)

肢体類

【頭首】 かんとう(換頭)、ちとう(置頭)、ひんまん(賓満)、しとうろ(屍頭顱)、だいめん(大面)、だいめんもく(大面目)、にんとう(人頭)、しにんとう(死人頭)、ばきいのくび(妻の首)、おおあたま(大頭)、けらけらおんな(倩兮女)、からからおんな(からから女)、ししおんな(しし女)、あさくさのけじょ(浅草の化女)、あかいかおのもの(赤い顔のもの)、かべのうえのぬけくび(壁の上の抜首)、かわのなまくび(川生首)、しながわのなまくび(品川の生首)、くびったん(首垂ん)、らちもないくびばかりのばけもの(首斗の化物)、めからひ(目から火)、いっさんくび(一散首)、なまくびさがり(生首下がり)、ななつくび(七ッ首)、なきびすアブフワ(Abuhuwa)、パパパてらいだ(寺いだ)
【異頭】 じょととう(如斗頭)、こびわき(鼓琵琶鬼)、かおぐろ(顔黒)、しゅのばん(朱の盤)、どうもこうもあとさき(後と前)、あかんぼう(赤坊)、つえなしあご(枴無腮)、ほたるのけつ(蛍の尻)、ずがたかい(頭が高い)、びいこうたい(微威交替)、くろいとずし(緇ずし)、やしまばり(八洲針)
【無面】 むこうきょう(無孔竅)、むがんまんり(無眼曼理)、おいけちょうのばけもの(御池町の化物)、しりめ(尻目)、ぬっぺりほうへらほうのっぺらぼう(のっぺら坊)、べんてんよこののっぺらぼう(弁天横ののっぺらぼう)、ずんべらぼんめなしちご(目無し稚児)、どてうらのおちょぼ(土手裏のおちょぼ)、むがん(無眼)、
【頭肢】 ごたいめん(五体面)、はらだし(腹出し)、パンキッシュおんな(パンキッシュ女)、よくじょう(欲城)、カテュタユーク(Katyutayuuq)
【無頭】 むとうふじん(無頭婦人)、どうばかりあってかしらのなきもの(胴計あって頭のなき者)、バタルンバイン
【胸面】 どうのつら(胴面)
【毛髪】 びちょうもうしゅつ(鼻長毛出)、せんかい(翦怪)、こんぞうしょうもう(金像生毛)、せんべんし(剪弁子)、かみきりま(髪切魔)、かみきり(髪切)、くろかみきり(黒髪切)、かみきりあま(髪切蜑)、ぼうずだまして(坊主騙して)、かみのけのりゅう(髪毛竜)、かみのけびる(髪毛蛭)、よきできるよな(斧で伐るよな)、ケナシコルウナルペニタッウナルペ
【棘毛】 まきたちがみ(巻立髪)、みのけだち(身の毛だち)、おとろしししこりけいっぱい(毛一杯)、わうわうけうけげん(毛羽毛現)、けむくじゃら(毛無垢志屋良)、ふとふ

【眼球】 しゃくもくじん(赤目神)、りょうがんすいけつ(両眼垂血)、きげん(鬼眼)、いぬのめ(犬の目)、めだましゃぶり(目玉しゃぶり)、めくい(目食い)、めばかり(目斗り)、めだまじき(目玉敷)、ふぶみ(ふぶ視)
【異眼】 しもくさんしゅ(四目三手)、うじのひとつめ(宇治の一ッ目)、ひとつめこぞう(一ッ目小僧)、ひとつめこぞう(一ッ目小僧)、みつめのあくま(三ッ目の悪魔)、いっちょめ(一ッちょ目)、ひとつまなこのばけもの(一ッ眼の化物)、いつつめこぞう(五ッ目小僧)、とりいとうげのばけもの(鳥居峠の化け物)、ひとつめぼう(一目坊)、むすこやのはまのひとつめこぞう(息子屋の浜の一ッ目小僧)、おやにらみ(親白眼)、みっつめこぞう(三ッ目小僧)、みつめにゅうどう(三ッ目入道)、よつめのみっつめにゅうどう(四ッ目の三ッ目入道)、めふたつ(目二ッ)、ひゃくまなこ(百眼)、ひゃくめ(百目)、めだま(眼玉)、おおめだまこぞう(大目玉小僧)、ひとつめふりつづみ(一ッ目振皷)、どどめき(どど目鬼)、どどめき(百々目鬼)、てのめ(手の目)、ひざめ(膝目)、じゅうばこばばあ(重箱婆)、みつめ(三ッ眼)、せむしぼう(背虫坊)、いちがんどうじ(一眼童子)、おおひとつめ(大一ッ目)、ひとつめむすめ(一ッ目娘)、へそぐろ(臍黒)、ウルペッシユキクウケェシュキむっつめおやじ(六ッ目親爺)、めきとり(目来とり)、アイガムハ(Aigamuxa)
【耳朶】 いらずやまのぬし(入らず山の主)、みみろく(耳六)、みみやっこ(耳奴)、ひとつみみのばけもの(一ッ耳の化物)、とんださわぎ(飛騒耳)、みみこ(耳痂)、
【鼻柱】 びしん(鼻神)、びすいかぎょ(鼻水蝦魚)、ハナモー(無鼻)、はなおばけ(鼻お化け)、はなのび(鼻延び)、はなのばし(鼻延し)、てんぐのおとり(天狗囮)、つらじゅうはなのこ(面中鼻の子)
【口唇】 じゅっこう(十口)、くちのないよめさん(口の無い嫁さん)、おにおんな(鬼女)、ににんくちさけ(二人口裂け)、のかぜ(野風)、くちならび(口並び)、くちみつ(口三箇)、しかじかどう(云々胴)、くちつるぎ(口剣)、くちばかり(口斗り)、しりくち(尻口)、ふぶすい(ふぶ吸)
【赭舌】 べかたろう(べか太郎)、べっかっこう(猿馬鹿)、
【異舌】 うしのしたいなぐ(牛舌女)、へびじた(蛇舌)、なめぼうし(甞法師)
【頤腮】 あごめ(頤目)

【骸骨】 こつたん(骨丹)、ごていはく(呉鄭伯)、くうどくろ(空髑髏)、しょうどくろ(牀髑髏)、かんかんどくろ(鹹々髑髏)、たいしょうこつ(大将骨)、せぼねのひ(脊骨火)、ほねむすめ(骨娘)、くびがっせん(首合戦)、ちんちろりんほねにょうかん(骨女官)、だいぶつのばけもの(大仏怪物)、がいこつおどり(骸骨おどり)、ソーキブニのゆうれい(肋骨の幽霊)、きょうこつ(狂骨)、けうこつなし(計宇古都奈之)、からからこぞう(からから小僧)、ちゃどくろ(茶髑髏)、みぞいだし(溝出)、はっこつのばけ(白骨の化け)、ほねたらず(骨不足)、あみどくろ(網髑髏)、ベイコック(Baykok)、ざしゃか(挫釈何)、ほきぞり(穂鬼反)、にんこつふで(人骨筆)、こついり(骨烹り)
【無骨】 くらげおんな(くらげ女)
【大宍】 ねぶとり(寝肥)、ぬっぺふほふぬっぺっぼう(ぬっぺっ坊)、ずんべらぼうず
【薄宍】 いとんぼう(糸坊)
【半身】 ニーメ・クン
【美艶】 こくこく(黒黒)
【臀部】 がくおう(岳翁)、けつだし(尻出し)、、しりつき(尻突き)、ほえじり(哮尻)
【脚】 ほそずねのばけもの(細臑の化物)、にどびっくり(二度びっくり)、おおきなあし(大きな足)、こんごういんのあし(金剛院の足)、あまからあし(火天から脚)、てんじょうのあし(天井脚)、あしかぶり(足かぶり)
【異脚】 ひづめのあし(蹄の足)、くびすじのさんぼんあし(首筋の三本足)
【独脚】 かたあしじょうろう(片足上臈)、いっぽんだたら(一本だたら)、いっぽんあし(一本足)、てぎのがえし(手杵返)、やまじじい(山爺)、やまちち(山父)、やまてて(山てて)
【手脚】 よつでさんぞく(四ッ手三足)、うわてのび(上手延)、ぶりだし(膚理出)、よえだえり(四枝衿)、すみよつで(炭四ッ手)、
【手指】 まねくて(化招手)、むしろのて(筵の手)、てごや(手小屋)、これみこれみ(これ見これ見)、がいなぜ(がい撫)、てながばばあ(手長婆)、あかうで(赤腕)、まつのきのながいて(松の木の長い手)、キジムナヤーキューこのゆび(髫指)、たでいりがさ(田出入り笠)、ファイブフィンガーズ(Five fingers)
【異手】 またづめ(又爪)

【抜首】 おとこのろくろくび(男の轆轤首)、くびなが(首長)、おたふくのろくろくび(お多福の轆轤首)、ろくろくへそ(ろくろく臍)、バランバラン(Balan-balan)
【人面疽】 ちちきず(乳疔)

【邪痺】 じゃきひ(邪肌痺)、じゃこつひ(邪骨痺)、
【鬼胎】 ちょかんたい(豬肝胎)
【結石】 あせのいし(汗の石)
【血塊】 けっかい(血塊)
【奇疾】 きゅうそうちょう(灸瘡蝶)、ししのたまうち(猪弾撃)、フィジュイヂーえきかほう(腋窩泡)、
【肺病】 おおかぎのはいびょう(大鉤の肺病)
【痃癖】 けんびきがつく(痃癖がつく)
【疣贅】 にんめんゆうぜい(人面疣贅)
【頭痛】 づつうのひ(頭痛火)
【痔瘻】 がーっぱのじいし(がーっぱの痔石)
【夢遊】 ハエバルフカマ(南風原外間)
【魘病】 さえん(沙魘)、がないき(臥内鬼)
【影歩】 ゆめのひ(夢の火)、やたらばな(狂劇花)
【呃逆】 そうさんぼう(宗参坊)
【放屁】 オッケオヤシ
【睡眠】 ラ・ドーメット(La Dormette)

臓腑類

【胃】 はらのおに(腹の鬼)
【膏】 おにのあぶら(鬼の脂)

五感類

【喜】 こはなっぷえ(児鼻笛)、くいばり(杭張り)
【怒】 さかがみ(逆髪)、はりたま(張魂)、じゅうめん(充面)、にくらし(為憎)、じゅんさいすじ(蓴菜筋)、かんかんだま(かんかん魂)
【哀】 もぞこい
【楽】 べいろしゃ
【忙】 いそがし
【辛】 つらや(つら哉)
【虞】 ぶるぶる(震々)、ぶるぶるさんふるふる(兢々)
【茫】 うかりひょん
【旨】 うまいものを(旨物を)
【臭】 えびぐさ(臭蝦)、めめだい
【情】 いろだま(色玉)、おおかめもの(狼者)、どかたんハート
【欲】 こわい(狐者異)、どんよくたま(貪欲玉)
【栄】 そとゆうれい(外幽霊)、ビユーブル
【礼】 おりめだか(折目高)、うやうやし(有夜宇屋志)

諸国類

【異人】 えいじん(えい人)、りゅうとうじん(竜頭人)、だいずじん(大頭人)、アホラ
【巡島】 ストラルドブラグ(Struldbrug)
【茶人】 うんてれがんじん(雲天連眼人)、すいふるいじん(粹奮人)、ランチクカクヤンチャンかいかのながあし(開化の長足)
【胡徳】 あかはな(赤鼻)、あおのぞ(青のぞ)、ふりばな(ふり鼻)、くろつめ(黒爪)
【東夷】 げんこじん(玄股人)、もうみんじん(毛民人)、カルナプラーヴァラナ(Karunapravarana)、ブレミー(Blemmi)
【西戎】 さんしんじん(三身人)
【南蛮】 うみんじん(羽民人)、かんきょうじん(貫匈人)、きんじん(菌人)、ていじん(てい人)、さんぶつさいじん(三仏斎人)、けいてんじん(刑天人)
【北狄】 きしょうじん(跂踵人)、しんもくじん(深目人)



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|