祀部

神祇部

【司天】 たいほう(泰逢)、しゃひ(奢比)、しゅくそうしん(粛霜神)
【火神】 ヒニャハムガナシ
【水神】 せいばき(井婆鬼)、ふろうゆう(布魯烏佑)
【地神】 せいぎゅうおう(青牛嫗)、あんおうしだ(安王祠蛇)、にゅうとびがみさま(稲積神様)、がらんでんどん(がらん田殿)、おしゃぐちさま(お社口様)
【荒神】 ケムラムカムイ
【隍神】 しんほうなほ(森彭那保)、さんろうば(傘老婆)
【悪霊】 ぶつみ(物魅)、オオノオソオロオフノオ(Oonoosooloohnoo)
【魔王】 みりじゅつす(美利術主)、まじんのけぼく(魔神の化木)、へこやまのあくしん(部子山の悪神)、かたぬいむなくちさんもとごろうざえもん(山本五郎左衛門)、しんのあくごろう(神野悪五郎)、いしかわあくしろう(石川悪四郎)、コサダム(Khosadam)
【竜神】 ばけべんてん(化弁天)
【牛神】 うしのかみさま(牛の神様)
【馬神】 はやまどん(早馬殿)、ましょうぜんしん(魔勝善神)
【稲神】 よさくいなり(与作稲荷)、
【蚕神】 ごけんちじん(呉県地神)、こんじきひめ(金色姫)、きぬがさおおかみ(衣襲大神)、おきのさん
【駆蝗】 きんこにゃんにゃん(金姑娘娘)、むしおいみょうじん(虫逐明神)、いなござし(阜螽刺)
【心神】 うしろがみ(後神)、しょうがみ(しょう神)
【門神】 もんえいしんが(門衛神画)、たかおとこ(高男)
【流行】 りくんしん(李君神)、ほうくんしん(鮑君神)、ろだいおう(蘆大王)、はくちゅうしん(白虫神)、かめさま(亀様)
【和合神】 どうらくじぞう(道楽地蔵)
【子神】 せきふしょうぐん(石府将軍)、さすりぼとけ(さすり仏)、さくらばあさん(桜婆さん)、ちちみょういし(乳妙石)
【権現】 かんぜおんのつかい(観世音の使)、けつまんざいまたらのえぼし(摩多羅の烏帽子)
【地蔵】 こめひりじぞう(米ひり地蔵)、むぎつきじぞう(麦搗き地蔵)、ねばりじぞう(根張地蔵)、じぞうのはなみず(地蔵の鼻水)、あらいじぞう(洗地蔵)、くびもげじぞう(首摘地蔵)、じょろかいじぞう(女郎買地蔵)、なまぐさじぞう(腥地蔵)、きみやじぞうそん(木宮地蔵尊)、ぬけくびじぞう(抜首地蔵)、おばけじぞう(お化け地蔵)、ばけじぞう(化地蔵)、くびなしじぞう(首無し地蔵)、つじのなきじぞう(辻の泣地蔵)、きんのじぞうさん(金の地蔵様)、さかさじぞう(逆地蔵)、じぞうくび(地蔵首)
【疫神】 てんかにゃんにゃん(天花娘娘)、かかごせい(花花五聖)、もがみげんぞう(最上源蔵)、かぜひきのかみ(風邪引の神)、しょうかんのかみ(傷寒神)、はしかがみ(麻疹神)、やくしん(厄神)、しらがやまのやくじん(白髪山の厄人)、えきしん(疫神)、やくじん(疫神)、くまんはっせんのえきしん(九万八千の疫神)、はしかおかめ(麻疹おかめ)、バイカイカムイマサーニー(Masani)、リジブクラ
【癒神】 きんこうてんし(金甲天使)、うわなりさま(嫐様)、ちちだき(乳滝)、おびこさん(産子さん)、こうべごんげんさま(頭権現様)、かさぼとけ(瘡仏)、みかづきさましわぶきばばあ(謦咳婆)、げぼげぼばあさん(げぼげぼ婆さん)、しゃぶきがみ(咳嗽神)、しゃぶきばばあ(咳嗽婆)、おかねいなり(お鉄漿稲荷)、こしじょろう(腰女郎)、おきく(お菊)、しゅうざんじうん(秋山自雲)、おうみのげんぞう(近江源蔵)、やいこのばばおねつがみ(頓咳神)、きかずがみ(聞かず神)、きこうみょうじん(聆乞明神)、
【財神】 ざいしん(財神)、しんほうししゃ(進宝使者)、しょうざいどうじ(招財童子)、ちょうふくじん(長福神)、なすのへたのふくのかみ(茄子の蔕の福の神)、おでえこくさま(御大黒様)、ざつがんさん(座頭神さん)、エーキヌカミ
【窮神】 びんぼうがみのす(貧乏神の巣)、びんぶがみ(貧乏神)、びんぼうしょうちなつよし(貧乏正智夏好)
【怠神】 なまけがみ(怠け神)
【伎神】 ていこう(帝江)
【遊神】 へにゅうどう(屁入道)、べろべろのかみ(べろべろの神)、
【鄙神】 いわしもりさま(鰯森さま)
【卜占】 いこ(葦姑)
【使姫】 あまのさぐめ(天探女)、たまぎつね(珠狐)、だいこくねずみ(大黒鼠)、さるたひこのつかい(猿田彦の使い)、おうのはな(王の鼻)、ひしは(猪者)
【外仏】 あみだがむね(阿弥陀がむね)、ぬりぼとけ(塗仏)、ぬれぼとけびろ~ん
【侍童】 せいちょうどうじ(青鳥童子)
【護法】 こんごうじょうろく(金剛丈六)、こうめんにょ(紅面女)
【守護】 おまもりさま(御守様)

訪祇部

【歳旦】 てんうんたいし(転運太子)
【晦日】 なごみたくり(なごみ剥り)、ひかたはぎ(火斑剥)、すねか(脛剥)、やぎょうさん(夜行さん)、たくましいおとこ(逞敷男)
【八日】 ささがみさま(笹神様)
【亥子】 ふくがいる(蟇蛙)
【聖誕】 バボウシュカ(Baboushka)

戯天部

【戯神】 てのうちたまひめ(手の内玉姫)、おろかなるかみ(愚雷神)、かさありいなりだいみょうじん(瘡在稲荷大明神)、あまつすねすねひこぬしのおおかみ(天津臑寿根彦主大神)、くうぜんごんげ(空膳権現)
【戯天】 ぞんざいてん(ぞんざい天)、つとめがつらいのしょうでん(勤がつらいの聖天)、かいこくてん(開国天)、ぺんぎんこんごう(企鵝金剛)、ぼくしゅねこんごう(墨主寧金剛)
【戯仏】 やけのみだにょらい(焼呑陀如来)、めしもりのしゃくしにょらい(飯盛の杓子如来)、なみだにょらい(涙如来)、つらのかわかしかんのん(面皮貸観音)、いけすかんのんだいこうぶつ(大好仏)、けいはくさいし(軽薄才子)、ほとけまたべい(仏又平)、
【戯僧】 ききんそうず(飢饉僧都)、でんぼうしょうにん(でん法上人)
【損者】 くわぬはそんじゃ(食倭怒輪損者)、あそぶはそんじゃ(遊者損者)、もんもうそんじゃ(文盲損者)、うるなそんじゃ(うるな損者)、かうなそんじゃ(かうな損者)
【変人】 けうけちょうぼう(化異毛鳥坊)



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|