日本産

にっぽん 日本 Japan

あ~た│な~わ

アーマジムンあいがのうみぼうず(安乎の海坊主)、あおあんどん(青行灯)、あおいおんな(青い女)、あおいろほうし(青色法師)、あおきふくろのようなもの(青き袋のようなもの)、あおさぎび(青鷺火)、あおたきのちざくら(青滝の血桜)、あおどり(青鳥)、あおにょうぼう(青女房)、あおのぎにふしたるもの(仰ぎに臥したる者)、あおびょうたん(青葫蘆)、あおぼうず(青坊主)、あおものきり(青物切)、あかいかおのもの(赤い顔のもの)、あかいきんちゃく(赤い巾着)、あかいしたあおいした(赤い舌青い舌)、あかいはこしろいはこ(赤い箱白い箱)、あかいぷっつり(赤いぷっつり)、あかいわらじ(赤草鞋)、あかうし(赤牛)、あかうで(赤腕)、あかくらがいけのぬえ(赤倉ヶ池の鵺)、あかご(赤児)、あかごぶちのぬし(赤子淵の主)、あかのぼうこん(垢の亡魂)、あかえい(赤荷魚)、あかおにでんろく(赤鬼伝六)、あかじた(赤舌)、あかすっぽん(朱泥亀)、あかとり(淦取り)、あかとりみみ(淦取耳)、あかなめ(垢嘗)、あがねこあかばち(赤蜂)、あかぶち(赤渕)、あかはな(赤鼻)、あかびらさま(あかびら様)、あかふんきつね(赤褌狐)、アカマターあかめんこうあかりなしそば(無灯蕎麦)、あかん(不柑)、あかんぼう(赤坊)、あきうど(あき独活)、あきんどぎつね(商人狐)、あくか(悪火)、あくだ(悪田)、あぐとねぶり(踵舐り)、あごめ(頤目)、あさくさのけじょ(浅草の化女)、あしあらいたらい(洗脚盥)、あしかきばばあ(足掻婆)、あしかぶり(足かぶり)、あしだのかお(足駄顔)、あしのあるあおだいしょう(足のある青大将)、あしのはえたいと(足の生えた糸)、あしもとにみず(足許に水)、あしゅらにょ(阿修羅女)、あずきあらい(小豆洗)、あずきあらいだぬき(小豆洗い狸)、あずきすり(小豆摩)、あずきそぎばば(小豆そぎ婆)、あずきとぎ(小豆磨)、あずきとぎのばばあ(小豆磨の婆)、あずきはかり(小豆斗)、あずきばばあ(小豆婆)、あずきをあらうおと(小豆を洗う音)、あせのいし(汗の石)、あそぶはそんじゃ(遊者損者)、あたけのようかい(安宅の妖怪)、あたまがししににたむし(頭が獅子に似た虫)、あたまふろ(頭風炉)、あつたのしらさぎ(熱田の白鷺)、あとおいこぞう(後追い小僧)、あとがほしいか(跡が干烏賊)、あとさき(後と前)、あにさまのへび(兄様蛇)、あねさまあねさま(姉様姉様)、あねのかね(姉の鐘)、あぶ(虻)、アプトルヤムペウェンユクあぶらあかご(油赤子)、あぶらさし(油さし)、あぶらすまし(油すまし)、あぶらなせ(油返せ)、あぶらつぼをひくあり(油壷を引蟻)、あぶらぼう(油坊)、あぶらむし(阿浮乱虫)、あぶらむし(膏虫)、あほうたるあほうのひ(あほうの火)、アホラあまいかしのかみ(甘井菓子守)、アマイノウあまからあし(火天から脚)、あまざけばばあ(甘酒婆)、あまざけのばばあくび(甘酒の婆首)、あまざけのぼうこん(甘酒の亡魂)、あまどり(雨鳥)、あまにし(尼螺貝)、あまのさぐめ(天探女)、あまのじゃく(天邪鬼)、あまのしゃぐ(天邪鬼)、あまびえあまびこ(天日子)、あまびこにゅうどう(尼彦入道)、アマフルキャあまんじゃく(天邪鬼)、あまんじゃく(天邪鬼)、あみきり(網切)、あみだうし(阿弥陀牛)、あみだがむね(阿弥陀がむね)、あみどくろ(網髑髏)、アミユーリーあめあられなす(雨霰茄)、あめいわ(雨岩)、あめおじ(雨爺)、あめかいおんな(飴買女)、あめこんごう(雨金剛)、あめにんぎょ(あめ人魚)、あめのこぼうず(雨小坊主)、あめふりこぞう(雨降り小僧)、あめふりばばあ(雨降婆)、あめふりぼうず(雨降り坊主)、あめむかで(雨蜈蚣)、あやかし(海怪)、あやしきろうそう(あやしき老僧)、あらいじぞう(洗地蔵)、あらきざかしたのようかい(荒木坂下の妖怪)、ありえありがもり(蟻ヶ森)、ありにちち(蟻に乳)、ありのおおきみ(蟻の王)、ありのたたり(蟻の祟)、ありひめ(蟻姫)、ありみつどん(有光どん)、アルサラウスあわのたいぼく(粟大木)、あんこのさかな(あんこの魚)、あんちんきよひめ(安珍清姫蛇)、あんどんばばあ(行灯婆)、あんどんぼう(行灯坊)、あんやのどきょう(暗夜読経)、あんりゅうじくじら(安隆寺鯨)
いいじまのいちょう(飯島の異鳥)、いいねえさん(いい姉さん)、いえのき(家の木)、イガウいがきじんじゅうろう(井垣甚十郎)、いかしか(衣架鹿)、イカタンパカムイいかのにゅうどう(烏賊の入道)、いがぼう(いが坊)、いきいし(生き石)、いきばり(生き針)、いきふどう(生不動)、いぎょうのうなぎ(異形鰻)、いぎょうのおきくむし(異形阿菊虫)、いくし(生石)、いくちいくちのばけもの(猪口茸の化け物)、いくれいじん(生霊神)、いけかがみ(池鏡)、いけすかんのんいけのちしお(池血汐)、いけのはたのようかい(池之端の妖怪)、いけぼうず(池坊主)、いこくのもの(異国の者)、いさくだどん(伊作田殿)、イサトーゆうれい(イサトー幽霊)、いしいだめのおんば(石井溜のおんば)、いしかわあくしろう(石川悪四郎)、いじこ(児篭)、いしたにやまのおに(石谷山の鬼)、イシナギマジムンいしなげんじょ(石渚女)、いしのいしく(石の石工)、いしのおばけ(石のお化け)、いしのきよひめ(石の清姫)、いしのひつ(石の櫃)、いしのひと(石の人)、いしのむしゃ(石の武者)、いしのやじりふり(雨石鏃)、いしゃのゆうれい(医者の幽霊)、いせやのばけもの(伊勢屋の化物)、いそおんな(磯女)、いそがき(磯餓鬼)、いそがしいそじお(磯塩)、いたこぬまのさかな(巫女沼の魚)、いただきじょろしゅ(頂戴女郎衆)、いたちのぬりかべ(鼬の塗壁)、いたちのまり(鼬の鞠)、いたちのもちいし(鼬餅石)、いたばしやのねこ(板橋屋の猫)、いたろうぎつね(衣太郎狐)、いちがんどうじ(一眼童子)、いちじくのせい(無花果精)、いちねん(一念)、いちねんのしんき(一念の心鬼)、いちばんあてるき(一番阿手流鬼)、いちもくれん(一目連)、イチャヌエいっさんくび(一散首)、イッシャいったんもめん(一反木綿)、いっちくたっちくいっちょめ(一ッちょ目)、いつつめこぞう(五ッ目小僧)、いつつめのあかご(五ッ目の赤子)、いっぱいもり(一杯盛)、いっぽんあし(一本足)、いっぽんだたら(一本だたら)、いっぽんづの(一本角)、いでもちいでん(異電)、いどいし(井戸石)、いとぐるまのおと(糸車音)、いとくり(糸繰り)、いとざくらのせい(糸桜精)、いどさん(井戸様)、いとんぼう(糸坊)、いなづまごぜん(稲妻御前)、いなござし(阜螽刺)、いなりまつ(稲荷松)、いぬがおがめ(犬顔亀)、いぬがみ(犬神)、いぬがみぎょうぶ(隠神刑部)、いぬのおば(犬伯母)、いぬのはちろう(犬の八郎)、いぬのまもの(犬魔物)、いぬのめ(犬の目)、いのくまにゅうどう(猪熊入道)、いのししおとこ(猪男)、いばらきばばあ(茨木婆)、いぶりやま(飯降山)、イペクルイセイいぼひきだ(疣蟇蛙)、いぼみず(疣水)、いまがわとんぼ(今川胡黎)、いもあらいぶち(芋洗淵)、いもうとのかね(妹の鐘)、いものたたり(薯の祟)、いものはふすべ(芋葉痣)、いもぼうず(痘坊主)、いもほりぼう(芋堀坊)、いもむし(妹虫)、いやみ(否魅)、イユうりユーリー(魚売り幽霊)、イユタニイヨーオツデゲスいらずやまのぬし(入らず山の主)、いらむし(いら虫)、いろだま(色玉)、いろはぎつね(いろは狐)、いろりのばばあ(囲炉裏の婆)、イワイセポいわおのうえのいぎょう(巌の上の異形)、いわしうり(鰯売り)、いわしもりさま(鰯森さま)、いわなぼうず(岩魚坊主)、いわのさむらい(岩の侍)、いわばみ(岩ばみ)、いんかだこ(陰火酢章魚)、いんきょじし(隠居獅子)、いんばぬまのようかい(印旛沼の妖怪)、インフルえんざえもん(インフル円左衛門)、
ううウーシドン(ウーシ殿)、うえきおばけ(植木お化け)、うえすぎのおおやまぶし(上杉の大山伏)、うえたばけもの(飢渇た化物)、うえつののばけもの(上角の化物)、うえむらのどぶ(植村溝)、うおび(魚火)、うおぶちのぬし(魚淵の主)、うぐいすおとこ(鴬男)、うぐめうぐめ(産女)、うさぎぼうず(兎坊主)、ウサギマジムンうしいし(牛石)、うしうちぼう(牛打坊)、うしおに(牛鬼)、うしおびかり(潮電光)、うしかいひばり(牛飼い雲雀)、うしかいむら(牛飼村)、うしかいわらわ(牛飼童)、うじがわばしのたぬき(宇治川橋の狸)、うしのあしおと(牛跫音)、うしのおんりょう(牛の怨霊)、うしのかみさま(牛の神様)、うじのこたま(宇治のこたま)、うしのしたいなぐ(牛舌女)、うしのひづめのうま(牛蹄馬)、うじのひとつめ(宇治の一ッ目)、うしばやし(牛囃子)、うしひきたこ(牛曳蛸)、うしぶちのきんうし(牛淵の金牛)、うじゃ(海蛇)、うしょうにん(牛鬼)、うしろがみ(後神)、うしろすがたのびじょ(後姿の美女)、うしわくまる(牛わく丸)、うしんぼう(牛んぼう)、うすおいばばあ(臼負婆)、うすこ(臼子)、うすころび(臼転び)、うすしょい(臼背負)、うすのぼうず(臼の坊主)、うすひきばあさま(臼曳婆様)、うすももつつじ(淡桃躑躅)、うそつきまつ(嘘吐松)、うたいのせいれい(謡の精霊)、うたしりのへび(歌識蛇)、うたずきのきつね(歌好きの狐)、うたたづく(転たづく)、うたどんぶり(歌丼鉢)、うちぎつね(うち狐)、うつぎだけのしか(空木岳の鹿)、うつくしいかさ(美しい傘)、うつのやのおに(宇津の谷の鬼)、うでづく(腕木菟)、うでとり(腕取り)、うなぎのきゃく(鰻の客)、うなぎのゆうれい(鰻幽霊)、うなりいし(唸り石)、うなりがめ(唸り瓶)、うなりざかのおおかわうそ(唸坂の大獺)、ウナンギャナシうにぬはあとぅぎ(鬼刷牙)、うぬめうねどりだいみょうじん(鵜鳥大明神)、ウバうばがび(姥が火)、うぶめじま(うぶめ島)、うへえどんうへえどん(宇兵衛どん宇兵衛どん)、うまあし(馬足)、うまいものを(旨物を)、うまからしか(馬生鹿)、うまぐすり(馬薬)、うまざか(馬坂)、うましか(馬鹿)、うまつうまっこどり(馬っこ鳥)、うまのおばち(馬尾蜂)、うまのくっ(馬の首)、うまのち(馬の血)、うまのときまいり(午刻参)、うまひとじゆうのくすり(馬人自由の薬)、うまみち(馬道)、うみいぬ(海犬)、うみうば(海姥)、うみおしょう(海和尚)、うみおんな(海女)、うみかぶろ(海禿)、うみがめのれい(海亀霊)、うみざとう(海座頭)、うみにゅうどう(海入道)、うみにょうぼう(海女房)、うみのかんのんさま(海の観音様)、うみのしょうじょう(海の猩々)、うみのばけもの(海の怪物)、うみのまつたけ(海松茸)、うみふさぎ(海塞ぎ)、うみへび(海蛇)、うみぺろりん(海ぺろりん)、うみほうし(海法師)、うみぼうず(海坊主)、ウミユーリーうめきごえ(呻き声)、うめどろぼう(梅盗人)、うめのずばいのどうじ(梅の細枝の童子)、うやうやし(有夜宇屋志)、うらぶちのかいじゅう(裏淵の怪獣)、うりのばけもの(瓜の化け物)、うるなそんじゃ(うるな損者)、ウルペッシユキうれいのまめ(憂の豆)、ウワーヌムヌうわなりさま(嫐様)、うわばみ(大蟒)、うわんうんがいきょう(雲外鏡)、うんてれがんじん(雲天連眼人)、うんぽんぽんうんめ
エーキヌカミえきしん(疫神)、えじな(飯綱)、えだじまのおさん(江田島のお三)、えちぜんのじろさく(越前の次郎作)、えのしまのがま(江ノ島の蝦蟆)、えのきのきじょ(榎鬼女)、えのきのどくりゅう(榎の毒竜)、えばのおさん(江波のおさん)、えばらじのさかな(家原寺の魚)、えまのせい(絵馬精)、エムシエワンリトコルクルえんぎだ(縁起田)、えんちょやぶのたぬき(えんちょ籔の狸)
おいおいひろめるき(追々弘留鬼)、おいがかり(覆掛り)、おいけちょうのばけもの(御池町の化物)、おいちゃうす(負茶碾)、おいてけぼり(おいてけ堀)、おいとちのき(老杼木)、おいわけのとうもろこし(追分の唐蜀黍)、おうじのきつね(王子の狐)、おうせいしんさい(殃政新斎)、おうだんがみ(黄疸神)、おうのはな(王の鼻)、おうま(王魔)、おうみのいけのえんこ(おうみの池のえんこ)、おうみのげんぞう(近江源蔵)、おうみのじんろく(近江の甚六)、おうみばばあ(麻績婆)、おおあおがえる(大青蛙)、おおあたま(大頭)、おおうなぎ(大鰻魚)、おおうみへび(大海蛇)、おおえい(大荷魚)、おおえぐわっちょ(大荷魚)おおえび(大海老)、おおえび(大海老)、おおおこぜ(大虎魚)、おおおとこ(巨男)、おおおに(大おに)、おおおに(大鬼)、おおおんな(大女)、おおかじきのれい(大旗魚の霊)、おおかにごろう(大蟹五郎)、おおがね(大蟹)、おおかねもちのみこと(大金もち貴)、おおかねやたぬきち(大金屋多奴吉)、おおかみのうつぼ(狼の靭)、おおかぎのはいびょう(大鉤の肺病)、おおがめ(大亀)、おおかめもの(狼者)、おおかれい(大鰈)、おおかわのぬし(大川主)、おおきなあし(大きな足)、おおきないわな(大きな岩魚)、おおきなおけのやまんば(大きな桶の山姥)、おおきなおとこ(大きな男)、おおきなおとこ(大きな男)、おおきなかぼちゃ(大きな南瓜)、おおきなきのこのばけもの(大きな茸の化け物)、おおきなしょうじくらいあるもの(大きな障子くらいあるもの)、おおきなとり(大きな鳥)、おおきなばあ(大きな姥)、おおきなむかで(大きな蜈蚣)、おおきなゆびぼね(大きな指骨)、おおくちなご(大朽縄)、おおくぼしんでんのきつね(大久保新田の狐)、おおけなかねのつぼ(大けな金の壷)、おおけなかぼちゃ(大けな南瓜)、おおけなくも(大けな蜘蛛)、おおさきどうか(尾裂稲荷)、おおさきはちまんのにわとり(大崎八幡の鶏)、おおしゅうろ(大棕櫚)、おおせきのふるた(大堰蟇)、おおせざきのてんぐ(大瀬崎の天狗)、おおたきのぬし(大滝の主)、おおたけのこ(大筍)、おおだのうしおに(大田の牛鬼)、おおづつう(大砲痛)、おおてんこ(大貂)、おおとののだいじゃ(大戸野の大蛇)、おおとものあかまろ(大伴赤麻呂)、おおとりつる(大鳥鶴)、おおにたのてんぐ(大新田の天狗)、おおぬまのぬし(大沼の主)、おおねこ(大野猫)、おおのくろうやすもと(大野九郎泰基)、おおのざかのたぬき(大野坂の狸)、おおばこおおはしがみ(大橋神)、おおはしのてんぐ(大橋の天狗)、おおはんざけ(大はんざけ)、おおひとつめ(大一ッ目)、おおひとぶちのりゅう(大人淵の竜)、おおびょうし(大拍子)、おおへびのあねいもと(大蛇の姉妹)、おおほうし(大法師)、おおまごい(大真鯉)、おおまんぼう(大萬宝)、おおみずち(巨蛟)、おおみねのいそう(大峰の異僧)、おおみのがめ(大蓑亀)、おおみのぼうし(大蓑帽子)、おおむしのせい(大虫の精)、おおめだまこぞう(大目玉小僧)、おおやっこ(大奴)、おおやまめ(大山女魚)、おおやまんば(大山姥)、おおやもり(大守宮)、おおゆきのけしょう(大雪の化生)、おおよ(大魚)、おおりゅう(大竜)、おかざりのえび(お飾りの海老)、おがさわらのあずきあらい(小笠原の小豆洗)、おかっぴきのようかい(岡っ引の妖怪)、おかねいなり(お鉄漿稲荷)、おかんじょろ(おかん女郎)、おきく(お菊)、おきくむし(阿菊虫)、おきぬおきのとのさま(沖の殿様)、おきゃくがみえぬ(不居客)、おきゃくたぬき(嫖客狸)、おぐらがわのかっぱ(小倉川の河童)、おぐらしるのすけ(小倉汁之助)、おくりいたち(送り鼬)、おくりおおかみ(送り狼)、おくりすずめ(送り雀)、おくりばやし(送囃子)、おけしぼうず(お芥子坊主)、おけたたき(桶叩き)、おけやのおと(桶屋音)、おこぞうび(お小僧火)、オコッコチャチャオコッコバラットおごめおこりべんてん(怒弁天)、おこりまつ(怒松)、おさこうぶり(長冠)、おさだがに(長田蟹)、おさとぎつね(おさと狐)、おさよならいおさりざわのけちょう(尾去沢の化鳥)、おさるさま(御猿様)、おさんだぬき(おさん狸)、おしおきまつ(刑場松)、おしずのへび(お静蛇)、おじちやまのおさん(おじち山のおさん)、おじどんおしみおしゃぐちさま(お社口様)、おしょうのち(和尚血)、おしょぼおじょもおすなおに(お砂鬼)、おすわのもりのたぬき(おすわの森の狸)、おすんつさま(おすんつ様)、おせなかをながしましょう(お背中を流しましょう)、おせわかぜ(お世話風)、おせんさんおぜんみかん(御膳蜜柑)、おそうおそめぎつね(お染狐)、おそろしげなるそう(怖気なる僧)、おたけ(お竹)、おたけぎつね(お竹狐)、おたつおたねさんおたのかみさま(御田神様)、おたふくのろくろくび(お多福の轆轤首)、おたま(御玉)、おたまのひ(お玉の火)、おだわらぢょうじん(小田原提臣)、おちうどぐも(落人蜘)、おちおうぎ(おち扇)、おちちんぷんぷんおちへんがく(落扁額)、おっか(大化)、おつきさんのくも(お月さんの蜘蛛)、オッケオヤシおつむぎざか(苧紡坂)、おでえこくさま(御大黒様)、おてらのおに(御寺の鬼)、おどうのはなしごえ(御堂の話声)、おとおうまる(乙王丸)、おとぎぼうこおとご(乙御)、おとこのろくろくび(男の轆轤首)、おとときたかおととざる(弟猿)、おとなしのつづみ(無音鼓)、おとひめさま(乙姫様)、おとめぎつね(乙女狐)、おとらどんおとろしおとろんおなべまつのへび(お鍋松の蛇)、おにいし(鬼石)、おにいしさま(鬼石様)、おにうま(鬼馬)、おにおんな(鬼女)、おにがつえつく(鬼が杖突く)、おにがのぞく(鬼が覗く)、おにくま(鬼熊)、おにぐも(鬼蛛)、おにこ(鬼鼓)、おにごえのおに(鬼越の鬼)、おにごえのおに(鬼越の鬼)、おにこのにんぎょう(鬼子の人形)、おにつちねずみ(鬼土鼠)、おにつぼ(鬼壷)、おにのあそびばのおばあ(鬼の遊び場のお婆)、おにのあな(鬼の穴)、おにのあぶら(鬼の脂)、おにのごとくなるもの(鬼の如くなるもの)、おにのこめ(鬼の米)、おにのしゃくし(鬼杓子)、おにのち(鬼の血)、おにのめ(鬼の目)、おにばばのこしまきほし(鬼婆の腰巻干し)、おにはんせん(鬼飯銭)、おにふくろのおに(鬼袋の鬼)、おにほたる(鬼蛍)、おにみどうのおに(鬼御堂の鬼)、おにむすめ(鬼娘)、おにわらわ(鬼童)、おねつがみ(頓咳神)、おのざかのばけもの(斧坂の化物)、おのずとあくしょうじ(自ずと開く障子)、オハイヌオハインカルおはぐろばばあ(お歯黒婆)、おばけあんか(おばけ行火)、おばけいわ(おばけ岩)、おばけおうぎ(お化扇)、おばけしか(お化け鹿)、おばけじぞう(お化け地蔵)、おばけそてつ(おばけ蘇鉄)、おばけちょうちん(おばけ提灯)、おばけはやかわ(お化け早川)、おばけふくろう(お化け梟)、おばけまくら(お化け枕)、オパスホロケウポおはやしかぼちゃ(お囃子南瓜)、おはらぶちのりゅうじょ(小原淵の竜女)、おばりよんおはるぎつね(おはる狐)、おはんさんおびこさん(産子さん)、おひゃくどきじょ(お百度鬼女)、おびゃっこ(お白狐)、おふくいし(お福石)、おふねいし(お船石)、おぶめづか(おぶめ塚)、おぼおぼおぼぎ(お母木)、おぼうずしゅうのようかい(御坊主衆の妖怪)、おぼさりたいおほしさん(お星さん)、おほりのおおすっぽん(お堀の大鼈)、おぼろかご(朧駕篭)、おぼろぐるま(朧車)、おまつりのようかい(御祭の妖怪)、おまもりさま(御守様)、おみしゃけさん(御尾裂さん)、おみなえしひめ(女郎花姫)、おみみながさま(御耳長様)、おみやのばけもの(お宮の化物)、おもしろからす(面白鴉)、おやしりまつ(親尻松)、おやだま(親璧)、おやにらみ(親白眼)、おやまくだり(御山くだり)、おやまじょろう(おやま女郎)、およしだぬき(お芳狸)、およねぎつね(およね狐)、おりづめぬき(抜折詰)、おりめだか(折目高)、おりょうざかのがま(おりょう坂の蝦蟇)、おれぐし(折れ櫛)、おろかなるかみ(愚雷神)、おろちのあぶら(大蛇油)、おわおわどり(おわおわ鳥)、おんこはぢおんじおんどう(鬼殿)、おんなくび(女首)、おんばのたぬき(乳母車の狸)、おんぶもずな(おんぶ狢)、おんみょうじのようかい(陰陽師の妖怪)、おんもののけ(御物怪)、

がーっぱのじいし(がーっぱの痔石)、カーボーザーがあろっこ(蛙ッ子)、かいかどり(開化鳥)、かいかのながあし(開化の長足)、かいくらぬま(貝鞍沼)、かいこあらし(蚕荒し)、かいこいし(蚕石)、かいこぎつね(かいこ狐)、かいこくてん(開国天)、がいこつおどり(骸骨おどり)、かいざかのばけもの(貝坂の化物)、かいちご(貝児)、かいづかのうみぼうず(貝塚の海坊主)、がいなぜ(がい撫)、かいばふうふ(海馬夫婦)、がいびょうのおに(咳病鬼)、かいみみ(櫂耳)、かうかうからす(かうかう鴉)、かうなそんじゃ(かうな損者)、かえるいし(帰る石)、かえるこぼうず(蛙小坊主)、かえるのにょうぼう(蛙女房)、かえろうまつ(かえろう松)、かおごうし(顔格子)、かおなで(顔撫)、かおぐろ(顔黒)、かかしおとこ(案山子男)、かがみいけのひのたま(鏡池の火の玉)、かがみのいけ(鏡の池)、がき(柿)、がきあな(餓鬼穴)、がきいし(餓鬼石)、がきだま(餓鬼魂)、がきどう(餓鬼道)、かきどん(柿どん)、かきのきのかいちゅう(柿木の怪虫)、かきのはのばけもの(柿の葉の化物)、がきのめしわん(餓鬼の飯椀)、かきばしら(柿柱)、がぎゅう(臥牛)、かぎゅうのせ(載蝸牛)、かくしいど(隠井戸)、かくしばばあ(隠し婆)、かくもあぶなし(蚊蜘虻梨)、かくらんちゅう(霍乱虫)、かくれかさのきんまる(隠笠の金丸)、かくれくにのつかいびと(隠国の使人)、かくれざとう(隠座頭)、かげかげおんな(影女)、かげうえだけ(影植竹)、かげこうしゃく(影講釈)、かげとり(影取り)、かげのぶふじ(景信藤)、かげばん(影番)、かげぼうし(影法師)、かげむし(影虫)、かけものいっぽんあし(掛物一本足)、がごうごじょうかごおばけ(篭おばけ)、かごつばめ(篭玄鳥)、がごめん(がご面)、かさありいなりだいみょうじん(瘡在稲荷大明神)、かさかりぎつね(笠借狐)、かささしたおおにゅうどう(傘差した大入道)、かさとりたぬき(笠取狸)、かさのみずたま(笠水玉)、かさぼとけ(瘡仏)、かざりしょくのようかい(錺職の妖怪)、かしかせどり(化資貸脊鳥)、かじこう(火事公)、かじばな(火事花)、かしひき(菓子曳)、かしゃ(火車)、がじゃがじゃ(金じゃ金じゃ)、かしゃつぶり(老婆頭)、かしゃのあめ(火車雨)、かしゃぼかしらんぼかしわかしわっぐるまのふじ(樫車の藤)、かしわでのおみひろくにのちち(膳臣広国父)、かしわど(柏戸)、かすいがい(花酔貝)、かすごうじのおとひめ(かすごうじの乙姫)、かすみだにのばけもの(霞谷の妖物)、かぜうて(風うて)、かせかけおなご(かせかけ女)、かせぶらかぜひきのかみ(風邪引の神)、かぜぶれ(風ぶれ)、かぜぼうず(風邪坊主)、かたあしじょうろう(片足上臈)、かたえだのまつ(片枝松)、かたくちおばけ(片口お化け)、かたくるしいのき(固来椎の木)、かたぐるま(肩車)、かたつむりむすこ(蝸牛息子)、かたなのかい(刀の怪)、かたぬいかたむし(肩虫)、かためのかも(片目鴨)、かためのどじょう(片目の泥鰌)、かためのへび(片目蛇)、かたわぐるま(片輪車)、かづきめん(被衣面)、かっけどの(脚気殿)、がっこがっこうすずめ(学校雀)、かつちかっちざめ(かっち鮫)、かってのええくも(勝手のええ蜘蛛)、がってん(合天)、かつのすけのばけもの(勝之助の化物)、かっぱとり(河童取り)、かっぱのあわび(河童の鮑)、かっぱのおさん(河童のお産)、かっぱのおんな(河童の女)、かっぱのこうま(河童の仔馬)、かっぱのさらぐすり(河童の皿薬)、かっぱのちりれんげ(河童の薬匙)、かっぱのふくろ(河童袋)、がっぽうがったいかつらおとこ(桂男)、かつらざか(桂坂)、かとくもんのぎんせい(化徳門の吟声)、かどまのおさん(門真のお三)、かなあみ(金網)、かないいけのぬし(金井池の主)、かないせん(花内仙)、かなくずれのこがね(金崩の黄金)、かなづちぼう(金槌坊)、かなわおどり(金輪おどり)、カニツンツンピィツンツンかにのはさみきり(蟹の挟切り)、かにのひ(蟹の火)、かにのよめさ(蟹嫁様)、かにぼうず(蟹坊主)、かにんべえのばけもの(かにんべえの化物)、かねがほし(金が星)、かねがめのひ(金甕火)、かねくろ~ん(金くろ~ん)、かねづく(金木菟)、かねつけいし(鉄漿付石)、かねのかい(鐘の怪)、かねのたご(金担桶)、かねのばけもの(金のばけ者)、かねのばけもの(釛の化物)、かねのゆうれい(金銭の幽霊)、かねのりそく(釛の利足)、カネラッコかねわらい(鉄漿咲)、かねをくうむし(鐘喰虫)、かのうのふるかま(狩野の古釜)、かのむれおと(群蚊音)、かばらいなまず(蚊掃鯰)、かぶきりこぞう(禿切小僧)、かぶといわ(兜岩)、かぶろかぶろきつね(禿狐)、かべ(夢壁)、かべかき(壁掻)、かべのうえのぬけくび(壁の上の抜首)、かべばっかり(壁斗り)、かぼそかぼちゃさんかぼちゃのへび(南瓜蛇)、がまガマかまいたち(鎌鼬)、かまいたちのひでん(鎌鼬の秘伝)、かまうた(釜歌)、かまおい(釜負い)、かまおやじ(鎌親爺)、かまがふちのかっぱ(かまが淵の河童)、かまきり(鎌切)、かまきりのたたり(蟷螂祟)、かますじかまっこさがり(釜っこ下がり)、がまのき(蟆の気)、がまのたから(洞窟の宝)、がまぶちのまもの(がま渕の魔物)、かまみがき(磨釜)、カミアシかみがせのこい(かみが瀬の鯉)、かみきり(髪切)、かみきりあま(髪切蜑)、かみきりま(髪切魔)、かみすり(髪剃り)、かみそりたぬき(剃刀狸)、かみときいわ(髪梳岩)、かみたたれかみなり(雷鼬)、かみなりいし(雷石)、かみなりのすし(雷の鮓)、かみなりのつめあと(雷爪痕)、かみなりまつ(雷松)、かみのけびる(髪毛蛭)、かみのけのりゅう(髪毛竜)、かみのこい(神の鯉)、カムイチェップかむりむらのひ(冠村の火)、がめかめいし(亀石)、かめいどのきつね(亀井戸の狐)、かめえびす(亀蛭子)、かめおさ(甌長)、かめさま(亀様)、かめぞう(甕象)、かめづか(瓶塚)、かめつぼのばけもの(甕壺の化物)、かめにみみ(甕に耳)、かめのこ(亀児)、かめのことり(亀の子取り)、かめのみや(甕の宮)、かめぶちのかんす(かめ渕の鑵子)、かもせひかもめ(鴨女)、かやのぞき(蚊帳覗)、かよいねこ(通猫児)、カヨーオヤシからいけのかに(から池の蟹)、からかさ(薬汁傘)、からかさおばけ(唐傘おばけ)、からからおんな(からから女)、からじし(唐獅子)、からすてんぐ(鴉天狗)、からたちやまのあおだいしょう(枳殻山の青大将)、がらっぱがらっぱのきてき(がらっぱの汽笛)、からねこ(唐猫)、からねこのぼうれい(唐猫の亡霊)、からはんにゃ(唐般若)、がらんでんどん(がらん田殿)、かりかりかりこぼう(かりこ坊)、かるわれたかかわうそあめ(川獺雨)、かわうそつき(川獺憑)、かわうそのあずきとぎ(獺の小豆磨)、かわうそのこもり(川獺の子守)、かわうそのひ(獺火)、かわおんな(河女)、かわこぞう(河小僧)、かわざる(川猿)、かわしりょう(川死霊)、かわっそかわてんぐ(川天狗)、かわてんぐ(川天狗)、かわのうり(川の瓜)、かわのなまくび(川生首)、かわのむすめ(川の娘)、かわひめ(川姫)、かわらのおつげ(瓦のお告げ)、かわらんべのむすめ(かわらんべの娘)、がわんばっちょかんえもんどんのたぬき(勘右衛門どんの狸)、かんおけおき(棺桶置)、がんかいあじゃり(岩海阿闍梨)、かんかんやま(かんかん山)、がんぎこぞう(岸崖小僧)、かんぎりっこ(髪切子)、がんごじめかんきんちりりんだらりんかんころジャム(缶ころジャム)、かんころぼしかんしちぶち(勘七渕)、がんじゃいわ(がんじゃ岩)、かんしゃくのむし(疳癪虫)、かんぜおんのつかい(観世音の使)、かんたい(艦鯛)、かんたんおうぎ(邯鄲扇)、かんちきかんのんきょうのへび(観音経の蛇)、かんのんのくま(観音熊)、がんばりにゅうどう(がんばり入道)、かんぴょうふ(乾瓢婦)、がんぶちのぬし(蟹淵の主)、かんぼういぎのばけもの(かんぼういぎの化物)、かんぽうし(寒庖師)、かんぼうしゃ(官棒者)、かんみょういん(官妙院)、かんろおとし(甘露落とし)、
ぎいぎいきいろなるくも(黄色なる雲)、きおいちょうのでんしゃ(紀尾井町の電車)、きかざり(着飾)、きかずがみ(聞かず神)、ききり(木伐り)、ききんそうず(飢饉僧都)、きくぼとけ(菊仏)、きこう(鬼絞)、きこうみょうじん(聆乞明神)、きこてんのう(貴狐天王)、きじのおねんぐ(雉の御年貢)、キジムナーキジムナヤーキューきじふくろう(雉子梟)、きしゃごのおばけ(欺者誤のお化け)、きしゃのかいそう(汽車の怪僧)、きしんだゆう(鬼新太夫)、きせるやのようかい(煙管屋の妖怪)、きたいわくらのそうげん(北岩倉の宗玄)、きたかぜすけのじょうのしょう(北風助之丞の妾)、きたしらかわいん(北白河院)、きつねだいこ(狐太鼓)、きつねつきのはれ(狐憑腫)、きつねっぴ(狐火)、きつねのあかりけし(狐の灯消し)、きつねのあとつき(狐後付)、きつねのあぶらなめ(狐油舐)、きつねのいえ(狐の家)、きつねのうたごえ(狐唄声)、きつねのおまわり(狐巡査)、きつねのかさかし(狐貸傘)、きつねのきり(狐の霧)、きつねのくすり(狐煎薬)、きつねのこのすもうば(狐の児の相撲場)、きつねのこぶ(狐塊)、きつねのすなまき(狐砂撒)、きつねのせんび(狐千火)、きつねのちょうれん(狐の調練)、きつねのつき(狐の月)、きつねのてっぽうぶろ(狐の鉄砲風呂)、きつねのめかくし(狐の目隠し)、きつねのめかくし(狐の目隠し)、きつねび(狐火)、きてん(木貂)、きなこぼう(黄粉坊)、きぬかけいわ(衣掛岩)、きぬがさおおかみ(衣襲大神)、きぬたぬき(絹狸)、きのうま(木の馬)、きのかみ(きの神)、きのこぞう(木の小僧)、きのこにゅうどう(茸入道)、きのせい(木の精)、きのねのぼうし(木の根の帽子)、ぎば(馬魔)、きびしょおばけ(急須おばけ)、きまめ(黄豆)、きみやじぞうそん(木宮地蔵尊)、キムンモシカルカムイきもとり(肝取り)、きゃくとり(遊客鳥)、きゅうき(窮鬼猫)、きゅうしょうだいおう(九生大王)、きゅうそ(旧鼠)、ぎゅうそう(牛僧)、ぎゅうにゅうかいゆうれい(牛乳買幽霊)、きゅうびのかわころも(九尾裘)、きゅうほうけんぴのたかね(弓炮剣火の高音)、きゅうりどり(黄瓜鳥)、きょうこつ(狂骨)、きょうだいわりいし(兄弟割石)、きょうづか(経塚)、きょうそくおばけ(脇息おばけ)、きょうふうちゅう(胸風虫)、きょごんげどう(虚言外道)、ぎょふくのかがみ(魚腹鏡)、きょろろきりしたんのゆうれい(吉利支丹の幽霊)、きりたろう(霧太郎)、きりのひかり(桐の光)、きりのみち(霧の道)、きりのれい(桐の霊)、きりみせのようかい(切見世の妖怪)、きれいないえ(綺麗な家)、きれいなたすき(綺麗な襷)、キロンヌニッネカムイきんいろのうぐいす(金色鴬)、きんかくだいおう(金角大王)、ぎんかぶとのかい(銀兜怪)、きんこ(金海鼠)、きんすのへび(金子の蛇)、きんのかえる(金の蛙)、ぎんのかがみ(銀の鏡)、きんのじぞうさん(金の地蔵様)、ぎんのだいこく(銀の大黒)、きんのたけ(金の竹)、きんのちゃわん(金茶碗)、きんのとりいわ(金の鶏岩)、きんのはし(金の橋)、きんちゃくいか(巾着紙鳶)、きんちゃくごけ(巾着後家)、ぎんつちのおに(銀槌鬼)、きんりゅうせき(金竜石)
クイキリウシクウケェシュキくがい(苦貝)、くがにぬたま(黄金珠)、くがにのいん(黄金犬)、くぐのだいじゃ(莎大蛇)、くけつのかい(九穴貝)、くさかりび(草刈火)、くしいし(櫛石)、くじかのち(麕の血)、くしだのだいじゃ(櫛田の大蛇)、くしのたたり(櫛の祟)、くじらじまのたぬき(鯨島の狸)、クシリーぐずくずぬの(屑布)、くずまきぶちのりゅう(葛巻淵の竜)、くすりやのかぼちゃ(薬屋の南瓜)、くだぎつね(管狐)、くだけしょうじ(砕障子)、くたべくだりへび(漂遥蛇)、くだんくちつるぎ(口剣)、くちならび(口並び)、くちなわのいしゃどん(蛇の医者どん)、くちなわむすめ(朽縄娘)、くちのないよめさん(口の無い嫁さん)、くちばかり(口秤)、くちばかり(口斗り)、くちみつ(口三箇)、くつかけさま(沓掛様)、くつつら(沓頬)、くつのだいじゃ(沓大蛇)、くねゆすり(生垣揺)、くびがっせん(首合戦)、くびすじのさんぼんあし(首筋の三本足)、くびたのしか(頸田鹿)、くびったん(首垂ん)、くびなが(首長)、くびなしじぞう(首無し地蔵)、くびばかりのばけもの(首斗の化物)、くびもげじぞう(首摘地蔵)、ぐびん(狗瓶)、ぐひんのはないき(狗賓の鼻息)、くまいむしろ(九枚莚)、くまじゅうろう(熊じゅうろう)、くまののさんたろう(熊野の三太郎)、くまのみやのだいじゃ(熊野宮の大蛇)、くまのや(熊野屋)、くまんはっせんのえきしん(九万八千の疫神)、くもおんな(蜘蛛女)、くもがふちのぬし(蜘蛛が淵の主)、くもさま(蜘蛛様)、くもだんす(雲箪笥)、くもにょうぼう(蜘女房)、くものさくおとこ(蜘作男)、くものざとう(蜘蛛座頭)、くものばけもの(雲の化物)、くらがりとうげのひのたま(暗峠の火の玉)、くらげおんな(くらげ女)、くらげのひのたま(くらげの火の玉)、くらのかいぶつ(蔵の怪物)、くらぶち(鞍渕)、くらぼっこ(蔵ぼっこ)、くらまこぼうず(闇間小坊主)、くらまのだいじゃ(鞍馬の大蛇)、くらむね(蔵宗)、くらやす(蔵安)、くらやろう(鞍野郎)、くりどん(栗どん)、くりのせい(栗の精)、くりひめ(栗姫)、ぐりんさまくるまひき(車引)、ぐるみょうぜんじ(ぐる猫禅師)、くるわさげ(曲輪下)、くれだかのおさんくろあくば(黒悪馬)、くろうのほし(九労星)、くろいたち(黒鼬)、くろおしょうねんにゅう(黒和尚鯰入)、くろおに(黒鬼)、くろがねのだいじゃ(黒鉄大蛇)、くろかみきり(黒髪切)、くろくちこい(黒口来い)、くろけぶり(黒煙)、くろせがふちのりゅうじん(黒瀬が淵の竜神)、くろたのおび(蛇の帯)、くろにゅうどう(黒入道)、くろにょうぼう(黒女房)、くろぼう(黒坊)、くろぼう(黒坊)、くろぼうず(黒坊主)、くろマント(黒マント)、くろもりのおに(黒森の鬼)、クワデーサーマジムンくわとりだにのけだもの(桑取谷の猛獣)、
けいせいがふちのぬし(傾城ヶ淵の主)、けいっぱい(毛一杯)、けいのばけもの(磬の化け物)、けいはくさいし(軽薄才子)、けうけげん(毛羽毛現)、けうけちょうぼう(化異毛鳥坊)、けうこつなし(計宇古都奈之)、けさかけた(今朝掛けた)、げじげじなき(蚰蜒鳴)、けしぼうず(芥子坊主)、けしぼうず(芥子坊主)、げだ(外道)、げたのばけもの(下駄の化物)、けだもののばけもの(獣の化物)、げたばきのおんな(下駄穿の女)、けっかい(血塊)、けっかい(血塊)、げっきゅうとり(月宮鳥)、けつだし(尻出し)、けつまんざいげどうぐも(化道蜘蛛)、げどくがん(解毒丸)、ケナシコルウナルペけなみのしろぞう(毛並の白蔵)、けのあるて(毛のある手)、けぼうずのほこら(毛坊主の祠)、げぼげぼばあさん(げぼげぼ婆さん)、けぼろぎけむくじゃら(毛無垢志屋良)、けむくじゃらのて(毛むくじゃらの手)、ケムラムカムイけむしのおおぼうず(毛虫の大坊主)、げらげらいし(笑石)、けらけらおんな(倩兮女)、けらけらけら(けらけら螻蛄)、けろけろけわいみず(化粧水)、げんざえもんぎつね(源左衛門狐)、げんざぶろうひる(源三郎蛭)、けんじてんのう(献致天王)、げんしょうぎつね(元正狐)、げんたぬし(源太主)、けんにんげんば(玄蕃)、けんびきがつく(痃癖がつく)、げんべえだぬき(源兵衛狸)、ケンムンけんりつかく(繭栗角)
こあたま(小頭)、ごいぞうこいにょうぼう(鯉女房)、こいぬのようなもの(子犬のようなもの)、こいのばけもの(鯉魚の妖精)、ごいのひかり(五位光)、こうかもんのりきし(皇嘉門の力士)、こうあんじのこぼうず(高安寺の小坊主)、こうかんちょう(降艦鳥)、こうしんさまのあまんじゃく(庚申様の天邪鬼)、こうしんどり(庚申鶏)、こうじんのやっこ(荒神奴)、こうじんのゆきあい(荒神の行合)、こうせんのみ(香煎蚤)、こうだだにのばけもの(河田谷の化物)、こうちょう(黄蝶)、こうっぱこうていらんぷ(皇帝らんぷ)、ごうふぐ(降河豚)、こうぼうさまのもぐら(弘法様の土竜)、こうみのとち(子生栃)、こうみょうだま(光明玉)、こうもりおろし(洋傘下ろし)、こうもりのばけもの(蝙蝠の化物)、こえもんび(小右衛門火)、こがねこぞう(黄金小僧)、こがねのとび(金色鳶)、こがねのはしら(黄金柱)、こがねのもち(黄金餅)、こがねやまのへび(黄金山の蛇)、こかみなり(子雷)、こがらす(古鴉)、ごかんのたゆうきゅうのあつがり(五疳太夫灸敦鴈)、こくぎざのくろ(国伎座のくろ)、こくらのうみおんな(小倉の海女)、こけあるくまき(倒歩薪)、こげめしのたたり(焦飯祟)、こくいにおう(児喰い仁王)、こころのかげ(心の影)、こころのたけのこ(心の筍)、こさかぜひめ(古佐風姫)、こさぶろう(小三郎)、ごしきづたのせい(五色蔦の精)、ごしきのこへび(五色の小蛇)、こしじょろう(腰女郎)、こじまのうし(小島の牛)、こしもとがに(腰元蟹)、こしょうじょう(子猩々)、ごしんろうのいけ(御辛労の池)、ごぜらのおんりょう(瞽女らの怨霊)、ごぜんのはなよね(御前の花米)、ごぜんぬまのぬし(御前沼の主)、こそこそこそだてゆうれい(子育て幽霊)、こそでのて(小袖手)、ごたいめん(五体面)、こたつのようかい(炬燵の妖怪)、こだま(谺)、こだまいし(こだま石)、コタンコルカムイごちそうはぶ(御馳走匙飯)、こちょうのせい(蝴蝶の精)、こってんぼうず(こってん坊主)、ことう(狐頭)、ことがたきのぬし(琴ヶ滝の主)、ことづか(琴塚)、ことびきとうげ(琴引峠)、ことぶき(寿)、ことりばばあ(子取婆)、ことわるき(古闘和流鬼)、こなひきぎつね(粉挽狐)、こにゅうどう(小入道)、こにゅうどう(小入道)、コヌプキオトグルこねとりだいみょうじん(こね取大明神)、このこにこまる(このこに困る)、このしろのみや(鮗の宮)、このつきとっこうこのゆび(髫指)、こばんただのぶ(小判忠信)、ごばんなみ(碁盤波)、こばんのかま(小判釜)、こばんのぬけがら(小判の抜殻)、ごひんさんのさかな(狗賓さんの魚)、こぶろのひ(こぶろの火)、こぶんせんせい(古文先生)、こほうげんのやなり(古法眼の家鳴)、こぼっちこまあかおとこ(小か男)、こまいし(駒石)、こまたのおやすぎ(小又の親杉)、こまつのひめ(小松の姫)、こまりきり(小鞠梧)、ごみじまのおおがま(五味島の大釜)、こみのがわのだいじゃ(小蓑川の大蛇)、こめあらいのおと(米洗いの音)、こめかみいし(米噛石)、こめかみいわ(喫米岩)、こめくいいし(米喰石)、こめづか(米塚)、こめとぎいたち(米磨鼬)、こめのかいしめ(米怪占)、こめのはな(米華)、こめひりじぞう(米ひり地蔵)、ごもんじじい(御門祖父)、こやどさんこやなぎぬまのおおごい(小柳沼の大鯉)、こりのようかい(古狸の妖怪)、こりゅう(小竜)、ごりんさんごりんのいし(五輪石)、これみこれみ(これ見これ見)、これらるいじ(古礼良類次)、ころうか(古篭火)、ごろうだゆう(五郎大夫)、ごろつきのようかい(破落戸の妖怪)、ころびっちころびまくら(転び枕)、ごろべえのどんぶり(五郎兵衛の丼)、ころもだこ(衣章魚)、ころりてんぐ(狐狼狸天狗)、こわい(狐者異)、こんがすりのばけもの(紺絣の化物)、ごんげんさままいり(権現様詣り)、ごんげんぶちのぬし(権現淵の主)、ごんげんぬま(権現沼)、こんごういんのあし(金剛院の足)、こんこんさんのみち(こんこんさんの道)、ごんさい(鐘妻)、こんじきひめ(金色姫)、こんじんさん(金神さん)、こんにゃくさん(蒟蒻さん)、こんにゃくむし(蒟蒻虫)、こんにゃくゆうれい(こんにゃく幽霊)、こんばののきつね(魂場野の狐)、こんぴらぐうのすなまきだぬき(金比羅宮の砂蒔狸)、こんぴらさまのさかな(金毘羅様の魚)、こんぴらさまのどうじ(金毘羅様の童子)、こんぶくろこんぺいと(金平糖)、こんぼうず(こん坊主)、こんやのばけもの(紺屋の化物)、

さいきょうねずみ(西京鼠)、さいごういよのつま(西郷伊予の妻)、さいだいじのかね(西大寺梵鐘)、さえずりいし(囀石)、さおのみやのおさん(棹の宮のおさん)、さがいまた(下い股)、さかえやなぎ(栄え柳)、さかがみ(逆髪)、さかさじぞう(逆地蔵)、さかづきおばけ(酒盃お化け)、さかはしご(逆梯子)、さかばしら(逆柱)、さがみやのねこ(相模屋の猫)、さかやのこうもり(酒屋の蝙蝠)、さがりくろくも(下がり黒雲)、さぎそう(鷺草)、さきょうぬまのぬし(左京沼の主)、さきゆくおんな(先行女)、さくらいがふちのだいじゃ(さくらいが淵の大蛇)、さくらがいけのうし(桜ヶ池の牛)、さくらばあさん(桜婆さん)、さけかいみろく(酒買弥勒)、さけのみたぬき(飲酒古狸)、さけのみや(鮭の宮)、さけびいわ(叫び岩)、さざええび(栄螺鰕)、さざえおに(栄螺鬼)、さざえがだけのおさん(栄螺ヶ岳のおさん)、さざえのせいこん(栄螺の精魂)、ささがみさま(笹神様)、ささやまのちょくまん(笹山の直満)、さざれいし(さざれ石)、ざしきおぼこ(座敷おぼこ)、ざしきぼうず(座敷坊主)、さすがみ(さす神)、さすりぼとけ(さすり仏)、さすれいさだざつがんさん(座頭神さん)、さどうこぼうず(茶道小坊主)、さとり(覚)、さとる(覚)、さなだやまのようかい(真田山の妖怪)、さめのぬし(鮫の主)、さらかぞえ(皿数え)、サラクカムイさらさのえのぐ(更紗の絵具)、さるおに(猿鬼)、さるごへい(猿御幣)、さるたひこのつかい(猿田彦の使い)、さるちょうじゃ(猿長者)、さるでのたぬき(猿手狸)、さるびんざさら(猿拍板)、さわねのいのまつ(沢根の伊之松)、ザンさんがいばん(三界万)、さんかぶがき(三株柿)、さんからけい(山から鶏)、さんかんさんきそん(三鬼尊)、さんじゃく(三尺猫)、さんじゅうはちしゃのかえる(三十八社の蛙)、さんじゅうろくどうじ(三十六童子)、さんしょびらし(山椒びらし)、さんぞくがらす(山賊鴉)、さんたつさんちがい(算痴貝)、さんとう(山燈)、さんどぶち(三度淵)、ざんびきわらし(ざんびき童)、さんぼ(三本)、さんぽたろう(三歩太郎)、さんぼんあし(三本足)、さんぼんすぎのせいれい(三本杉の精霊)、さんぼんまっかのきつね(三本又の狐)、さんまいのこえ(三昧声)、さんめんにんめんちょう(三面人面鳥)、さんもとごろうざえもん(山本五郎左衛門)、さんもんだけ(三文丈)、さんろうき(饞狼鬼)、
しいっこさま(水虎様)、しいのきさん(椎の木さん)、じおうせんび(地黄煎火)、しおうりじんくろう(塩売甚九郎)、しおのみ(潮呑)、しおふき(汐吹)、じか(地火)、しかにくのたたり(鹿肉祟)、しかのたま(鹿の珠)、しかぼねのたたり(鹿骨祟)、しきじろう(敷次郎)、しくび(四九火)、しけつ(矢血)、しけび(時化火)、じごくあな(地獄穴)、じごくいぬ(地獄犬)、じごくちょう(地獄鳥)、じごくのおまわりさん(地獄の巡査さん)、じごくのかんにょ(地獄の官女)、じごくのしょうこ(地獄の鉦鼓)、じごくのたかそとば(地獄の高卒塔婆)、しこくのはげとめ(四国の禿留)、じじいばばあいし(爺婆石)、ししおんな(しし女)、ししかせ(宍喰せ)、しじぐばんのたま(しじぐばんの玉)、ししこりししづか(獅子塚)、ししのせい(獅子の精)、ししのたまうち(猪弾撃)、じじばばかぼちゃ(爺婆南瓜)、しじゅうくにちのもち(四十九日の餅)、しじゅうまがりのくちなわ(四十曲の蛇)、ししょむし(司生虫)、じしんむし(地震虫)、しずかもち(静か餅)、じぞうくび(地蔵首)、じぞうたおのきつね(地蔵峠の狐)、じぞうのはなみず(地蔵の鼻水)、じぞうのへらこ(地蔵箆)、したかきむし(舌清虫)、シチしちぶさんぶ(七分三分)、しちぶしゃしちほんあし(七本足)、しとりのいけのだいじゃ(しとりの池の大蛇)、しながわのなまくび(品川の生首)、しなだま(品玉)、しにみがい(死身貝)、しにわかれい(死湾鰈)、しばいみ(芝居見)、しばがき(芝がき)、しばすべりしばそば(柴蕎麦)、しばてんしばのはわらび(柴葉蕨)、じぶのむし(治部虫)、しまだのおおだこ(島田の巨蛸)、しまむらなにがしのつま(嶋村何某の妻)、しめんしゅらおう(四面修羅王)、しもくらのおろち(下倉の大蛇)、しもふりぼうず(霜降り坊主)、じゃいんのおに(邪淫鬼)、しゃくくれ(杓くれ)、しゃくげんたさしこみ(癪源太差込)、しゃくしいわ(杓子岩)、しゃくせんだんのき(赤栴檀の木)、しゃくちゅう(癪虫)、じゃくまくほういん(寂莫法印)、じゃこつきょうづか(蛇骨経塚)、じゃこつばばあ(蛇骨婆)、しゃしゃのしゃのき(しゃしゃのしゃの木)、じゃしん(蛇神)、じゃのあし(蛇の足)、じゃのすけ(蛇の助)、じゃのまもの(蛇の魔物)、じゃのめがさのひひ(蛇の目傘の呵々)、しゃぶきがみ(咳嗽神)、しゃぶきばばあ(咳嗽婆)、じゃまあらし(邪魔あらし)、しゃみせんまつのたぬき(三味線松の狸)、しゃみちょうろう(三味長老)、しやもししゃもじゆうれい(杓文字幽霊)、しゃり(舎利)、じゅうがつのざくろ(十月の柘榴)、しゅうざんじうん(秋山自雲)、じゅうじぼうず(十時坊主)、じゅうじょうのま(十畳間)、じゅうにさま(十二様)、じゅうにはい(十二拝)、じゅうのじむじな(十の字貉)、じゅうばこたたき(重箱たたき)、じゅうばこばばあ(重箱婆)、じゅうめん(充面)、じゅうろくにちのいか(十六日烏賊)、じゅうろくにちのさかな(十六日魚)、じゅずかけ(数珠掛)、しゅっせねこ(出世猫)、しゅてんたろう(酒呑太郎)、しゅのばん(朱の盤)、じゅばんのゆうれい(襦袢の幽霊)、じゅみょうがい(寿命貝)、しゅもくむすめ(撞木娘)、しょうおんのしょう(商音笙)、しょうがつのあおだいしょう(正月の青大将)、しょうがのによいごえ(生姜の呻声)、しょうがみ(しょう神)、しょうかんのかみ(傷寒神)、しょうぐんぼく(将軍木)、しょうけらじょうげんむし(常元虫)、じょうこのせい(城狐精)、しょうさんぼう(しょう産坊)、しょうじんがいけのぬし(精進池の主)、じょうだいじのねこ(乗台寺の猫)、しょうねんだま(しょうねん玉)、しょうぶがいけのだいじゃ(菖蒲ヶ池の大蛇)、しょうぶがさこのばばあ(菖蒲がさこの婆)、しょうぶどりのようかい(勝負鶏の妖怪)、しょうべえばばあ(しょうべえ婆)、しょうま(鐘魔)、しょうまなこ(小眼子)、しょうもんぐち(証文口)、しょうゆのい(醤油井)、しょうらちんじん(松羅陳人)、しょくぞくすい(食粟穂)、しょけらじょろういし(女郎石)、じょろううお(女郎魚)、じょろうぐものひめ(陰蛛の姫)、じょろうむし(女郎虫)、じょろかいじぞう(女郎買地蔵)、じょんごんどんのあな(じょんごんどんの穴)、しょんべんのみ(小便呑)、しらがのじんつぁま(白髪の爺様)、しらがやまのやくじん(白髪山の厄人)、しらさぎのひかりだま(白鷺の光玉)、しらたみむし(痴痛虫)、しらっさましらとりのいらつめ(白鳥の僮女)、しらとりやまのしろぼうず(白鳥山の白坊主)、シラルポンチャチャしらんばがたけのねこ(白姥ヶ岳の猫)、しりきれうま(尻切馬)、しりきれたにし(尻切田螺)、しりくち(尻口)、しりつき(尻突き)、しりひきまんじゅ(尻曳まんじゅ)、しりひきまんどん(尻曳まんどん)、しりふきばし(擦尻箸)、しりめ(尻目)、しりめ(尻目)、しろいうさぎ(白い兎)、しろいのしし(白猪)、しろいまく(白い幕)、しろいゆ(白い湯)、しろうかり(白うかり)、しろうざえもんぎつね(四郎左衛門狐)、しろうさぎ(白兎)、しろうずま(白うずま)、しろうねり(白容裔)、しろがらす(白烏)、しろきめ(白鬼女)、しろくま(白熊)、じろさくさんじろさくさん(次郎作さん次郎作さん)、しろつぶ(白田螺)、しろてんぐ(白天狗)、しろなまず(白鯰)、じろべえぎつね(治郎兵衛狐)、しろぼうず(白坊主)、ジロムンしろもちのゆめ(白餅夢)、しわぶきばばあ(謦咳婆)、しわんぼう(しわん坊)、しわんぼうのねん(吝嗇坊の念)、じんがさあり(陣笠蟻)、しんきろう(辛旗楼)、しんぐりまくり(筐転り)、じんしんはいこう(人身背猴)、しんすけだに(新助谷)、じんすけのむすめ(甚助の娘)、しんだもんのたけ(死者竹)、しんつうなごんむしばのいたがり(心痛納言虫歯痛鳫)、しんのあくごろう(神野悪五郎)、しんぽにおどろき(進歩喫驚木)、じんめんこぶた(人面仔豚)、じんりん(塵倫)、
すいかいじん(水海神)、すいかのたま(水火玉)、すいかのばけもの(西瓜の化物)、すいじゅう(水獣)、すいじんかっぱすいつこうすいつこう(吸いつこう吸いつこう)、すいつこうすいつこう(吸いつこう吸いつこう)、すいとくてんのう(粋徳天王)、すいふるいじん(粹奮人)、すいらいちょう(水雷蝶)、ずがたかい(頭が高い)、すがたにのうわばみ(菅谷の大蟒)、すがのにんぎょ(須賀の人魚)、すがたみのい(姿見井)、すがまのこども(氷柱の子供)、すがめのこへび(酢瓶の小蛇)、すぎおばけ(杉怪)、すきがお(鍬顔)、すぎしろさま(杉代様)、すきのとこ(鍬の床)、すげがさきたこ(菅笠著た子)、すげがささがり(菅笠下)、すけくにのちょう(佐国蝶)、すじかぶろ(筋禿)、すすきおばけ(芒おばけ)、すずきのせい(鱸の精)、すすけちょうちん(煤提灯)、すずめのかみさま(雀の神様)、すずめのゆうれい(雀の寃魂)、すずめむし(雀圧し)、すずりのめ(硯の眼)、すだま(魑魅)、すっくわさま(鋤鍬様)、すってん(すっ天)、すっぴょこぴょんすっぽんくび(泥亀首)、すててぎてぎよすなあらい(砂洗い)、すなふらし(砂降らし)、すねか(脛剥)、ずばいぼうのひ(豆梅坊の火)、すまぶくろ(麩子袋)、すもうだぬき(角力狸)、すりつきだたみ(搨付畳)、するすみさくら(磨墨桜)、すんばこずんべらぼうずずんべらぼん
せいえむどん(正右衛門どん)、せいたかにゅうどう(背高入道)、せいてんのあめ(晴天雨)、せいめいせき(生命せき)、せいようおうむ(西洋鸚鵡)、せいりゅうごんげん(青竜権現)、せきおうのようかい(碩翁の妖怪)、せきじん(石人)、せきそうへい(赤装兵)、せきのたろう(関の太郎)、せきのたろういたむね(咳之太郎痛胸)、せきひのかい(石碑怪)、ぜぜがごうせっしょうせきいなり(殺生石稲荷)、せっちんのおに(雪隠鬼)、せっちんのばけもの(雪隠の化物)、せとたいしょう(瀬戸大将)、ぜにだしいわ(銭出岩)、ぜにひりじし(銭排猪)、せぼねのひ(脊骨火)、せむしぼう(背虫坊)、せん(仙)、ぜんかしへび(膳貸蛇)、せんげんさまのさる(浅間様の猿)、せんこうじのかね(千光寺の鐘)、せんじょうがたきのんなぎ(千丈ヶ滝の鰻)、せんだいだぬき(仙台狸)、せんたくおんな(洗濯女)、せんたくだぬき(洗濯狸)、せんたくばば(洗濯婆)、せんちのおばさん(雪隠の小母さん)、ぜんとくむし(善徳虫)、せんにんぞろい(千人揃)、せんねんもぐら(千年土竜)、せんのうばんのうまたそのおやせんはか(仙墓)、ぜんふしょう(禅釜尚)、せんぽくかんぽくせんぼんのばけもの(千本の化物)、ぜんもんぶち(禅門淵)
ソーキブニのゆうれい(肋骨の幽霊)、そうさんぼう(宗参坊)、そうじぼう(掃除坊)、そうとうう(双頭烏)、そうめんくい(素麺喰)、ぞうりとり(草履盗)、そがどののたうえ(蘇我殿の田植)、ぞくぞくそこづきびく(底附き魚篭)、そでかけのまつ(袖掛松)、そでごい(袖鯉)、そでじょ(袖女)、そてつのばけもの(蘇鉄の化物)、そでとり(袖取り)、そでひきこぞう(袖引き小僧)、そでひきむじな(袖引狢)、そでもぎさん(袖もぎさん)、そでもじき(袖捩き)、そとゆうれい(外幽霊)、そらきがえし(空木返し)、そらのいし(空の石)、そらりょうてい(空料亭)、そろばんぼうず(算盤坊主)、ぞんざいてん(ぞんざい天)、

だあんころころどんがらやだいあくしゃちほこ(大悪鯱)、だいあくとうのがき(大悪徒の餓鬼)、たいぎょ(大魚)、たいこいし(大皷石)、だいこくねずみ(大黒鼠)、だいこうぶつ(大好仏)、たいこのばけもの(太皷の化物)、たいこのばち(太皷桴)、だいこむしゃ(大根武者)、だいしどうのりゅう(大師堂の竜)、たいしゃくきょうのおに(帝釈峡の鬼)、だいじゃのかんざし(大蛇簪)、だいじゃのようじ(大蛇の楊枝)、だいじゃのよめさま(大蛇の嫁様)、だいじゃのわぎり(大蛇の輪切り)、たいしょうこつ(大将骨)、だいずくい(大豆喰)、だいずじん(大頭人)、だいだいいろのとびもの(橙色の飛物)、たいとうがはなのばけもの(大唐が鼻の化物)、だいなるひとのかばね(大なる人の骸骨)、だいにちいし(大日石)、たいねつにゅうどうびょうげんさい(大熱入道病元斎)、たいのうしおに(鯛牛鬼)、たいのやぐら(鯛の櫓)、だいばがみ(大馬神)、だいぶつのばけもの(大仏怪物)、たいへいざんのおおびと(大平山の大人)、たいまつたろう(松明太郎)、たいらのかしどん(平良のかしどん)、だおどり(だお鳥)、たかおとこ(高男)、たかかべ(高壁)、たかがわごえのおにび(高川越の鬼火)、たかさかやのくま(高坂屋の熊)、たかさんば(鷹三羽)、たがそでざか(誰袖坂)、たかたかぼうず(たかたか坊主)、たかとりやまのおおがめ(高鳥山の大亀)、たかなみのいけ(高波池)、たかねだゆう(高猫陀夫)、たかぼうず(高坊主)、たかまつのかいぎょ(高松の怪魚)、たかむすめ(鷹娘)、たかやまのいけのぬし(高山の池の主)、たからのあしだ(宝足駄)、たからのおおいし(宝の大石)、たかんぼ(高坊)、たきのがわのたぬき(滝野川の狸)、たきぼうず(滝坊主)、たきれいおう(滝霊王)、たくぞうす(沢蔵司)、たくましいおとこ(逞敷男)、たくりぶち(たくり淵)、たくろうび(焚朗火)、たくんとうげのたぬき(たくん峠の狸)、たけかわのたたり(筍皮祟)、たけたかいおんな(丈高女)、たけのこどうじ(竹の子童子)、たけのこやろう(筍野郎)、たけのもち(竹の餅)、たこのたたり(蛸の祟)、たこのにゅうどう(章魚の入道)、たこのにゅうどう(蛸の入道)、たこのむこどん(蛸聟殿)、たごまくり(桶転り)、たごやのとらきち(田子谷の虎吉)、たこやまぶし(蛸山伏)、たごんげどう(他言外道)、たじまのおおだこ(但馬の大章魚)、たたみきんぎょ(畳金魚)、たちうす(立ち臼)、たちのだいじゃ(太刀の大蛇)、たちふさがりだっちょたつみだいみょうじん(辰己大明神)、たておべす(立蛭子)、たなかのひのたま(田中の火の玉)、たなかやしきのひとだま(田中屋敷の人魂)、たなばたのわぎり(棚機の輪切)、だに(餒鬼)、たにのごりんとう(谷の五輪塔)、たぬきいわ(狸岩)、たぬきのいし(狸の石)、たぬきのえん(狸の煙)、たぬきのかげ(狸の影)、たぬきのきやり(狸の木遣唄)、たぬきのじてんしゃ(狸の自転車)、たぬきのしまもの(狸の縞物)、たぬきのぜんきち(狸の善吉)、たぬきのひけし(狸の火消)、たぬきのぶどう(狸葡萄)、たぬきのもち(狸の餅)、たぬきぼうず(狸坊主)、たねおばけ(種子お化け)、たねのとうすけのかかあ(種の藤助の嬶)、たねまきうさぎ(種播兎)、たのしいかな(たのしいか菜)、たばこいし(煙草石)、たべるのおろち(たべるの大蛇)、たまぎつね(珠狐)、たまごぐらいのひょう(卵ぐらいの雹)、たまごのごくそつ(卵の獄卒)、たまごのばけもの(卵の化物)、たましいのはと(魂の鳩)、たまのはたおり(玉機織)、たるいわ(樽岩)、たれかんにょ(垂官女)、たろざえもんぎつね(太郎左衛門狐)、たわいなしのき(たわい梨の木)、たんかくぎょうじゃ(丹角行者)、ダンガサマジムンたんきつき(狸憑き)、たんごくれれ(桶くれれ)、たんころばしたんころりんたんじょかい(蟾蜍怪)、たんていこれら(探偵虎列剌)、だんとうさんだんなさま(旦那様)、たんぷくたがまだんぼかぜ(だんぼ風)
ちいだがにい(付いだがにい)、チウラングルちかたのひ(千方火)、ちごのれい(稚児霊)、ちしおのめし(血汐飯)、ちすいおんな(吸血女)、ちちがたにのうしおに(父ヶ谷の牛鬼)、ちちきず(乳疔)、ちちだき(乳滝)、ちちっこかつぎ(乳っこ担ぎ)、ちちみょういし(乳妙石)、ちっちちぼしむし(乳干虫)、チャーギのせい(チャーギの精)、ちゃうすだき(茶臼滝)、ちゃがまおろし(茶釜下ろし)、ちゃがまたき(茶釜焚)、ちゃがらこ(茶殻子)、ちゃちゃちゃのちゃみせ(ちゃちゃちゃの茶店)、ちゃどくろ(茶髑髏)、ちゃべんとう(茶弁当)、ちゃまさがり(茶釜下)、ちゃむし(茶虫)、ちゃんちゃかおばば(ちゃんちゃかお婆)、ちゅうじょうのにんぎょ(中条の人魚)、ちゅうりっぽ(中立鳩)、チュダマちょうぎょのあやしみ(鯛魚の怪奇)、ちょうじゃいし(長者石)、ちょうじゃやしきのがあたろ(長者屋敷のがあたろ)、ちょうずばちのたましい(手水鉢の魂)、ちょうせいじのたぬき(長生寺の狸)、ちょうちん(提灯)、ちょうちんこぞう(提灯小僧)、ちょうちんこぞう(提灯小僧)、ちょうなぼろ(釿ぼろ)、チョーバンユーリー(枡幽霊)、ちょうふくじん(長福神)、チョーフグンオヤカタ(チョーフグン親方)、ちょうめんようじょ(長面妖女)、ちょうれんす(調練ス)、ちよがしまのおおだこ(千代ヶ島の大章魚)、ちょくぼろん(猪口墓露)、ちょへいせんせい(楮幣先生)、ちよろずのしこおちよろずのしこめちりづかかいおう(塵塚怪王)、ちわがいけ(千把ヶ池)、ちわた(血綿)、ちをすうたいぼく(血を吸う大木)、ちんきつとう(陳橘橙)、ちんちんこばかま(ちんちん小袴)、ちんちんちょぼしちんちんちんばかま(ちんちんちん袴)、ちんちんどり(ちんちん鳥)
ついたかみてくろ(ついたか見てくろ)、ついたてたぬき(衝立狸)、つえなしあご(枴無腮)、つえのしょうね(杖の性根)、つかいてんぐ(遣天狗)、つぎきのばけたの(接木の化けたの)、つくしぜみ(筑紫蝉)、つきみやぐらのかい(月見櫓の怪)、つけくのしゅうねん(付句の執念)、つげのくし(告の櫛)、つじうらのかみ(辻占神)、つじのなきじぞう(辻の泣地蔵)、つじのひ(辻の火)、つじぼうず(辻坊主)、つじまきかぜ(辻まき風)、つだがえ(付だがえ)、つちがらす(土鴉)、つちくも(土蜘蛛)、つちぐも(土蜘蛛)、つちころび(土転び)、つちのこ(槌の子)、つちのこ(犯土子)、つちぼうず(土坊主)、つちまき(土撒き)、づつうのひ(頭痛火)、つつじのはな(躑躅花)、つつみんぬし(堤ん主)、つとうらつばくら(髱裏燕)、つとめがつらいのしょうでん(勤がつらいの聖天)、つのがじゅうにほんあるおに(角が十二本ある鬼)、つのざいくのようかい(角細工の妖怪)、つばきぎねのばけもの(椿杵の化物)、つばきじょろう(椿女郎)、つばきどう(椿堂)、つばきのざい(椿の材)、つばきばしら(椿柱)、つばめうお(玄鳥魚)、つぼみばな(莟花)、つめとり(爪鳥)、つめのおに(爪の鬼)、つらじゅうはなのこ(面中鼻の子)、つらのかわかしかんのん(面皮貸観音)、つらや(つら哉)、つりあげるき(釣上る鬼)、つりおんな(釣女)、つるおとし(鶴落)、つるのばけもの(鶴の化け物)、つるべざか(釣瓶坂)、つるべび(釣瓶火)、
てあらいおに(手洗鬼)、てあるきのゆうれい(手歩行幽霊)、ていりょのかま(貞呂釜)、てぎのがえし(手杵返)、てごや(手小屋)、てじゃく(手雀)、てすずりぶた(手硯蓋)、でっかいかかあ(でっかい嬬)、てっぽうのひ(鉄砲の火)、でっかいばけねこ(でっかい化け猫)、てつじるし(銕印)、てつのくも(鉄の蜘)、てつのぼう(てつの棒)、てつびんのふた(鉄瓶蓋)、てつぼう(鉄坊)、てどりぶちのぬし(手取淵の主)、てなが(手長)、てながあしなが(手長足長)、てながばばあ(手長婆)、てながみょうじん(手長明神)、てのうちたまひめ(手の内玉姫)、てのめ(手の目)、でべそあらため(出臍改)、でよかでよかでんか(伝可)、てんがいわのてんぐ(天が岩の天狗)、でんきおとめ(電気処女)、てんぐ(天狗)、てんくずし(天崩し)、てんぐせったい(天狗接待)、てんぐづか(天狗塚)、てんぐのいしころがし(天狗の石転がし)、てんぐのうんか(天狗の浮塵子)、てんぐのおこじょ(天狗の白貂)、てんぐのおとり(天狗囮)、てんぐのかれえだ(天狗の枯枝)、てんぐのげきけん(天狗の撃剣)、てんぐのだに(天狗の壁蝨)、てんぐのちょうちん(天狗の挑灯)、てんぐのつめ(天狗爪)、てんぐのどうちゅう(天狗の道中)、てんぐのはおと(天狗の羽音)、てんぐのひげ(天狗髭)、てんぐのひょうたん(天狗の瓢箪)、てんぐのみかん(天狗の蜜柑)、てんぐのむしぼし(天狗の虫干)、てんぐのやきとり(天狗の焼鳥)、てんぐむすこ(天狗息子)、てんころばし(てん転ばし)、てんころりんてんじくばばさ(天竺婆様)、てんしゅのかねのね(天守の鉦音)、てんしゅのこくき(天守の黒気)、てんじょうおち(天井落)、てんじょうさがり(天井下)、てんじょうさげ(天井降)、てんじょうなめ(天井嘗)、てんじょうのあし(天井脚)、てんじょうのおに(天井鬼)、てんじょうのたま(天井の玉)、てんじんさまのいちょう(天神様の銀杏)、てんづるし(天吊し)、でんでんころばし(でんでん転ばし)、てんにんへんしんき(転任変身鬼)、てんのうしゃのうし(天王社の牛)、てんびんぼう(天秤坊)、てんまるてんりゅうのぼたん(天竜の牡丹)、てんりゅうのぼんしょう(天竜の梵鐘)
とうがんこな(冬瓜小菜)、どうかんむし(道閑虫)、とうごろう(東五郎)、どうさいとうげのおおかみ(峠の狼)、とうせんぶちのぬし(唐船淵の主)、とうだいき(灯台鬼)、とうたぬし(藤太主)、どうちゅうのびふじん(洞中の美婦人)、トートーメーマジムンどうのつら(胴面)、どうばかりあってかしらのなきもの(胴計あって頭のなき者)、とうひゃくのようかい(当百の妖怪)、とうふかい(豆婦買)、とうふこぞう(豆腐小僧)、とうふねこ(豆腐猫)、とうふのへび(豆腐の蛇)、とうふのゆうれい(豆腐の幽霊)、とうふむすめ(豆腐娘)、とうふやおきちのちょう(豆腐屋お吉の蝶)、どうもこうもとうもろこしのたたり(玉蜀黍の神祟)、とうもろこしのばけもの(玉蜀黍の化物)、とうろうのれい(灯篭霊)、どうらくじぞう(道楽地蔵)、どうらくだんご(道楽団子)、とおしがめ(通し亀)、とおつぽてんとおりいなり(通稲荷)、とおりがみ(通り神)、とおりがみ(通り神)、とがくしのけちょう(戸隠の化鳥)、とぎゃくさえもんしょくしょう(吐逆左衛門食傷)、とぎゃくちゅう(吐逆虫)、とくいのあげたか(得意之揚鷹)、とくべえのかない(徳兵衛の家内)、とくらやまのばばあ(戸倉山の婆)、どくろのせ(載髑髏)、とげばらひろい(棘拾い)、どさくさ(どさ草)、としふるおおかみ(老狼)、どじょうむすめ(泥鰌娘)、どだぶくろ(どだ袋)、どちゅうのかね(土中鐘)、とつがわのぎゅうき(十津川の牛鬼)、とっくりぎつね(徳利狐)、とっこどっこいどっこいどてうらのおちょぼ(土手裏のおちょぼ)、どどめき(百々目鬼)、どどめき(どど目鬼)、とねがわのおおごい(利根川の大鯉)、とびあがり(兎肥上がり)、とびがつお(飛松魚)、とびがみとびからとんぼ(蕃蜻蛉)、とびくるま(飛び車)、とびちょうし(飛銚子)、とびへび(飛び蛇)、とびわらたば(飛藁束)、どびんがいけ(土瓶池)、どびんがさがる(土瓶が下がる)、とぶくろのおんな(戸袋女)、どぶのぼう(溷乃坊)、とぼうか(飛ぼうか)、とまさじとますともかづき(共潜)、ともしびおんな(灯火女)、ともぞうおるか(友蔵おるか)、とものだいなごんよしお(伴大納言善男)、どようのどく(土用毒)、どようぼうず(土用坊主)、とよさきぶちののし(豊先淵の主)、とら(寅)、とらのこ(虎の仔)、とりいとうげのばけもの(鳥居峠の化け物)、とりおに(鶏鬼)、とりかいる(鶏替蛙)、とりがねのいけのおろち(とりがねの池の大蛇)、とりのなきごえ(鶏鳴声)、とりやくれはのすけ(鳥谷呉羽之助)、どろたぼう(泥田坊)、どんがすどんがらさま(どんがら様)、とんごしばばあ(とんごし婆)、とんださわぎ(飛騒耳)、どんどけいけ(どんどけ池)、どんよくたま(貪欲玉)



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|