さいきょ(犀渠)
さいきょうねずみ(西京鼠)
さいくにゅうどう(彩躯入道)
さいごういよのつま(西郷伊予の妻)
ざいしん(財神)
さいだいじのかね(西大寺梵鐘)
さえずりいし(囀石)
さえん(沙魘)
さおのみやのおさん(棹の宮のおさん)
さがいまた(下い股)
さかえやなぎ(栄え柳)
さかがねむし(逆鐘虫)
さかがみ(逆髪)
さかげ(燦干華)
さかさじぞう(逆地蔵)
さかづきおばけ(酒盃お化け)
さかなひき(魚引き)
さかはしご(逆梯子)
さかばしら(逆柱)
さがみやのねこ(相模屋の猫)
さかやのこうもり(酒屋の蝙蝠)
さがりくろくも(下がり黒雲)
さき(左旗)
さぎそう(鷺草)
さきのかんせんオルトミクソH1N1にゅうどう(前感染オルトミクソH1N1入道)
さきのかんせんオルトミクソH3N2あかい(前感染オルトミクソH3N2亜槐)
さきのかんせんオルトミクソH5N1あかい(前感染オルトミクソH5N1亜槐)
さきゆくおんな(先行女)
さきょうぬまのぬし(左京沼の主)
さぎんか(鎖銀花)
さくらいがふちのだいじゃ(さくらいが淵の大蛇)
さくらがいけのうし(桜ヶ池の牛)
さくらばあさん(桜婆さん)
さけかいみろく(酒買弥勒)
さげたいら(提げ平)
さけのみたぬき(飲酒古狸)
さけのみや(鮭の宮)]
さけびいわ(叫び岩)
さけんすい(些健水)
ささ(鎖鎖)
さざええび(栄螺鰕)
さざえおに(栄螺鬼)
さざえがだけのおさん(栄螺ヶ岳のおさん)
さざえのせいこん(栄螺の精魂)
ささがみさま(笹神様)
ササボンサン(Sasabonsan)
ささやまのちょくまん(笹山の直満)
さざれいし(さざれ石)
ざしきおぼこ(座敷おぼこ)
ざしきぼうず(座敷坊主)
さしっぽう(左執法)
ざしゃか(挫釈何)
さすがみ(さす神)
さすりぼとけ(さすり仏)
さすれい
さそりまき(蝎蒔き)
さだ
ざつがんさん(座頭神さん)
ざつなさまのひ(襍菜様の火)
さどうこぼうず(茶道小坊主)
ざとうひんかい(坐頭貧解)
さとり(覚)
さとる(覚)
さなだやまのようかい(真田山の妖怪)
さばむぎ(さば麦)
さびちら(銹着等)
さほかいかい(乍浦海怪)
さぼと
サマナ(Samana)
さめのぬし(鮫の主)
さらかぞえ(皿数え)
サラクカムイ
サラゲーマジムン
さらさのえのぐ(更紗の絵具)
サル
さるおに(猿鬼)
さるごへい(猿御幣)
さるたひこのつかい(猿田彦の使い)
さるちょうじゃ(猿長者)
さるでのたぬき(猿手狸)
さるびんざさら(猿拍板)
さわねのいのまつ(沢根の伊之松)
ザン
さんおしょう(山和尚)
さんかい(山暉)
さんがいばん(三界万)
さんかぶがき(三株柿)
さんからけい(山から鶏)
サンカルチー
さんかん(山官)
さんかん
さんききゃく(三奇客)
さんきそん(三鬼尊)
さんきふじん(山鬼婦人)
さんこう(山膏)
さんじゃく(三尺猫)
さんじゅうろくどうじ(三十六童子)
さんじゅうはちしゃのかえる(三十八社の蛙)
さんしゅじゅ(三珠樹)
さんしょびらし(山椒びらし)
さんしんきゅう(三身鳩)
さんしんじん(三身人)
さんせい(山精)
さんそ(山鼠)
さんぞくがらす(山賊鴉)
さんそくべつ(三足鼈)
さんたつ
さんだらぼっち
さんちがい(算痴貝)
さんちゅうき(山中鬼)
さんとう(山燈)
さんとうだ(三頭蛇)
さんどぶち(三度淵)
ざんびきわらし(ざんびき童)
さんぶつさいじん(三仏斎人)
さんぼ(三本)
さんぽたろう(三歩太郎)
さんぼんあし(三本足)
さんぼんすぎのせいれい(三本杉の精霊)
さんぼんまっかのきつね(三本又の狐)
さんまいのこえ(三昧声)
さんみちこぞう(三一小僧)
さんめんにんめんちょう(三面人面鳥)
さんもとごろうざえもん(山本五郎左衛門)
さんもんだけ(三文丈)
さんよ(酸与)
さんろうき(饞狼鬼)
さんろうば(傘老婆)



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|