第9回セッション


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

開催

2008年11月29日
朝霞台

参加者

DM Yoshi
マルグリッド TG
ミント 吉川屋
ホッケミリン 駄帝王
ムラサマ SHOWちゃん
メッタ しぶちぃ
ラエモン NPC

報酬

まだヴァラグの寝床は調べてないよね。

経験点

1人225点
ミントレベルアップ3→4

3lv1025点
4lv983点

概要

 大帝王の墳墓を、奥深くへと進む。
 地底湖から覗く岩にロープを渡し進んだ先は、魔力を帯びた古代遺跡だった。魔法の罠や狂う方向感覚に苦しむ我々。
 落とし穴の罠に嵌った女冒険者を助けると、彼女は先行しているグループに参加していたバードだと言う。彼女から敵の情報を得、「自分を誘った友人を連れ戻したい」と望む彼女とともに、先行する一団を追う一行。
 魔法生物による抵抗をうけるも、退ける。部屋には先行する一団が交戦したときの犠牲者が、死体となって転がっており、彼女の友人はすでに命を落としていたと知る。
 さらに進み、一室にて足止め部隊と交戦し打ち破るも、一体のバラグを逃してしまう。
 追跡する我々。先の通路は滝つぼの中腹を進むもので、足場は覚束なく、追跡を断念せざるを得なかった。だがそこで、滝に宿る妖精・フェイと出会う。フェイの女好きを利して、墳墓に眠るものと、その先にある障害を聞き出す我々。
 この先にある障害は、残りあと2つ。
 ひとつはドゥームスパイダー。これを退治してくれれば、傷はフェイが治してくれるという。
 さらに奥には、大帝王の影武者であり、裏切りの罪により死後墳墓の守り手とされた戦士。
 大帝王は、その奥に眠るという。
 先行した一団は、その障害を排して大帝王の玄室へ辿り着けているのだろうか。フェイは無理だろうと楽観しているが……。
 敵の目的は、今でもはっきりしない。助けたバードが言うには、歴史学的に価値のある遺跡らしいが、奴らの目的はそんなものではあるまい。
 大帝王像へ抜ける脇道を発見するが、我々は急がねばならない。村へ引き返すべきか、判断を要する。
  • リーラ(バード、ハーフエルフの女性)
  • テリル(ローグ、人間の男性)
  • シグル(フォクサーグリムの男性)
  • クロセン(墓泥棒のリーダーの秘術使い、???の男性)
  • クルータッド(ヘクストアの神官、ホブゴブリンの男性)(死亡)

感想


みんと
同じことやって経験点が違うってなんでやねーん。
こんなことなら4LVになってから行くより、いっぱい稼いで帰ってきたほうが良かった???
(せこ・・
あと、ドワーフにマキビシが効かないのは仕様です

むらさま様
アライメントトラップの水攻めが面白かった。
水泳スキルって大事だね。
それにしてもフルプレート着ているメッタがあそこまで泳げるとは。
あそこ、まだ1箇所調べてなかったところあったよね。


今回のルールミス

  • レベルアップ時の再訓練で変更できる特技は、1つだけ。
  • 《速射》は2回とも攻撃ロールに-2の修正がつきます。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。