※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

4月7日:新学期。俺も3年となった
それはさておき… 結社シナリオ が実装された

結社シナリオ豆知識


結社シナリオのコツ

完成したリクエスト文章を、声に出して読んでみよう!

リクエストの文章が完成したら、その文章を『声に出して読んでみてください』。
 もしリクエスト内容が『声に出した時に読みにくい文章』だったなら、それはリクエストを受け取るマスターの側にとっては、『全く意味の分からない文章』になってしまっています!

 読むときも、小声でぼそぼそ読むのではなく、なるべく大きな声で、抑揚をつけて読んでください。
 大きな声で読み返せば、文章の流れが悪い箇所や説明の足りない箇所に気づける可能性が、格段に向上します。

 声に出して読み返す事に馴れてきたら、ただ読み上げるだけでなく、『目の前にいるマスターに内容を説明するつもり』になって読んでみてください。目の前の人に使わないような言葉使いは修正したほうがよいと分かる筈です。
 これが上手くいけば、リクエストを受理される確率は飛躍的にアップします。

『必ず入れて欲しい内容』と『その他』の違いが分かる書き方を工夫しよう!
『必ず実現したい大切な内容』が何かを、マスターに分かりやすく伝えましょう。
 それ以外の、できれば実現したいが無理ならいい、という内容は、「できれば○○してください」「○○があれば嬉しいですが、無理なら構いません」といった書き方をするのがお勧めです。

 これが上手くできていないと、下記の2つの問題が発生してしまいます。
 1:リクエストは受理されたけど、自分が必ず入れて欲しかった設定が修正されてしまう。
 2:自分にとっては大して重要ではない箇所が、実はルール的に問題のある内容だった。
   そのせいで、いつまでたってもリクエストが受理されない。

 リクエストを何度も断られている人の殆どは、上記の「2」が原因です。
 「リクエストのコツ1:完成したリクエスト文章を、声に出して読んでみよう!」と合わせて、うまい書き方を練習しましょう。

困った時は「トミーウォーカーにおまかせ」!
「トミーウォーカーにおまかせ」でリクエストすると、トミーウォーカーがマスター選びをします。
 この時、リクエストに問題がある場合は、すぐにリクエストが却下されて戻ってきます。
 リクエスト内容に自信が無い場合などに、うまく利用してください。



強敵へ挑め
  • 地縛霊は人間が前提で、植物、ほか何かは…除外
  • 敵の能力を指定しすぎない程度がよい
  • 何を優先して残して欲しいか書いておくべきかと思う。とのこと

心霊写真のゴースト
  • 残留思念の方は、敵の指定はしていません。(もちろんアビも)
  • シナリオの説明には強敵と違って、敵の詳細をかくような指示はなかった
  • あんまり細かくすると、富の方で設定している敵のレベル差離れてしまう可能がある
  • こんな感じの残留思念っぽいってことだけを明記して、あとはMS判断にまかせました。
  • 細かくしてMS裁量を減らしてもMSに受理されない可能性もあるかなぁ~っと。


・リーダー参加:★3/参加費:★1

結社の仲間とパーティー (イベントシナリオ

 結社施設の中で開かれる能力者達のパーティーを扱う結社シナリオ。
 ただし、結社施設の敷地内でパーティーとなる

強敵へ挑め (難易度:普通/人数8人)

 結社の仲間達と共に強敵である『地縛霊』へ戦いを挑む結社シナリオ。
 場所指定は廃墟や荒地などが舞台となる。
 プレイングを掛ける状況は、基本的に『戦闘開始直後から』

心霊写真のゴースト (難易度:やや易/人数8人)

 『心霊写真の残留思念退治』は、結社の誰かが見つけてきた心霊写真に写っている場所で、
 残留思念に詠唱銀をふりかけ、ゴースト化させて退治する結社シナリオ。
 有名な観光地や心霊スポットとして有名な場所、参拝客の多い神社仏閣などは、
 このシナリオでは扱う事は出来ない
 逆に、寂れた場所であれば、廃墟となった遊園地や普段は誰もこない桜の大木の下など、
 心霊写真に写っていた場所として指定する事が出来る。
 また、ゴーストを出現させる夕方までの間は、仲間と一緒にピクニックやハイキングを楽しむ事も出来る。