※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


首切りの地


『まだだ…』
 ジャラ…、ズッ・ズズーッ…とそれは何かを引き摺る音―…。
『…まだ、足りぬ。……こせ』
「あーそうそう、それでさー」
 2人の少年達が楽しそうに会話をしながら、歩いていた。
『…こせ、…その……よこせ』
「ん?…何か言ったか?」
 ドゴッ!一人の少年が振り返ると…、其処にはあるはずのモノが無かった。
「…え?」
 グラーと…ソレは少年に向かって倒れてきた。ザンッ!だがそれが何なのか少年には確かめることは出来なかった。
 そして、其処に倒れているのは…首を切られた少年だった肉の塊だけ…


 皆、ちょっといいか?―…仕事だ。
 さっきまで騒がしかった其処は一瞬にして静寂に包まれた。
 場所は此処。地図を広げ指指された場所はどこかの遺跡群…
「此処は首切りの地と呼ばれる場所らしい。其処にゴーストが出た」
 恐らく地縛霊の類だと思うと告げた。犠牲者は少年二人…二人とも胴体から首をザックリ切り落とされている…
「これ以上犠牲者を増やすわけには…それと―…いや、いい」
「なんだよ?言いかけておいて…」
 気になるじゃんと。すると…まだ憶測にしか過ぎないのだが…と言葉を濁らせた。
「……恐らく、今回はその地縛霊は討伐出来ない」
 つまりーそれは、それほど困難な依頼だという意味かと?―そういう訳でもないらしい。
「今回は…犠牲になった少年二人の討伐なんだ」
 は?意味解んねーぞ其れ!とツッコミを入れたところだが、表情から察すると訳ありのようだ。
 話はこうだ…犠牲になった少年二人は、その地縛霊によって切り落とされた自分の首を捜して彷徨っているだけで、危害を加える様子は無い。 しかし、いずれ…人に害を成すことには変わりない…銀の雨の影響で。
「この少年二人が、ゴーストになる前に倒して欲しいのだ」
 いや、既にゴーストだから!というツッコミは無しで。
「…いいぜ、その依頼引き受けた」

そう、能力者たちは知っている…この少年二人も被害者なのだ。ということを―…

================================================================
難易度:易しい。//人数4~8人
<コメント>
  • 一応シリアス思考。心情描写
  • リビングデッド二体と鴉が数匹
  • 攻撃方法は、殴る蹴ると、ナイフを隠し持っていて其れを投げてくる。
  • もう一人はブラストヴォイスに似た奇声と、白燐使いの蟲の知らせに似た攻撃をする