※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

少女の探し物(仮


赤く日に焼けたような屋根に、所々黒く変色したこげ壁。
雑草が鬱蒼と生えている庭へ続く道、今にも壊れそうな玄関の扉。
恐らく玄関を開ければ、埃とカビの臭いそして蜘蛛の巣が出迎えるであろう屋敷の中。

屋敷の床はギシギシと、底が抜ける勢いの音を
隙間から入り込んでくる獣のおたけびにも似た風の音
カチコチと繰り返し時を刻む時計の針の音に
ボーンボーンと鳴り響く柱時計の振り子の音
何処からもなく聞こえてくる水滴が落ちる音

皆揃ったー?運命予報士が教室に集まった能力者に声を掛けた。
「早速だけど、町外れの屋敷へ向かって頂戴!場所は此処」
運命予報士は地図を広げ、赤い屋根の大きな屋敷を指さした。
「此処にねぇ、今日の夜に女子高生が3人ほど、やってくる予定なの」
一体何しに?と能力者の一人が訊ねた。
「うんとね、この女子高生の一人が幽霊を見たって…それで、其れを確かめるようとするの」
この時期になるとよくいるよなー物好きな奴が。
「でもね、その噂ってあながち嘘じゃなのよ…実は、本当にいるのよ。幽霊が」
またまたーどうせ、リビングデッドか何かだろう?幽霊なんて居ない居ない。
「そう!そのリビングデッドがいるのよ…フランス人形みたいな女の子のリビングデッドが!
だから、お願い…被害が出る前に、倒して欲しいの…

「少女の名前はデイジーというわ」
日本人の父とフランス人の母を持つ所謂ハーフってやつだ。
父親は貿易会社の重役で、主に海外赴任することが多いらしい。其の日、

久々に父親が海外から戻って来るってことで…
「デイジーも大喜びだったでしょうね、一年ぶりに父親に会うんだもん」
だが、悲劇が起きた。屋敷に強盗が押し入り一家惨殺。デイジーは父親に会うことなく…
よほど悔しかったのでしょう…殺されても、なお起き上がる程に…

だから、屋敷に入り込もうする人間を彼女は許さない。容赦なく排除しようとするわ
特に、デイジーの歌声は要注意よ!生前のデイジーは歌うことが大好きな女の子だったらしいから
甘く切ない歌声は敵を眠らせる効果があり、また追撃効果もあるわよ。
あとね…デイジーは猫を飼っていたらしいのよ、其の猫の他に数匹の鳩がいるわね

それと…デイジーは何かを必死に探しているの。それは何かは分からないわ…
ってことでお願いね。女子高生3人が来る前にデイジーの探し物とデイジーを本来の場所

================================================================
難易度:やや易しい//人数4~8人