※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「≪-奏縁樹-≫紫陽花寺想歌」 リプ


<プレイング内容>
心情
クックック季節外れの紫陽花とな
なかなか風情があるじゃないか…含み笑みを浮べ地縛霊を見やる
しかしこの雨、特殊空間故の所業か…これが地縛霊がみた最後の景色だったのじゃろうな
いいぜ、おぬし等の古き楔を断ち切ったくれようぞ

行動
開始直後、剣客が射程内なら水刃手裏剣奥義を打ち込む
多少なりとも体力が削らればと

次のターンで
俺が対峙する[体格のいい侍]への斜め向かいに移動→[黒燐奏甲]を掛ける
※もし、ターゲットが他の者へ攻撃仕掛けようとしたら
「おっと、おぬしの相手はわしでござる…この、朧狐霧天狗…蘇芳がお相手致す」
と刀を抜き構える

戦闘
体格のいい侍のもとへ移動の最中[黒燐]を掛けてあるから
そのまま[爆水拳奥義]でやつを吹き飛ばせればと…
吹き飛ばしのあと続いて[水刃手裏剣奥義]
※吹き飛ばせなくとも上記どおりです

  • 黒燐奏甲は主に自己強化です
  • 霧影分身は主に回復用です

アンチヒールが掛かった場合は敵から距離をとり[水刃手裏剣奥義]での攻撃
解除されれば再び接近し[爆水拳]使用
自分の方が片付いたら、苦戦していそうな仲間をアビで援護するつもりじゃ

攻撃アビが無いなら
兎に角敵の死角から攻撃する所存

構え
右手は忍者刀を
逆手はナイフを

通常攻撃(例えです
気魄:兎に角力で斬りつけ

術式:俺が最も得意とする手段
遠心力と流れる水のような動作が多いです

神秘:忍者刀を鞘に収め、右手は印を結び左手はナイフの根元を握る感じじゃ

口調
戦闘中は語尾にござるで

<アビリティ>
水刃手裏剣奥義 ×8
爆水掌奥義 ×4
黒燐奏甲 ×4
霧影分身術 ×12


<装備品>

幻晶天狐*

鋭刃ナイフ
霧天狗 -舞-
沙幻狐牙流秘伝書
蓬莱ノ魂札
口紅
携帯ゲーム機
ストラップ