※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 新たなる土蜘蛛の女王『朝比奈・瑞貴』。
 同属をも魅了する強大なリリス『揺籠の君』。
 妖獣の封印を護るべく存在する能力者組織『天輪宗』。

 当初は無関係と思われたこれらの集団が、愛媛県今治市においてその全貌を現しました。

本編よりコピペ

偵察について ■伝令について■道具について ■前回の内容


【偵察】
単独行動を避けながら各戦場の偵察を行う
敵に発見された場合は基本的に戦闘を避ける

  • 主な偵察内容
 侵攻中:罠・伏兵・侵攻路・地形条件
 撤退中:残存部隊・敵追撃状況・撤退路

  • 侵攻偵察時作業 
周囲の安全が確認出来た上で、最中は同伴者に警戒して貰う

 目印の設置:リボンを使用
 情報の記録・記憶:目印間の模式地図
         :敵情報は別紙記録、時刻を記載し新旧が分かるように 

また、一区画での戦闘終了と同時に周辺の偵察と警戒を実施
不測の事態に備える
暗所は伏兵や罠など要注意



【伝令】
  • 通常の連絡方法
 人員による伝令を行う。
 伝達経路:≪各前線⇒本拠地(コマンダー)⇒他ポジション≫

 集積点に集ったサーチャーで7名以上がコマンダーへ伝達
 コマンダーからの伝達をコマンダー以外のポジションへ伝達(7名未満の場合は、兼任)
行動中に別のグループと遭遇したらお互いの得た情報を全部交換
情報伝達・交換は記録と口頭の双方で、簡便な情報は声で伝達
定時連絡を行い、人員の未帰還=非常事態発生と判断
緊急情報はコマンダーを経由せずに直接各ポジションへ伝達

  • 非常時の連絡方法
 笛(ホイッスル)を利用。
 吹き方を二種類に分け、それぞれに対応した意味を持たせる

 撤退:ピッピッ
 奇襲等につき警戒:ピーピッ




道具について(9/20:現段階で出ている案)
【携帯電話】
電話、通信以外のオプション機能を活用するって意味でなら有効だと思う。
もしも持っていくのなら電池式の充電キットも欲しい所

【リボン・紐等・ガムテープ等】
目印、またなんらかの意味を持たせる。場合によっては併用する方向

【筆記用具・手帳等】
偵察隊であるサーチャーにとっては必需品

【手鏡】
見通しの悪い曲がり角などでの待ち伏せや奇襲を警戒するならば、
曲がり角の 先の状況を確認するために便利かもしれません

【マグネットシール】雨でも流れないし貼るのも一瞬、はがすのも簡単
一般人がいないなら車が動く事もないだろうし。
あちこちにある自販機に貼り 付けるのも有効

【禁止】インラインスケート・スケートボード・自転車・バイク・(車)
理由:緊急時(襲われたとか)に対処不可…

【発煙筒】…これは万が一に備えて(家庭用のものあるので)





前回の戦争で使った物
【運用マニュアル】
リボンの意味や用途(森内の目印)や、笛の合図二種類を紙面に記載 
参加者に配布し、符丁の周知をする 
渡航の最中に出来るだけ覚えて貰うのが望ましい 

【道具】
笛(詳細は非常時の連絡方法を参照のこと)
照明(偵察時は灯火を抑え使用)
リボン(森林内における偵察・行軍の目印として使用、長く切ったものを用意)
 通常リボンと反射リボンを束ねた物を使用(日が落ちても目印を見つけやすいように)
 手で低めの枝に結わう
 色で方向情報を付記

衣装
 味方の判別用に、ポジション毎に色分けしたバンダナを配布(サーチャーは緑)
 遭遇時は上記のバンダナを掲示、怪しければイグニッションカードの掲示を求める
 緑、茶、褐色など森林の風景に溶け込む色でカモフラージュ
 (ポンチョなどで上から、頭は帽子やフード)
 光物を外し、必要なものは遮光して所持

地図(現地で入手出来る地図や案内図など、有効なものは地形など参考に)

筆記用具、メモ用紙、コンパス、時計、双眼鏡(遮光カバー付き)