阿部和重 【あべかずしげ】

小説家。『グランドフィナーレ』で第132回芥川賞受賞。

  • 1968年9月23日生まれ(40歳)
  • 芥川賞受賞の記者会見で、うさちゃんピースを決めた。
  • 同じ誕生日の後藤真希が好きで、阿部本人の希望により、芥川賞受賞記念として、「EYESCREAM」誌で後藤と対談を行った。
  • この対談に関して、阿部本人は大興奮だったようである。本人執筆の後日談では、ページの前半が意味不明の絶叫で埋められており、後半では「ごっちんは、(中略)時折、だぽ、と口にしていたような気にもさせてくれたし」と狼住人であることをカミングアウトしている。
  • 一方で、対談後も後藤はファンの一人という認識しか持たなかったようである。本も読まずに対談に臨んだことについて、2005年3月26日放送のヤンタンで明石家さんまからたしなめられている。
  • 『グランドフィナーレ』に登場する双子のような少女は辻加護をモデルにしていると言われている。ちなみに、同じ回の芥川賞の候補作となった『野ブタ。をプロデュース』の書き出しも、辻加護の卒業のニュースであった。

2009-03-17 02:45:14 (Tue) 編集

タグ
人物
名前
コメント
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。