※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


「あたしのガンダムウォーSeason2」に登場するキャラクター。

過去

煉は菊池次郎に連敗し、活路を見出せなくなっていた公旗一という青年に出会う。「ガンダムウォーのてっぺんを取る」という目標を持っていた彼女は、打倒菊池に協力することになる。
互いに惹かれ合い結ばれた二人は、菊池を倒すことに成功し、全てが順調のように思われた。しかし、菊池を倒した日の夜、煉は火事で両親を無くし、自らも右腕に大火傷を負ってしまう。公旗ともすれ違いが生じ、彼女は府釜を離れたのだった。

和解

府釜を離れた後も、プレイヤーとしての彼女は健在であった。各地を回り様々なプレイヤーと親交を深め、1年後には全国大会で公旗との再会も果たした。
価値観が「勝つこと」から「楽しむこと」へと変わり、言葉にも棘がある彼女に公旗は戸惑うが、対戦の末に和解することになる。

帰省

全国各地を流浪していた煉は、久しぶりに戻った故郷で若いプレイヤーたちと出会う。中でも昔の自分に似通った少女、本田京子には主張や態度から誤解を招いてしまう。全力で噛み付いてくる彼女に、煉は直接対決で「価値観は人それぞれ」と説く。
このことが、京子をぶれないプレイヤーとして成長させたのである。

デッキ

白単や青黒など様々デッキを使うが、本命は黒単である。



登場作

あたしのガンダムウォー
Season2