※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イガ マサシ

PROFILE
年齢:19(Season1)→20(Season3) 性別:男
1989年生まれ A型
好き:制圧力
嫌い:自分を見下す奴
特技:イカサマ

「あたしのガンダムウォーSeason1」に登場するキャラクター。
様々なイカサマとパワーの高い赤黒デッキを駆使して京子を追い詰めるが、仲間たちの励ましによって気力を取り戻した京子の前に敗れる。

過去
幼い頃に親に捨てられ、孤児院で幼年期をすごした。その頃のトラウマからか、自分を見下す者を徹底的に嫌悪するようになる。
ある時、大会でイカサマをするプレイヤーを見て、「見下されないためには勝つ、勝つためにはイカサマが必要」という結論に至り、以後実行していくことになる。
しかし、そんな彼に愛想をつかした友人たちは次第に彼から離れて、彼を止めるものは誰もいなくなってしまうのであった。
(短編「伊賀正志は負けてはならない」より)


台詞

「転向の資源とノワールのダメージで…あ、そうですね。”手が滑りました”」

 #28 イカサマを京子に指摘されるが、悪びれる様子もなく一言。

「ギャラリー…うるせぇ…」

 #29 仲間から励まされる京子を見て、本性を見せる。

「”勝ちにそこまでの意味なんてない”そう教えてくれたのは本田京子、君だ」

 #81 予選会場で京子と会う。改心したように見えるが…?

デッキ
イカサマによってどんなデッキでも上手に動かすことができるが、個人的な趣味からか、制圧力からか赤黒デッキを使用する。

好きなカード
  • ガンダムエクシア《19》
  • ジオ《15》
  • 野望の毒牙



作者から
Season1の一連の流れを考えたときに、必要不可欠だった”ラストの敵”。名前はイカサマ士から。ただの悪い奴じゃなくて、本当は悲しい奴なんだよというのが書きたくて短編も書いてしまった。

Season3ではちょっとだけ登場していますが…実のところ改心したとはどこにも書いていません(笑
あくまで京子視点であり、伊賀からしたら「呼び止められたから、相手が求めてる台詞を言っただけ」なのかもしれませんしね。