※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#37 決戦には俺が立つ


「6点でいいか?」
「ああ」

ゲルググは専用機セットが成立しているので敵軍本国にダメージを与えた時点で、俺の配備エリアに戻った。
これで攻撃・防御両方に使うことができる!

「ドロー…Gを出してターン終了だ」

菊池は静かにターンを進めた。
これで4G…フルバーニアン《8》は来なかった…?

「俺のターン、配備フェイズに緑基本Gを出してゲルググで攻撃!」
「6点受ける」
「ターン終了」

順調だろうか。
いつもここでそう思う。俺のゲルググは確かに強い。フルバーニアンに匹敵するといっていい。
しかし、その後に出てくる”あのユニット”には到底及ばないのだ。

「配備フェイズ、青Gを出して政治特権」

菊池は手札からカードを出す。
2ドローして即座に1枚カードを廃棄する。Gだ。

「ガンダム試作1号機フルバーニアンをプレイ!」
「来たか…!」

リロールすることで、高機動、4/0/1のスペックになる青のエース。
専用機をそろえてやっとゲルググで対抗できるレベル。

「リロール効果を使用し、宇宙に出撃する!」
「…ロングビームサーベルが出る前に場をきれいにしようと言う訳か…だが!」

俺は迷わずゲルググを防御に出撃させる。
相打ち狙いではない…策はある!

「…今日は来る。策があるということか」
「あぁダメージ判定ステップ…」

戦士の運命のカード…これでゲルググに速攻を得させ、交戦で一方的に勝利できる。
格闘力が高いこのカードには有効な一手だ!

「いや、防御ステップ!武力制圧をプレイ!ゲルググはロールだ!」
「っ!くそっ…」

速攻を得させても意味はない…。
俺は手札にかけた手を離す。
「いいのか?その手札」
「っ…無視してくれて結構」
「つまりは…そういうカードだったわけか」
「かもな」

俺はゲルググを廃棄しながら含み笑いをした。
しかし、手札にたいした策はなく。ロングビームサーベルどころか、フルバーニアン1枚に本国を削りきられる可能性も出てきた。

「ターン終了」
「ドロー…」

俺は本国の上のカードを手札に加えた。
…これは。手札が見える位置にいた煉のほうを見る。彼女はニッと笑う。
勝てる。まだこの勝負は勝てる芽が残ってた。混色の真価を見せてやるさ!

「ターン終了」
「ん?」

拍子抜けしたように菊池が言った。
俺たちの表情を見て、何か引いたと感づいたのだろう…。だが、こちらはまだ“指定国力を満たせていない”

「ドロー…青基本Gを出して密約をプレイ」

菊池はドローカードを使う。

「公旗…確かにお前はすごい引きだ。だが、俺だってドローカードでその差を埋めることはできる」
「ほう…」

珍しく饒舌な菊池。
確かに菊池は引きがいいという印象はない。ドローカードをバシバシ使ってデッキを回してる感じだ。

「…最後に残るのは何だと思う?カードパワーだっ!」
「…来る」

煉がつぶやいた。
俺は本国を目算した。
…!

「Zガンダム(ロングビームサーベル)を配備!」

菊池は手札からユニットを出す。
高機動とパンプアップ、大気圏突入を併せ持つ青…いや、今のガンダムウォー界の中心であるかのようなユニット!

「さらに、具現化する力《BB2》を出す!」
「っ…」
「だから言っただろ…?お前はゲルググ以降が繋がらないんだ!」

フルバーニアンを出撃させながら菊池は言った。
具現化する力はGを維持コストとしながらユニットを敵軍効果から守るオペレーションだ。いつも菊池はこのカードを“ゲームを決める直前”に置く。
つまり、次のロングビームサーベルの一撃が決め手。場にあるカードではあるが手が出せない…!

「4点受けるさ…」

俺は本国のカードを捨て山に移す。厚いように見えて、ロングビームサーベルの前には一撃だ。
次のドローで黒Gを引けなければ…負け、か。

「信じろ、一」

煉が俺の名前を呼ぶ。
ああ。信じるさ。お前とこのカード…そして俺の引きを!!
本国の上のカードは…黒基本G!!!

「菊池…お前がパワーカードが正義だというなら、”俺たち”もパワーカードでお前を倒させてもらう!配備フェイズ、ゴトラタン(MBC)《11》!!」

俺は黒指定3の大型ユニットを出す。
手札全てと引き換えにリロールでき、攻撃に出撃する度に相手のカードを破壊する!

「逆襲のシャア!このカードでカウンターさせてもらう。お前たちの表情で、切り札は黒のカード…そう、ゴトラタンであることは想像がついた。それにはプリベントがないわけだ」
「いいや、お前がそれを読んだように…俺たちも逆襲のシャア程度は予測できた!抵抗する意思!これでプレイ状態のゴトラタンは敵軍効果の対象にならない!」

菊池は「しょうがない」と言いつつ、了解した。

「リロールはしない。手札がいいからな!」
「…?」

俺は手札からカードを出した。こちらも次のターンにゲームを決めるために動かなければならない。

「黒い覇道!具現化する力を破壊だ」
「…了解だ。カットインでZを守る」

具現化する力を破壊するということは、次のターン何かしらのアクションをこちらが取るという証拠。
それをカウンターしなかったということは、逆にカウンターがない証拠か?

「ターン終了」
「ドロー…どんな対抗策を持っているか知らないが、俺はこの攻撃を通すさ!」

宇宙にフルバーニアン、地上にロングビームサーベルを出撃させる菊池。
回復カードはなし…つまり言葉の通り、このターンのダメージで俺の本国を削り取るわけか…。そのための捨て山。

「ダメージ判定ステップ、ロングビームサーベルの効果を使用!手札と捨て山を除外で格闘力は+9…合計13だ」

「お前はゴトラタンを恐れて無謀な攻撃に出た…結果はそういうことになるさ!ダメージ判定ステップ、見え透いた嘘をZにプレイ!このカードで、サイズが大きくなったロングビームサーベルをジャンクに送る!」

俺は高らかにそのカードを出した。
このカードならばロングビームサーベルを受け流して、さらにターン終了時に配備に戻ったところを次のターンゴトラタンで破壊できる。

「…作戦の看破!この攻撃は是が非でも通させてもらう!」
「持ってたか…あぁ。通させてやるぜ…だがその前にお前の本国にダメージを与える!大きな損失!」
「!?…見え透いた嘘は囮!」

どうやら通しのようだ。
これで菊池の本国は回復しなかったために大打撃だ!
菊池は本国に手をかける。13点のダメージで削り切れるか…?
音を立てながら菊地は一枚一枚捨て山にカードを移す…。

「足りないな」

菊池が口を開き、投了を宣言した。
妙にすがすがしい言い方だった。

「やった!やったよ!一!」
「だな」

最後の一言を聴いた瞬間、煉は俺の肩に抱きついた。

全てが輝いていた。彼女の笑顔も、冬の寒空さえも。


つづく


前へ / SeasonTOP / 次へ


txt:Y256

初出:あたしのガンダムウォー
掲載日:08.09.02
更新日:10.04.14