※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#47 エントリーパック


「ちわ~」

あたしたちはご飯を食べた後、公旗たちのいるほうの部屋に来た。
あたしたちの部屋より少し大きいかな?って感じの部屋。

「じゃあ順番は…」

信ちゃんがドラフトの座り順を決めようと口を開くが、煉さんは「テキトウ、だな」と言って、その場に座った。

「しょうがないな…じゃあ、この順番で」
「はい」

あたしから時計回りに「あたし→武志→松岡→詩織→菊池さん→煉さん→信ちゃん→公旗→あたし…」の順で座った。
世代で分かれた感じね…。
信ちゃんは荷物から新製品の「ブースタードラフト エントリーパック2」を人数分出して、配給する。

「お、エクシア!俺達がガンダムだ!」
「はぁ?また00のユニットぉ?」

エントリー2の上面に、目立つようにパッケージされた2枚のカード、今回の付属SP「ガンダムエクシア+GNアームズTYPE-E」と「GNアームズ」を見て武志が声を上げる。
エントリー1に引き続き、放送中の00のカードがオマケってわけね。5国で1枚制限なしの6/3/6。PS装甲でも同クラスこういうサイズは難しいのになぁ…。
ま、きつい指定を無理に払える人だけが使えるからいいのかな?

「今回は付属のSPは使わない方向でいいかな?」

信ちゃんは、エントリー2が皆に行き渡ったのを確認して言った。
確かにこんな・・・。

「当然だ。こんなものを全員が使えたら、白けるに決まってる」

煉さんがきっぱり言う。
そうよね。普通にSP引けるか引けないかの勝負になりかねない…。

「じゃ、まずは21弾『放たれた刃』からスタートで」

あたしはわざわざ座ってやるのも面倒だから、腹ばいになってパッケージを脇にどけた。
ブードラはまず、初手が大切。この状態なら、このカードたちはまだ”誰にも見られてない状態”だからね。

皆がパックを開ける。公旗がおとめ座がどうとか言ったけど、聞こえないフリをした。前から思ってたけど、誰も突っ込まないの?それとも、突っ込んだら負けなわけ?

あたしのパックのレアは…あれ?一瞬見落とすところだったけど、レアはユニットだ。ちょっと地味な感じかな?
煉さんだけは手早くピックを終えて、札を伏せていた。
詩織には直前にブードラがどういうルールなのかを教えたけど、今も松岡にルールをちょいちょい聞いてる。

「ドラフト!」

掛け声で公旗から11枚のカードがまわってくる。

「ちょ…」
「どうした?お嬢さん」

あたしは思わず声を上げる。
回ってきたカードの中にサイコMk-2(MA)が2枚…片方は金色の箔が押された「10thレア」だ。
サイズ、テキスト共に申し分ないレアカードで、合計国力が高いというデメリットもブードラではあんまり気にならないはずなのに…なんで?

「いえ、なんでも」

あたしは公旗にそう言って、もう一度カードを見る。
もしかしたら、どちらにしろ取られてしまう同じカードよりも、”それらに勝つことができるカード”を取ったのかも…。なんだろ?

「…ドラフト!」

半信半疑のまま、あたしは10枚のカードを武志に渡す。
公旗から来たカードは信ちゃんが開けたパック。2人も仲介されてるから、微妙感はぬぐえないけど、あたしはザウートをピックした。

なんだかんだ、後半適当にやってるうちに4パック目が終わり、最後の『エクステンションブースター2』に手をかける。
この時点で、あたしのピックしたカードは相当意味不明だ。強いて言えば3色デッキ?エクステだけ緑の引きが強かったのが原因だ。
最後のエクステ2で2色に絞れるかどうか…!

「ふぅ…」

あたしはため息をつきながら出たカードを見る。
裁きとドアンザク、そしてこのアンコモン。さて、どうするか…ね。さっきからのパターンで妨害してもいいんだけど、それするとあたしのがデッキじゃなくなる…。
ブードラはユニット戦ユニット戦!

あたしはピックしてカードをまわした。


×××


「さて、じゃあ詩織ちゃんのデッキもできたことだし、皆完成したかな?」

信ちゃんがあたしたちを見回す。
当然!何とか2色に押さえてやったわ!

「じゃ、この割り箸で対戦の組み合わせを決めるよ」
「相変わらず準備がいいな」

菊池さんが言った。
信ちゃんが出した8本の割り箸を皆が引く。青、緑、赤、紫がそれぞれ対になるように2本づつあり、色が合った相手が最初の対戦相手。というわけらしい。
あたしは引いた後、すかさず煉さんの色を確認する。あたりたいのかそうじゃないのか自分でもよくわからないけど。煉さんの箸の色は青。あたしの赤とは違う。

「あ」

詩織があたしの箸を見て声を上げる。
あ?詩織の箸、赤?

「良かった、京ちゃんで。あの怖い人だったらどうしようかと思っちゃった」
「あはは。聞こえるって…」

ニッコリ笑ってこの娘はなんて危ないこと言うんだw
度胸があるのか、抜けてるのか…。

「「おねがいします」」

お互いに手札をチェックする。
Gを多めに入れたから大丈夫っぽいね。

「えっと…ここまでやったら普通のルールと同じでいいんだよね?」

じゃんけんしながら詩織が聞く。

「うん。普通でいいよ。覚えた?」
「まあまあ。細かいとこは聞くね」

対戦相手だけどね…。
さ!勝ったあたしの先攻!

「配備フェイズ、赤基本Gを出して…このカード!」

1パック目で手元に舞い込んで、あたしのデッキの道しるべ的な役割を果たしたカード。
まさか初手とはねっ!

「スピードキング!」


つづく


前へ / SeasonTOP / 次へ


txt:Y256

初出:あたしのガンダムウォー
掲載日:08.10.14
更新日:10.04.14