作者紹介


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作者久米田康治(くめた こうじ)

1967年、神奈川県横須賀市に生まれる。
1990年、『行け!!南国アイスホッケー部』により小学館新人コミック大賞を受賞し漫画家としてデビュー。翌年より同作品を「週刊少年サンデー」で連載した。この作品は当初はスポーツコメディ漫画として始まったものだが、のちに下ネタを多用するギャグ漫画となった。
1993年、「ヤングサンデー」で『ルートパラダイス』を連載。
1994年、『ルートパラダイス』の連載終了。「少年サンデー増刊」に『だんな様は小学生!!』を読切として発表。翌月から「週刊少年サンデー超」で『育ってダーリン!!』と改名し連載。
1996年、『行け!!南国アイスホッケー部』連載終了。その3週間後、「週刊少年サンデー」で『太陽の戦士ポカポカ』を連載。
1997年、『太陽の戦士ポカポカ』連載終了。
1998年、「週刊少年サンデー」で『かってに改蔵』を連載。この作品からパソコンを使っての執筆(後述)となる。序盤は『南国』のような下ネタを用いることも多かったが、次第に世相や一般常識を皮肉るようなネガティブなものがほとんどとなり、時事的な話題のほかアニメ、美少女ゲームなどからのマニアックな話題や作者の私生活に関するネタも頻繁に取り上げた。
2001年、『かってに改蔵』が第25回講談社漫画賞少年部門「ノミネート」。
2004年、『かってに改蔵』の連載終了。
2005年、「週刊少年マガジン」で『さよなら絶望先生』の連載を開始。
2007年、『さよなら絶望先生』で2007年度(第31回)講談社漫画賞少年部門を受賞。
同年6月21日、本人の生前葬を執行。(講談社漫画賞受賞パーティーの二次会)
同年7月7日より『さよなら絶望先生』のテレビアニメの放送を開始。
同年9月後半に『さよなら絶望先生』のテレビアニメの放送が終了。