※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


-------序章

「まだかよ!まだなのかよ!」
殺られる?そうして目覚めた。ここはどこだ?とても暗い場所                            記憶を探るが、暗闇の中で目覚めるような事態には行き着かない。                         なぜ私はこのような場所にいるのだろうか?                                     手足は…動く。どうやら拘束されているわけではないらしい。                          ここでようやくいまだ目が暗闇に慣れていないことに気がつく。                          どうやらここには一切光がはいらないらしい。あるいは                               

あの夢を見た朝はいつもこうだ。                                              視力を奪われてしまったことを忘れてしまう。あれからもう3年もたつというのに。                                     日常生活をおくられる程度にはなった。それだけ盲目であることに慣れたはずだ。              しかし、あの事件を忘れるには3年という時間は短いようだ。                                                          

窓が風に煽られて、ガタガタと揺らしている。
湿気の香りが余計に気分を悪くする。

「また嵐がきそうだな」
軽く舌打をし、台所へ向いインスタントコーヒーを注いだ

-----

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  
添付ファイル