議論とかあれこれ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


作りかけなのでまだめちゃくちゃテキトーです。
このページはアーバちゃん基金に絞らず一般的な移植を含めた難病の募金の理想的形式ってなんだろうかをちょっと考えたものにしたいと。

募金を募るってのはかなり難しいことだと思う。一つは年齢の問題。

  • 高齢者が募金を募る→もう寿命でしょ?→集まらない
  • 成人者が募金を募る→その人個人の人脈に加えて人間性が大きく物を言う→集まりにくい
  • 子供の場合→比較的集まりやすい。目標額を大きく上回ることも。

そして募金活動で最も注目を浴びて批判される点がお金の使途。
行き過ぎた批判をする人間にも問題はあるが、批判をされるのも仕方が無いな・・・と思うケースもあった。以下はよく問題にされるケース。

  • 目標金額を上回っても募金をやめずに続行して多額の余剰金を出している。
  • 海外移植の場合はデポジット(預かり金)が必要でデポジットは通常実際にかかるよりも多目に設定してあり不測の事態も含めた金額である。にもかかわらず、募金項目に別途「予備費」を設けて目標金額を募っているのはなぜ?
  • どこまで募金が負担するのか?持ち出しはゼロ?
  • 大雑把な会計報告があっても裏付けとなる証憑が一切無い。
  • 親の社会的立場、金銭的事情は隠そうとする。
etc


アプローチの仕方は2つ。
現行法制度上において可能な多くの人を納得させる基金(救う会等を含む)の在り方とは何かを問うものと法改正を含めた基金の在り方とは何かを問うもの。

■現実■(基本的なこと。現場に携わる人からしたらアホみたいな話かもですが)
  • 移植医療の費用面
  • なぜ海外に行くのか
  • 健康保険
  • 移植以外の難病の人は?


■現行法上■
  • 透明性が必要→そのために何が出来る?
  • どこまでの透明性が理想的?
  • 責任の所在の在り方

■法改正をする場合■


etcを骨組みにしようかなっと。










★このサイトはアーバちゃん基金の公式サイトではありません
★基金とは全く無関係な個人が勝手に作っているものです  
★基金運営者と一切の利害関係はありません

















































ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。