※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エゥーゴ・ファントムスティード軍団

エゥーゴの中東方面を統括する、3個小隊を指揮する部隊。
母体は一年戦争時の「ファントムスティード・特別実験中隊」



  • 司令官 ガジェット・G・ベイルレイス 大佐

元、連邦軍実験部隊ファントム・スティード小隊のパイロット。
元々は戦闘機乗りだったが、当時の上官のコウスケ・ムラカミにより、
GT-FOURを託され、一年戦争を戦い抜く。
その後、恋人であり隊長であった女性を目の前で処刑され、
反連邦軍活動に身を投じる。

ファントムスティード不正規軍(イレギュラーズ)として、
星の屑作戦阻止の阻止のために暗躍し、AWC部隊やアルビオンクルーと交戦するが、
ライナ以下司令部や主だったメンバーをを、ソーラーシステムⅡの直撃で失う、
生き残った彼は、被保護者のヘレーネと共に、エゥーゴの設立に関わる。


  • 副司令官 セレード・エルシオン 少佐

ジオン軍の特殊部隊に配属されたが、故あってファントムスティードに身を投じる。
その後、ソーラ・レイにより、二人の恩人を失うも、ア・バオア・クーの決戦後に、
シャア・アズナブルを頼り、アクシズへ流れる。

その後、アクシズ側でファントム・スティード・イレギュラーズに荷担するも、
ソーラーシステムⅡの直撃で壊滅した後、アクシズに帰還。

その後、ハマーンと、ミネバの教育方針で対立し、アクシズを離脱。
そのときに、MAを1機ガメていく。
その後、エゥーゴでガジェットと合流。

  • 参事官 ナナ・ローザ・クロイツェル 大尉

ジオン軍の特殊部隊に配属されたが、故あってファントムスティードに身を投じる。
その後、ソーラ・レイにより、二人の恩人を失うも、ア・バオア・クーの決戦後に、
シャア・アズナブルを頼り、アクシズへ流れる。

連邦の研究者であるローザ・クロイツェルのクローン。
一時、NTと視力を失うも、後に取り戻す。

セレードと共に、エゥーゴへと身を投じる。


エゥーゴ・ファントムスティード軍団所属
「アルビオン小隊」

  • 隊長 フィリス・バートン 少佐

連邦軍の、エース部隊AWCの隊長。
連邦のジャンヌ・ダルクと呼ばれ、ジオンのWC部隊との抗争を繰り広げる。
その後、デラーズ戦役で戦術顧問に就任するも、
アルビオンクルーを軍事法廷で弁護したり、シナプスの処刑を延期させたりした結果、
官職へ回される。
そのとたんやる気を失い、酒浸りの毎日を送っていた。
と言う擬態を行い、エゥーゴと連絡を取り合っていた。

ティターンズの攻撃により、偽装の意味を失い、エゥーゴに基地ごと参加。

搭乗MS:RX-78 AWC-03 ヒューベリオン改

  • 隊員 コウ・ウラキ 中尉

GP-01のパイロット、デラーズ戦役の後、刑に服すが、
途中で罪状が消滅、閑職に回される。

その後、AWC部隊の襲撃を受けるが、救援に駆けつけたファントム・スティード軍の
援護や、リファインされたGP-01の供出により、撃退に成功する。
その後、連邦軍を見限り、エゥーゴに身を投じる。

搭乗MS:MSGP-01 ゼフィランサス 

自ら志願してアルビオン隊に加入する。

  • 副隊長 トモアキ・ナカシマ 少佐

ティターンズ・AWC部隊の隊長だったが、
実際は、薬剤を投与され、人質で縛られていた。
エイパー・シナプスを殺害するも、その後サナに敗北。
妻は処刑される。

その後、サナを養育していくと決め、エゥーゴに投降。
階級を1階級返上し、フィリスと同格になる。

本来は穏やかな性格だったが、投薬でゆがめられていた。
撃墜時に受けた集中治療で、中和剤が投与されて元に戻る。

搭乗MS:RX-178 AWC-01 ユリシーズ改

  • 隊員 兵士N 曹長

シベリア基地の実質的なナンバー3
士官が2名しかいない中、しっかりと部隊をまとめてる先任下士官。
准尉の昇進を前に、基地ごとエゥーゴに走る。

みんなから敬愛されているが、性格のために、偉ぶらず、
部下とも友人のように接している。

何百回死地をくぐり抜けるも、未だに生きている珍獣。

搭乗MS:陸戦型ボール 空戦型ボール改 ボールFb