トラックバック


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ランキングサイトの登録、ping設定などが一通り済んだら
TB(トラックバック)についても考えてみて欲しい
TBは悪いイメージが先行してしまっているのか使っている人が意外に少ない

TBとは、あなたの記事を参考にしました。という連絡みたいなものだ
相手の記事のトラックバックURLを記事投稿時に入力することで相手にTBを送ることが出来る
相手がそのTBを承認すれば、記事のTB欄に自分のTBを送った記事が表示される

ただし、先ほども述べたがTBは相手の記事を参考にした時に送るものであり
当然、相手側の記事のリンクもその記事の中に載せておくべきである
(サイトによってはリンクを載せていないと自動的にTBを蹴る設定にしている所もある)
自動承認ではなく手動承認の場合、こちらのサイト/記事についても相手側がチェックしに来る
サイトの形が出来上がった上で関連性のあるTBが重要だ

良いトラックバック、悪いトラックバックが書いてあるこちらのサイトを参考にしてほしい

●トラックバックspamとトラックバック削除の基準
http://www.kotono8.com/2004/12/16trackback-spam.html#m_p2

トラックバック自体は使いこなせば数百人単位で人を呼び込め、
関連のある記事からTBで来た人はリピーター率も高い
活用して無い人はぜひ今から活用していってほしい