※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 学校ごとにばらつきのある成績評価が高校入試で重視され、多くの子供たちが不公平と不条理に苦しんでいます。定期考査を廃止し、全市での統一試験を実施し、教員に対してより高い水準の教育を求める絶え間ない地域社会の眼によって、教育を再生させ、人材しか資源のない日本の再興を目指します。


  • 高校、大学で就学援助制度と給付型奨学金を創設。
    • 「公立学校」教育を復活し、高校までの無償化を推進
    • 「仕送り減税」で自宅外通学者を抱える家庭を支援。高校教育の無償化と奨学金の充実を推進。
  • 3-5歳児の幼児教育費を段階的に軽減、3年目から無償化。
    • 小学校就学前3年間の幼児教育無償化。
    • 1人年31万2000円の「子ども手当」を中学卒業まで支給。生活保護母子加算を復活し、父子家庭にも児童扶養手当を支給。
      • 子育て手当を欧州並みに(2万円-3万円/人・月)し、義務教育期間まで支給。幼児医療を無償化。
      • 中学校卒業まで、子どもの医療費を無料化。18歳まで1人月1万円(第3子以降は2万円)の「子ども手当」を創設。
      • 生活保護母子加算を復活。児童扶養手当は父子家庭へ拡大、額もアップ。
      • 児童手当を現行の2倍の1万円に引き上げ、18歳まで支給。
      • 児童手当の支給対象を中学3年生まで引き上げ、支給額を倍増。
  • 統一試験のコストは?
    • マーク読み取り機って、どれぐらいかかるんだろ?
    • マークにしたら?
    • 県内模試で一回一人当たり三千円で事業化できる程度
  • 定期考査って、あてにならない件
    • 学校ごとに平均偏差に相当の開きがある。

○造成地や保留地を利用した市民農園から農作物を買い取り、給食に利用します。
○また、男の趣向のように、調味料もすべて自家製、無添加・無農薬のものを利用するなど安全性にもこだわります。
○市民オーケストラと市内の中学生が、当番ごとにページェントの点灯時に一時間半の第九を合唱します。
○また、自衛隊音楽隊にも協力を要請し、行進もできればと考えています。
学校選択制を導入し、初年度は地元の学校で学びますが、その後は適性にあわせてさまざまな選択肢を用意します。
○同学年同時間割を組み、同一科目で講師を選択させます。
○生徒数に応じた実力給とし、最低保障賃金にみたない教員には退職を推奨します。
○教員選択に際しては各教師ごとに教育方針説明会を開き、選択を行うのか保護者です。>○また、各校に一人ずつMVPをセ試・生徒の成績・伸び率・保護者・生徒・教員からの投票で選び、MVPのみ一律で年収一千万を保障します。
○また、非常勤講師扱いなどさまざまな法的抜け道を活用して、実質的に教員免許を有名無実化し、塾や予備校、研究所や大学などから人材を中学生向け教員を大量に採用します。
○成績評価を統一するため、定期テストを廃止して、全国統一試験を小学五年生から行い、客観内申書の導入に生かします。
○ネット住民で作った計算過程・思考過程をしっかり書いた手作り詳解・解説を裏に印刷し、裏返し熟読し、表に自分で考えた解答を書く、考えて身につく学びを実践させます。
○中学レベルを教える教員にセンターチャレンジを受験していただき、保護者・同僚・生徒の三百六十度評価と、生徒の成績伸び率との三観点で給料・昇進査定をします。
○暴力行為や犯罪などにはゼロ・トランスの不良教育専門全寮制学校を設置し、徹底した管理教育で矯正を図り、一般生徒の安全と学ぶ権利を守ります。
○ネット上の動画配信型授業などを駆使して、学校にこれない子供が転落することのないようにつとめます。
○公立のフリースクールも開校します。
○顔なじみの先生から授業が受けられるよう、市内のすべての授業を配信することとし、経費をかけないためにYoutubeやveohを利用します。
○財源には、成績に連動しておこづかいを変えることのできるシステム「おこづかいふぁんど」を当てます。
○また、アダルトライブチャットのシステムと同じスキームで、学校から接続できるネット上のライブ家庭教師システムを構築。
○全国から高学歴な精神疾患のある生活保護・障害者年金受給者を集め、商売として成り立つ形にすることで、行政の負担を減らし、社会的弱者に復活の機会を与えます。
テストゼミ方式との併用で、教員の労働効率を二倍に高め、教員数を二分の一に圧縮できます。
予習課題提出(予習宿題)→一時間目・確認テスト→二時間目・解説授業→テスト提出で、理解を万全なものにします。
○七時に部活が終了した後、十時まで質問受付教員付きで自習ができるようにします。
○学校内図書館を廃止し、書籍を処分し、区ごとの図書館に一元化することで、人件費や維持費などの財源を捻出します。
○計算力・漢字力に重点を置いた四年の初等教育後に、すぐさま中学レベルの学習に入り、現在の高校二年生までの学習内容を中学三年生までに終わらせます。
○最終的には、すべての小中学校の運営をNPOに移管し、中央の枠組みに隷属した教育ではなく、より自由に教育ができるようなシステムを整えます。
進級試験を設け、規定に達しなかったものには落第を宣告します。
朝食を食べる余裕がない家庭のために、朝食も学校で給食を提供します。
昼飯も含めて、すべて米食とし、米の消費を現在の五倍とし、減反に歯止めをかけます。
食費を浮かすために、県外から来た経済困窮者への学食パスを提供します。
居住地域による選択肢の狭めを防ぐために、住民票を提供します。
学校や公民館・地域住民の家庭に県外の学生が書生として住み込める斡旋制度を導入します
義務を果たすかぎりにおいての自由を与えます。
科学の諸定理を理解したのち、実験を中心とした授業をします。空想科学読本やでんじろう先生の活用が望まれる。
基本的事項を暗記したのち、すぐに記述力の強化にうつります。
調理実習で地元住民からの得票が多かった献立を給食に採用します。