※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大きな赤字を垂れ流している地下鉄を有事に備えて核シェルター、地震時避難倉庫とし、代わりに線路の上を走るバスの導入や、沿線沿いの快速バスを増便することで対応します。
厳しい雇用情勢をかんがみて、失業者救済と詰め込みバスの緩和を目指して、バスの緊急増便を行います。
JRと連携し、公営鉄道との相互乗り入れを含めた提携をし、従来の貨物輸送用の線路を、旅客輸送用ても使えるように交渉します。
情緒のある大正時代の市電を再現し、観光資源としての市電を復活させます。
使わない人にも配られ、行政が負担しているパスの費用には無駄が多いため、志願制を導入します。
公立高校の学生に一律で通学パスを支給し、自宅近くの停留所から学校近くの停留所の料金を無償とします。
進学校を対象に、隣県の優秀な児童を受け入れるために、午前五時から始発を出す長距離バスを導入します。
資金の回収が進めない造成事業の負債をふやさないために、販売できるまで市民農園化し、意欲のある地域住民に貸し出します。
固定資産税の回収が進めない塩漬け土地の負担をふやさないために、販売できるまで市民農園化し、意欲のある地域住民に貸し出します。