※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 専門家の意見を取り入れながら新しい政策を形にしていきます。(職種別)

天然素材のみを利用した石鹸などを、学校で採用する、公的に支援するなどして、安価で安定して大量に供給できるように手助けします。これは、アレルギー性皮膚炎などにかかる医療費支出を軽減することにつながります。
独自教材を開発し、発行を地元の零細印刷業者に任せることで、多くの印刷業者を経営危機からすくいます。
事実上独占状態にあった制服の販売を反省し、学生を含めた若いデザイナーにもチャンスを与えるためにコンベンション製を導入します。
進学実績や児童の更生などに応じて、給料を増額します。
教員に割り当てられていた部活動手当てを廃止し、地元住民に顧問を委託することで、スポーツ選手の引退後の居場所を確保し、再チャレンジへと向けたセーフティーネットを構築します。
市民による寄付で校庭の芝生化を促進し、段階的に導入していくことによって、造園業の雇用を確保し、維持を含めた継続的な繁栄の足がかりとします。
地下鉄の核シェルター化により、市営バスが大幅に増便されますが、これにより渋滞が起こることが予想されます。そこで、対策として段階的な道路の拡張をすすめます。地元の零細企業にかぎった入札制度で建設業を復興させるばかりではなく、下請けいじめをなくします。
教師の労働時間を少なくするためにテストセミ方式を利用することで、監視カメラの需要が生じるほか、深夜までの自習室開放により警備員が必要となります。こうした需要を生み出すことで、警備業のますますの発展を保障します。
模試の実施やデータ・サンプル提供のなかで、戦略的互恵関係を築きます。
不良への更生教育の一環として風紀教官の導入を図ります。市民との直接的な交流により自衛隊への人々の理解をいっそう強いものとし、軍人の社会的地位をたかめます。
フリースクールに廃校した公立学校の校舎を貸し出し、低額の学費で運用できる環境を整えることで、登校拒否児童の居場所を確保します。また、全国で朝鮮学校の廃校が相次いでいるので、固定資産税免除分として休校・廃校舎を取り上げ、韓国系の民団と自治体が共同で運営する韓国籍・日本籍の住民だけが利用できる。在日コリアン向けの韓国学校を全国の都道府県に整備することで、自由と民主主義を重んじる陣営が主導する民族的少数派組織の統合を促し、それを北朝鮮の独裁体制を打破する端緒とします。これは北朝鮮への資金の流れを断ち切る動きにもつながります。(かつての、西ドイツと東ドイツの関係にも見られたように、一方的な制裁よりも、近くにアメがあることを見せ付ける政策のほうが効果があるとされる)
市の教員で独自に開発した教材を他の自治体に学校専売教材として販売します。
実験中心の演習形授業を取り入れることで、実験器具への需要を喚起します。
市民への音楽室開放にあわせて、楽器の貧弱化が起こらないように心を配ります。
食料品に対する非課税化を導入し、大型店舗の出店を規制することにより、地元の小売業を保護し、消費者の負担を軽減し、地産地消の理念にもとづく地元の農業復興を果たします。
パソコン室の放課後開放に合わせて、老朽化したコンピューター設備を手直しするほか、中古のパソコンを安く譲り渡すことの出来る仕組みを構築します。
芸術に対する認識を、金さえ払えば権威のある絵が見れるというものから、より洗練された現代芸術の巨匠を地元から輩出するというものにかえ、美術館の全所有作品を売却し、隣県の美術館と提携協定を結ぶことで、片方を伝統的な美術館のまま残し、片方を近代芸術処として再構築します。
地域本部の設立で意に沿わない活動を行わずにすむ仕組みづくりをつくります。
機会の平等を実現するため、公立小中一貫校への再入学制度を整えます。
私学助成金を廃止することで、価値のある学校のみが残る仕組みづくりをすすめます。
バス運転手や教員志望・公務員志望への三年研修を通して、安定した雇用を生み出します。
米の消費を促進するために、米粉の配合を小麦粉利用業種に義務付け、補助金を出し、農業移民・農業移住を促進し、米を利用した給食を増やし、国内農業のいっそうの保護に力を尽くします。
偏った点数を是正し、一般社会に溶け込むために、空き屋を利用した共同生活施設をつくることで居場所を確保し、仕事を通じて自己承認欲求を満たします。
金利をジャンプすれば不良債権化しない仕組みを金融庁のマニュアルに導入させます。
障害者・高齢者の問題となっている性欲処理。既存の業者との提携で、対応する態勢を整えます。