※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


この企画書は書きかけの状態です。

編集・追記してくださる方を募集しています。




概要


歴史的経緯


現在の評価・問題点


目的


ⅰ ターゲット


ⅱ 社会貢献としての意義


内容(全体的構想)


ⅰ 現状が必要とする


ⅱ 企画の目的を果たしている


ⅲ 課題を解決している


ⅳ 所与の条件に適っている


内容(部分的構想)


ⅰ 現状が必要とする


ⅱ 企画の目的を果たしている


ⅲ 課題を解決している


ⅳ 所与の条件に適っている


問題点


ⅰ 技術的課題


ⅱ 社会的背景


ⅲ 消費者動向


ⅳ 市場動向


効果



ⅰ 技術的課題


ⅱ 社会的背景


ⅲ 消費者動向


ⅳ 市場動向



予算


ⅰ 一万人規模(小規模市町村)


ⅱ 十万人規模(中規模市町村)


ⅲ 百万人規模(政令指定都市)


ⅳ 千万人規模(首都)


ⅴ 一億人規模(全国)


工程表


~三ヶ月


~六ヶ月


~一年


~二年


~四年


基礎資料


ⅰ 文献


ⅱ 報道


ⅲ ネット上のソース


ⅳ コメント


参考事例


ⅰ 一万人規模(小規模市町村)


ⅱ 十万人規模(中規模市町村)


ⅲ 百万人規模(政令指定都市)


ⅳ 千万人規模(首都)


ⅴ 一億人規模(全国)


取材レポート


ⅰ 一万人規模(小規模市町村)


ⅱ 十万人規模(中規模市町村)


ⅲ 百万人規模(政令指定都市)


ⅳ 千万人規模(首都)


ⅴ 一億人規模(全国)


9:00から党税調の総会。相続税、贈与税について。世界は相
続税を軽減する方向に向かっているそうだ。そのほうが金持ちに金
が集まり、金持ちほど金を使うので経済効果があるそうだ。

 しかし、日本でもそれが当てはまるだろうか。貯蓄性向の高い日
本国民である。相続されたからといって、それを消費に回すとは思
えない。むしろ、相続税を100%にして「お上が全部召し上げる
ぞ!」と言ったほうが生前に使ってしまうに違いない。それはジョ
ークとしても、相続税を何の目的でかけるのかをはっきりさせなけ
れば税率は決まらないだろう。