ガンダムシーガイア(宮崎代表)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ガンダムシーガイア(宮崎代表)

ネオ宮崎代表
名前の由来はリゾート施設シーガイアより。
マンゴーの中に爆弾が埋め込まれているマンゴーボムや、海水を相手に当てるシーガイア水流ポンプなとがあり、
必殺技は手を組んで凄まじい光を発する太陽の卵。
シーサーガンダムを水中戦に引きずり込むが敗北。
「どげんかせんと…いかぁぁん!!」の叫びと共に『コクンバル』を使用し全能力のアップを図るなどの武装も持つ。

本戦で思ったような活躍ができず、PRの場を失いつつあったために、対ミカン・トンコツ戦以降エキシビジョンでの活躍を狙っていくらか改修が施されたようだ。
その改修に伴い、正式名称もガンダムシーガイア・フェニックスと改められた。
これは元ネタのリゾート施設が、赤字経営から復活した時に名前を「フェニックス・シーガイア・リゾート」と改めた事に由来する
各種性能のアップに加え、不死鳥の翼をイメージしたフライトユニットが搭載された。多少の空中戦闘が可能になったようである
試合中、観客席の上にあるVIP席にネオ宮崎の知事がいたという噂もあるが真相は定かではない…

テーマ


武装

【マンゴーボム】
マンゴー型外殻の中に爆弾を埋め込んだ武器
シーガイアの主力武装

【シーガイア水流ポンプ】
機体に内蔵されたポンプ
これを使うことで水を操り、水中行動を容易にしたり水流を相手に当てて攻撃したりすることが可能

【コクンバル】
シーガイア奥の手。これを発動させることで、短時間だが全能力が大幅に上昇する
だがエネルギー消費も能力の上昇に伴って増大、使いどころによって大きく勝負を左右するだろう

シーガイア・フェニックス以後追加

【フェニックスブレード】
格闘武器の無かったシーガイアに追加された実体剣
水中でなければ剣を熱して攻撃力を高めるヒート機能もある

『オーシャンドームウェイブ』
水流ポンプで打ち出した水を濃縮し拡散、津波のような勢いの水を相手にぶつける大技
水がない所では使えないのが難点である

『太陽の卵』
両手を組み、エネルギーを結集させて凄まじい光を発するシーガイアの必殺技
どんな攻撃にもつなげることができ、あらゆる状況での効果が見込める。単なる目くらましと侮ってはいけない

シーガイア・フェニックス以後追加

『オーシャンレイジ・ボム』
シーガイア水流ポンプを使い、無数のマンゴーボムを波に乗せうちつける荒業
ポンプのパワーが上がり使用可能になった

『フェニックス・マンゴーブラスト』
空高く舞い上がり、空中から相手に向けてマンゴーボムを怒濤の勢いで撃ちだす
飛行能力の追加で使えるようになった

『フェニックス・オーシャンレイジ・ブラスト』
上記二つを組み合わせたシーガイアフェニックスの必殺技
マンゴーボムを乗せた大波と共にマンゴーボムを乱射しながら突撃する
飛行能力と格闘武器を持つフェニックスだからこそ使える技である

GF

ハヤト・ミヤザキ (CV:咲野 俊介)
元はネオ宮崎をこよなく愛する観光局の普通の男性だった
このたびガンダムファイトが行われるという話を聞き、ネオ宮崎を広めるためぜひ自分を出してくれと熱意を持って知事に直訴
その情熱に感激した知事が彼を推挙するが、その能力は他の一流ファイターに比べるとかなり頼りない
そのため彼は猛烈なトレーニングを開始、その結果なんとか他のファイターと試合の出来るレベルまで到達したが、
激しすぎるトレーニングの影響か、試合中はやや熱狂的になりすぎるきらいがある
しかし彼の情熱も言動も、全てはネオ宮崎のためである。また知事とはこの一件で深い友情を築いている

「私が活躍すればぁ!ネオ宮崎が光を浴びるぅ!」

  • ガンダムファイト後…彼のファイターとしての努力や熱意、そして知事のスター性から再びネオ宮崎にスポットライトが当たるようになり多くの観光客が訪れるようになった。ハヤトは大満足。知事も大満足。
添付ファイル