※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

前編


<仮台本>


(TV)
(TVを見る主人公)
「今の、酷かったな。これは、ちょっと、ないわー。試写会行った奴涙目www(プツッ
(TVを切る動作+音と同時に暗転 → 倒れている主人公が目覚める)
「テクノブレイク!・・・何も思い出せない・・」
「目が覚めた?」「(えらい美人がそこにいた)!!・・・あんた、
「ただの人間には興味ないわようこそ、シグマ団へ」
音無「シグマ団?何だそれ?」
ゆり「SIGMAでシグマ団よ」
音無「何の略なんだ?」
ゆり「それはセッ(ピーーー)団だったかかしら?思い出せないわ・・・ここまででかかってるんだけど」
音無「最終的にそれはどこからでるのかな~?」

どどん
ピッピッピッ
ゆり 「シグマ団団則ひと~つ。ナニは3日で30回まで」
音無 「そんなに!?」
ー題字ー
OP

「唐突だけどあなた入団してくれないかしら」
「?にゅうだん?オッパイミサイル?」
「いやだからシグマ団に、よ」
「・・・えぇと、それって本物の銃?」
「ふぅ、ここに来たやつはみんなそんな反応するのよね。順応性を高めなさい。あるがままを受け止めるの。」
「え?」
「戦うのよ」「え?」「あれよ」
「あれが死んでたまるか戦線の敵。天使よ。」
「え?(おいおい、何言ってんだこいつ)」
「だが断る。せっかくだからおれは、向こうに行くぜ!」
「はぁ?なんで?わけわかんないわ!どうしたらそんな思考に至るの?ばかなの?死ぬの?
  これは死ねないこの世界でよく使われるジョークなんだけど(キリッ、どう、笑えるかしら」

音無「笑えんな。そんなギャグで大丈夫か?」
#ゆり「大丈夫だ問題ない」
#音無「じゃ、そういうことで」
#ゆり「ちょ、おい待てよ!(モノマネで)ちょ」
#ナレ「神は言っているー――ーまだ去る運命ではないと」
#映像巻き戻し
#音無「そんなギャグで大丈夫か?」
#ゆり「一番良いギャグを頼む」
#音無「ごにょごにょ」(ゆりに耳打ち)
#ゆり「わかったわ、ゴホン、・・・実は俺、着やせするタイプなんだー!!!」
(墨をゆりっぺの腹に)
#音無「うん、面白いな、じゃ俺は向こうに行くから」

音無「・・・少なくとも銃を女の子に向けてる奴よりはまともな話ができそうだからさ。俺むこう行くわ」
ゆり「うがーー!お前なんか猫のウンコ踏めー―――!」

音無 「(訳が分かんない。なんなんだあいつら。)うぅ~い、おいっすー。あんた銃で狙われてたぞ?天使だーとか何とか言って」
天使 「ジロジロ見ないでください。不快です。死にます。」
音無 「まぁまぁいいじゃないですかデュフフ。」
天使 「お前誰だよ」
音無後ろを振り向いて
イカ娘 「わたし?わたしはイカ娘でゲソ。この世界を侵略しにきたでゲソ。わたしの部下にならなイカ」
団員 「お前じゃねえ、すわってろ」
イカ娘体操すわり
天使 「結局お前はなんなんだ」
音無 「なんだかんだときかれたら、答えてあげるが世の情け……」
天使 「モッモッモッ」
音無 「なんだよ、最後まで言わせろよ」
天使 「え?どうして?」
音無 「どうしてって言われても、、むしろこっちが聞きたいわ。魂が覚えているっていうのか?むしろお前が説明してくれよ」
天使 「まそっぷ」


―暗転のち校長室内―
(戦線名会議中(雑談)部分は省略)
音無 「・・・知らない、天井だ……(追憶、焦って体を確認)・・・…生きてる。あんな激痛だったのに。アレはきもちよかったなー」
団員 「きがくるっとる」
(目を覚ました音無に視線が集まる。そして話題に挙げ始める感じで)
ゆり 「ここは私たちの秘密基地よ。ここ以外に安全に話し合える場所はないわ」
音無 「何なんだよお前ら、俺を巻き込むなよ!」
むぎ 「まあまあ、お茶にしましょうか」

悲鳴
団員 「隣の部屋からだ!」
団員 「あの部屋には、ミシェル!!!」
ドアを開けるとミシェルの死体 背中には「オナニー」、散乱するティッシュ、地面に書かれた「正」31の途中
団員 「みしぇるうううううううううううう」
音無 「し、しんでる!?」
ゆり 「団則を守らなかったから……」

ゆり 「とりあえず聴きなさい。あたしたちがかつて生きてきた世界では人の死は無差別に無作為に訪れるものだった。
ゆり    「だから抗いようもなかった。でもこの世界はちがうのよ。」
ゆり 「この世界は抵抗すれば存在し続けられる。あらがえるのよ。」
音無 「でもまて、その先にあるのは何なんだ?お前らは何をしたいんだ?」
ゆり 「私たちの目的は天使を消し去ること。そして、この世界を手に入れる。
   まだ来て間もないから混乱するのも無理ないわ。順応性を高めなさい。そしてあるがままを受け止めなさい。」
音無 「そして戦うのか、天使と。。」
ゆり 「そうよ。共にね。」
音無 「・・・少し時間をくれないか。」
#音無 「なんだよそれ!意味わかんねえ。。そうかこれは夢か!夢なんだな、ちょっとそこのお前、つねってみてくれ」
#団員 「きゅぅ~」(乳首をつねる
#音無 「ンギモヂィィ」
#ゆり 「ひどい現実ね・・・」

音無 「・・・OKだ!」(盛り上がるsss達)
ゆり 「私はゆりよ。ここのリーダー。で、彼は--(紹介していく)」

ゆり 「・・そういえば、あなた名前は?」
音無 「えぇと、、こ、小、、小西、、」
ゆり 「小西、、普通の名前ね。じゃぁわたしがあだ名を付けてあげるわ!・・・にわかキモオタくそゲス野郎、略してにわゲスが、音無、ね。うーん、やっぱりにわ

ゲ」
音無 「音無がいいですー!音無でお願いします!」

一同 「ようこそシグマ団へ!」
―アイキャッチ―

(CM)
  • きょうあに
  • わらってはいけない
  • ミルキーホームズ(メイン4人)内容は前編のCM
  • ヴァイスシュバルツ
  • モバゲー(乙女ゲー、ミシェル・コブラ・ゼロ)(ギャルゲー、ロボ子、イカ娘、セイバー)
  • ニコニコ動画(スト魔女、一人二役)
  • ナイトレイド


劇中劇
(ライダー対戦(仮面ライダー空気?)withコブラ)
音無 「おい、なんでお前らそんなに楽しそうなんだよ」
ミシェル「ふぅ」
音無 「生き返ってる!?」
ゆり 「言ったでしょ、死なない世界だって。あ、こいつはミシェル」
ミシェル「よろしく、……
セイバー「お昼です。食事を要求します、ゴロー」
音無 「僕の名前は音無だ」
セイバー「失礼、かみまみた、ゴロ無さん」
音無 「わざとだろ」
セイバー「はい。ということで食堂に行きましょう」
(アイキャッチ)

(屋外で集まってるSSS)
(一人屋外でマーボーを食おうとする天使)
団員 「あ!天使がいる!オペレーション、スタート!」
ゆり 「岩何とかさんよろしく」
(岩沢別の場所でライブを始める。)

だれか殴られて、なぜか屋外へ
セイバー残ったマーボー食べる

戦闘シーン

ウィッチはペリーヌだけ(ロストドライバー)
セイバーは見えない剣
ミシェルヴァルキリー(ガウォーク)


「(おれの所に来やがった!今の戦線の弱点ってことかよ!クソ!うってやる!
   でもあんな華奢な体を銃弾で、か?くっ!やらなきゃやられるんだ!何の容赦もなく、な。)」
「(発砲音)!あたった!」
「(そんな足でよかったのに。くっ、もう充分じゃないか!・・・もう!)」「ガードスキルハンドソニック(ブィン)」
「そんな、、そんな!!(逃げ出しながら)どうして!?どうして止まらない!?」
「(HSではじかれる)な、なんだよそれ!?」
「まだハンドソニックしかでてねぇぞ!うてぇ!」
「広い所へ!/後退しながら多重攻撃!/行くぞ!」「ガードスキルディストーション」
「ちぃぃ!遅かったか!」
「(まさかこんな壮絶なことになるなんて、、、)」
(そそくさと立ち去る天使)
「宴もたけなわだな」(勝ち鬨を挙げるSSS)

(場面転換、基地でたむろするSSS)
音無 「いいのか?こんなところでのんきに食ってて。あいつは襲って来ないのか?」
ゆり 「ただご飯食べてるだけじゃない」
団員 「そう言えば、なんかライブの最後で岩沢さん消えたんだけど・・・」
ゆり 「あ、そう」
音無 「(これだけの力と統率力があれば何だってし放題なのに、こんな地味に飯食って暮らしてるのか
  敵はほんとうにたった一人、、天使だけなんだ。あいつと戦ってるだけなんだ…。
  でも正当化するのか?その行為を。いや、まだ早い。おれには、記憶が無いんだから。。)」

ED
次回予告