不当逮捕 決定的動画


メニュー


声明への賛同をお願いします!

asouq(at)sanpal.co.jp
((at)を半角の@に置き換えてください)

リンク


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

死刑と戦争をつなげて考える・つくばみらい

国連規約人権委員会から日本政府は死刑制度と代用監獄ともに廃止を勧告されましたが、官房長官は「それぞれの国が独自に決定し」「日本独自で対応していく」と述べました。しかしそのような制度が存在している社会は私たちにとって生きていきやすい社会ではありません。私たちはそのような制度が存在している社会を望みません。
今回の極めて不当な逮捕も同様です。逮捕されてしまった三人はまさしく代用監獄の中にいます。このような逮捕・勾留がまかり通ってしまう社会は、私たちにとって抑圧的な社会です。
私たちはそんな社会を望んではいません。さらに、取り調べが精神的拷問と化していると聞きます。そのようなことはわざわざ国連から勧告されなくとも、許されることではありません。
警察は拷問をやめて三人をただちに釈放すべきです。
今回の「リアリティーツアー」を支持します。救援会の弾劾声明に賛同し、その活動を支持します。そして勾留されている三人に連帯する、その方法を私たちなりに考え、動いてみます。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー