セーヴィング


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

セーヴィング

概要

  • 「セーヴ」って?
    • 一部のダメージや、各種の特殊効果に対して「抵抗する」こと。
      • 「セーヴ成功」 : 例えば、罠から放たれた毒に対してセーヴ成功した場合、毒の効果を受けない。
      • 「セーヴ失敗」 : 上の例でセーヴ失敗した場合、毒の効果を受ける。 Str や Con が下がったりする。

  • 「セーヴィング」って?
    • 「セーヴを試みる」こと。つまり、「抵抗を試みる」こと。

  • 「セーヴィング・スロー」って?
    • 「セーヴィング判定」のこと。つまり、「抵抗判定」。
    • 「 ST 」と略記する。
    • 必要な場面では自動的にセーヴィングが発生するので、特に操作などは要らない。

  • というか、この辺の用語は割と適当で、あまり使い分けたりはしない。
    • 正しいかと言われるとそうでもない。
  • 大事なのはここから先。

内容

  • 何を基準に判定するの?
    • スタッツ窓にある「頑健」「反応」「意思」の 3 つの値。
      • この中から、その判定毎に必要な値を使って、勝手に判定される。
      • それぞれの用途と簡単な説明 :
        • 「頑健」( Fortitude )
          • 耐久力( Con )を基準とする。
          • あまり略記しない。
          • 肉体的、体力的な ST に使う。(例 : 毒、病気など。)
          • 基本的に、成功するとその特殊効果を無効化できる。
        • 「反応」( Reflex )
          • 敏捷力( Dex )を基準とする。
          • 「 Ref 」と略記する。「反応セーヴィング・スロー」は「 RefST 」。
          • 火や酸、棘などの直接ダメージ系の罠に対する ST に使う。
            • 毒の罠は頑健 ST を使う。
          • 「ファイアボール」や「ライトニング」など、多くの範囲攻撃呪文に対してもこれを適用する。
          • 基本的に、成功すると食らうダメージを半分にできる。
            • 特技「身かわし(イヴェイジョン)」があると、成功した攻撃はノーダメージになる。
        • 「意思」( Will )
          • 判断力( Wis )を基準とする。
          • 「 Wil 」と略記する。「意思セーヴィング・スロー」は「 WilST 」。
          • 主に、精神的な攻撃や、呪いなどの特殊効果に対する ST で使う。
            • 例 : 「ヒプノティック・パターン」「ビストゥ・カース」
          • 基本的に、成功するとその特殊効果を無効化できる。
  • 日本語でおk
    • つまり、
      • Con が高ければ、頑健 ST が高くなるので、毒や病気を受け難い。
      • Dex が高ければ、反応 ST が高くなるので、罠や範囲攻撃呪文のダメージを軽減し易い。
      • WiS が高ければ、意思 ST が高くなるので、催眠術や幻覚、呪いなどを受け難い。
    • 高ければ高いほど Good 。


各 ST の基準となる能力値

  • 上でも書いた通り、各 ST はそれぞれ別の能力値を基準とする。
  • 基本的には次の通り。
    • 頑健 : 耐久力( Con )
    • 反応 : 敏捷力( Dex )
    • 意思 : 判断力( Wis )
  • 但し、特定の特技(フィート)を取得している場合、別の能力値を基準に出来る。
    • 正確には、本来の基準能力値と比較し、より高くなる能力値が自動的に使われる。
  • 具体的には表を嫁。
ST\基準 基本能力値 対応する特技 その特技がある場合の第二候補
頑健 耐久力( Con ) なし
反応 敏捷力( Dex ) 洞察による反応(インサイトフル・リフレックス) 知力( Int )
意思 判断力( Wis ) 強烈なる個性(フォース・オブ・パーソナリティ) 魅力( Cha )

能力値の影響度

  • セーヴ基準値は能力値のみによって決定されるものではなく、他の色々な要素が影響する。
  • 能力値の影響度 :
    • セーヴィングスロー達成値 = 他色々 + 能力値Mod + 1d20
  • 色々については後述。

「色々」その① クラスによる基準値

  • クラス毎に、あるレベルに於けるセーヴの基準値は異なる。
    • 例 :
      • ファイター 5 レベルの頑健セーヴ基準値 : 4
      • ウィザード 5 レベルの頑健セーブ基準値 : 1
  • 増加ペースの種類
    • 次の二種類がある。
      • 「レベル /3 (端数切捨て)」の上がり難いタイプ
      • 「レベル /2 +2 (端数切捨て)」の上がり易いタイプ
    • それぞれが各レベルに於いて幾つになるのかは、表を参照。
レベル 上がり易いタイプ
(レベル /2 +2 )
上がり難いタイプ
(レベル /3 )
1 2 0
2 3 0
3 3 1
4 4 1
5 4 1
6 5 2
7 5 2
8 6 2
9 6 3
10 7 3
11 7 3
12 8 4
13 8 4
14 9 4
15 9 5
16 10 5
17 10 5
18 11 6
19 11 6
20 12 6

  • 各クラスの増加ペース表
クラス セーヴ基準値(端数切捨て)
頑健 反応 意思
ファイター Lv/2+2 Lv/3 Lv/3
バーバリアン Lv/2+2 Lv/3 Lv/3
パラディン Lv/2+2 Lv/3 Lv/3
レンジャー Lv/2+2 Lv/2+2 Lv/3
ローグ Lv/3 Lv/2+2 Lv/3
ウィザード Lv/3 Lv/3 Lv/2+2
ソーサラー Lv/3 Lv/3 Lv/2+2
クレリック Lv/2+2 Lv/3 Lv/2+2
バード Lv/3 Lv/2+2 Lv/2+2
モンク Lv/2+2 Lv/2+2 Lv/2+2

「色々」その② 装備による強化

  • 装備の中には、セーヴにボーナスを与えるものがある。
    • 例 :
      • トラップブラスト・ゴーグル (反応セーヴに +4 。クエスト「シール・オブ・シャン・ト・コー」報酬)
      • ブラック・ウルフスキン・クローク (各セーヴに +2 。クエスト「アソールト・オン・スプリンタースカル」報酬)

「色々」その③ 呪文やその他の特殊能力による強化・低下

  • セーヴを強化する効果のある呪文の例 :
    • ヘイスト (反応セーヴに +1 。ウィザード・ソーサラー・バード)
    • プレイアー (各セーヴに +1 。クレリック・パラディン)
    • グッド・ホープ (各セーヴに +2 。バード)
  • セーヴを低下させる効果のある状態異常の例 :
    • 怯え (各セーヴに -2 。呪文「ドゥーム」「コーズ・フィアー」など)
    • 呪い (各セーヴに -4 。呪文「ビストゥ・カース」付与効果「カーススピューイング」など)
  • セーヴを強化するその他の効果の例 :
    • 特技<インスパイア・カレッジ> (各セーヴに +1 ~ 4 。バード。効果はレベルによる)
    • 特技<オーラ・オブ・グッド> (各セーヴに +2 。パラディン。攻撃者が悪属性の場合に限る)
    • 強化<ローグ・インプルーヴド・トラップ・センス> (各セーヴに +1 ~ 4 。罠に対してに限る。効果は取得レベルによる)
    • 強化<エルフ・エンチャントメント・レジスタンス> (各セーヴに +1 ~ 3 。心術に対してに限る。効果は取得レベルによる)

最終的にどうなるの?

  • (未稿)