※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メガ・スポーツイベントの社会学,南窓社,2006年}


         

         アマゾンbk1紀伊国屋

⇒この本の初版本(注:増補版ではありません)を著者割引価格(2割引)3000円にてお送りすることができます。消費税+送料は著者が負担します。

●氏名・送付先を記して石岡〔ishioka「at」edu.hokudai.ac.jp〕までご注文ください。
●代金は現物が届きましたら、送金あるいは振込みをお願いします(郵便振替料金あるいは送金手数料の負担はお願いします)。


目次

白いスタジアムのある風景   松村和則 著 5-19
都市とメガ・スポーツイベント研究の視角    大沼義彦 著 20-40
「メディアとスポーツ」研究の問題構成   橋本政晴 著 41-56
鹿島開発とワールドカップサッカー  柳沢和雄 著 57-88
スポーツイベントによる開発と地域社会の再編  石岡丈昇 著 89-108
生活化するサポーター“TOHRU”  橋本政晴 著 109-123
象徴闘争としての「環境五輪」   松村和則 著 124-151 
道路整備と過疎山村の変容  佐藤利明 著 152-179
スポーツのグローバリゼーションと周縁における創造性  前田和司 著 180-208
なぜメガ・スポーツイベントか  大沼義彦 著 209-234
教育改革論争と国際化  甲斐健人 著 235-255
2002FIFAワールドカップと在日朝鮮人集住地区  鈴木文明 著 256-275

書評

  坂なつ子,『スポーツ社会学研究』16, 123-126, 2008年
























































  • リスト
添付ファイル