※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここはどこだ・・・。

地獄?

まさか天国?

まさか俺が天国にいくなんてありえないよな。

元エクリR員 『 竹 竿 』 だからな・・・



~カードマスターCMOM -R turn-~


第一話 ある日の出来事。






「いや、本当にここどこだ?」

周りは駄々真っ暗。

自分の体には前と違う感覚がある。

なにか、心の錘がとれたような感触。


「ん?今何か聞こえたような。」


竹竿がそっと後ろを振り返ると、

そこには暗い影のなか、少し光る光があった。

「あなたが竹竿ですね・・・」

光はそっとささやいてきた。

どこかで聞いたことのある声だった。

「誰だお前は!」

そう聞き返すとこう答えが返ってきた。

「あなたはもう死にました。でもあなたは、まだやることがあります。」

「・・・どういうことだ。」

「もう一度地へと帰りなさい。そしてやるべきことをやりなさい。期間は3カ月です。」

そういうとその光はそっと竹竿の体をつつみ始めた。







気が付くとそこは、ゴミまみれの廃墟だった。

そこには誰もいない。

ただ永遠とゴミがあるだけだった。


そして、

自分の母の写真があるだけだった。 

自分の母がくれた、最初のデッキがあるだけだった。



「・・・・・」

不思議と涙が出てくる。

自分はまだ生きがいがあるということを知って。



竹竿はそう思うと歩き始めた。

ここから脱出しようと。




~Fin~