※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

4月28日 この日は俺の幼なじみのヨシキが東京に旅立つ日。
しかし数日前から俺とヨシキは喧嘩をしていて

見送りに行きたいのに行けない・・・・
自分の気持ちに素直になれずにいた。


喧嘩の原因は俺のマグナをヨシキが壊したからだ。
もう会えないかもしれないのに見送りにも行かない自分に
憤りを感じていたその時何処からか声が聞こえたんだ。


ーボクハ,ハシレルヨ!ー

その声を辿っていくとそこには壊れたはずのマグナがあった。手紙がそえてあった。

ーごめんな。今までありがとう。ー

ヨシキからの手紙だ。
壊れたマグナをヨシキが徹夜で直してくれたのだ。
涙を流す俺。

「くそ・・・・ヨシキ・・・・バカやろーーーーー!!!」

その時また声が聞こえたんだ。

ーマダマニアウヨ!!イコウ!!ー

俺はマダムに股がり駅に向かって走り出した!!
(ロードオブメジャーの大切なものが流れる♪)



俺とマグナは風になる。

ガキの頃学校の帰り道ヨシキとよく来た駄菓子屋
ヨシキとエロ本を立ち読みしたコンビニ
ヨシキと来た映画館

すべての思い出を通り抜け風は加速していく!!

駅につく。

そこにはヨシキがいた。
「ヨシキ!ごめん!!ありがとう!!」
ヨシキはニッコリ笑いブイサインをし旅立った。
ありがとうよ!ありがとう!と心で叫び続けていた。


桜咲く季節。

僕とヨシキとマグナは少し大人になった・・・。