ヴァンタダール2世


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

王家ヴァンタダールの2代目当主.

1代目当主であるヴァンタダール1世が王国「ホープダム」を築いた.

1代目当主の死後,外部(火の種族:リザード)から「ホープダム」を守るため頑張る.(1代目は若くして病に倒れる)

また,王国内部でも王座を狙おうとする連中がいて頭を悩まされる.

1代目の頃からの優秀な相談役「オルガス」が側にいる.

ヴァンタダール2世は争いを好まず,国を守るために戦うものの極力両者に死者ができないよう努めた.
怪我をして取り残されたリザードはこちらで手当てをしていた.


隣国「ギフェルガン」が存在.共に外部からの侵略が多いため協定を結び争わないようにしていた.

ギフェルガン」の王バルサザールは父ヴァンタダール1世と親しい仲であった.

バルサザールにはヴァンタダール2世と同い年の息子がいる.

昔から父とバルサザールとの仲もあり,バルサザール2世と会う機会が多かったが,あまり反りが合わなかった.

バルサザール2世は何にでもライバル心を燃やし,全てにおいて自分が勝たないと満足できない性格であった.

よって,ヴァンタダール2世が王位を継承したことにも嫉妬した(バルサザールは健在である).


ヴァンタダールの死後数年が経ち,バルサザール1世が突然死んでしまう.
(バルサザール1世を殺したのは言うまでもなく,バルサザール2世であったがストーリー後半までは分からない)

バルサザール1世が死んでから,何かと悪い出来事が起こり,内部の反乱も活発になってくる(実は内部の反乱はバルサザール2世が仕組んでいたもの).

反乱軍を取り押さえ事情徴収を行ったところ,これを仕組んだのはバルサザール2世だと判明する.

時を同じくして,バルサザール2世は協定をなしにすると宣言し,ホープダムに攻め込もうとする.


そのことを知ったヴァンタダール2世は怪我をしていたリザードに案内させ,単身リザードの国「アヌ・マスダン」へ乗り込み協力を求めた.

リザードの王と戦い勝利を収め,リザードヴァンタダール2世に協力することを決めた(リザード戦いで優劣を決めたり,義理をおもんじる種族であったため).

リザードの軍を引き連れ「ホープダム」へ戻ってきたヴァンタダール2世を待っていたのは,すでに占領された国であった.

ここで「ホープダム」歴史は一端途切れることとなる.