第6話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第6話

見事に天皇賞の接戦をものにしたをっかは

ジャパンカップへ向かうことになった。

ジャパンカップでは去年4着に終わっている。

そんな中1番人気に押しだされたのはをっかではなくでえぷすかいだった。

でえぷすかい、メイショウSAMソン、オウケンブルーワン、マツリダウッホなど強敵が揃う。

それでもをっか陣営は

雹豪「ずいぶんと相手が強いけど、それでもいい勝負ができると思ってます。調教も問題ないです」

ポンコツ「調教の感触ですか?よかったですよ」

淑之「愛のままにわがままに僕は淑だけを傷つけない」

そしてレース

おやっさん「今回のジャパンカップはおまけです。無事で走ってくれれば…」

雹豪「見守りましょう。できることはやりました」

ゴッド「この条件で勝てるのか?」

ファンファーレの時間だ。

ノブン「をっかちゃーん!!」

kasuga「ヘッ!!」

淑之「リラックス、リラックス…うっ……うぉぇぇぇぇぇぇ」

実況の塩原「なんとゲート前でをっかの淑之がゲボを吐いております!これは大変だ」

雹豪「…」

おやっさん「…」

みさき「…」

ポンコツ「…」

ノブン「最悪なジョッキーだなあれ」

kasuga「ゲボ吐きトゥース!」

ゴッド「レース前に騎手が嘔吐。勝てるのか?」

レースが始まると

終始前めに付けたをっかだが

直線、その前にはヌクリーンヒーローの姿が…。

実況の塩原「直線!先頭はヌクリーンヒーロー!でえぷすかいも来ているぞ!」

実況の塩原「をっかは厳しいか!をっかは伸びがない!」

雹豪「苦しいなこの距離では」

実況の塩原「1番人気でえぷすかいががきた!しかし」

おやっさん「をっか!」

実況の塩原「なんと、ヌクリーンヒーローが頑張っている!なんとヌクリーンヒーローが頑張っている!」

結果は伏兵ヌクリーンヒーローの初G1勝利で幕を閉じた。

でえぷすかいは2着、をっかは3着に終わった。

ジャパンカップを終えたをっか陣営は

有馬グランドホテル記念へは向かわず

ドバイへの挑戦を表明するのであった。

雹豪「この馬をドバイで走らせたいと。オーナーからの希望がありましたので、このたびは挑戦するということになりました」

おやっさん「私も馬主である以上、世界で馬を走らせたい夢を持っていました。今この夢をかなえてくれるのはをっかしかいません」

騎手は外国人ジョッキーではなく、淑之で臨むことも続けて発表された。

雹豪「騎手のほうなんですけど、スミヨシとかデザートがいたんですけどね。やっぱり乗り続けてる彼にしたいとオーナーからの声です」

淑之「この馬にずっと乗ってきて、世界で戦えるチャンスが来て…自分は無理だと思っていた…けど…オーナーと先生が…うぅ」

レース前にも関わらず涙を流す淑之。

記者「では淑之さん。何としても期待にこたえなければいけません。意気込みをお願いします」

淑之「世界の強い馬に囲まれても負けないと思いますので…皆さん応援をよろしうぉぇぇぇぇげろげろ」

雹豪「ゲボを吐いたので会見はここで打ち切ります!」

しかし年が明けて

をっかはドバイで何もできず完敗。

何事もなかったかのようにをっかは日本へ帰ってきたのであった。

ゴッド「やっぱりドバイの馬場が厳しかったのかな」

ノブン「をっかちゃん敗北、か…」

あるお笑いライブで

kasuga「トゥース!」

wakabayashi「トゥースじゃねぇよ!いい加減にしろ!ありがとうございました!」

楽屋で

wakabayashi「新聞があるな」

kasuga「新聞!をっかちゃんは…負けたのか」

wakabayashi「をっかってなんだよ。そこまでお前のこと嫌いじゃねぇよ」

wakabayashi「へへへへ~」

kasuga「…」

wakabayashi「笑えよ!!」

ドバイのことなど完全に忘れきった陣営は

国内復帰の場を、去年負けたヴィクトリアマイルに決定した。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。