キムヨナが初戦にへぶらりーステークスを選択


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クラシック2冠を制し有馬記念を制したキムヨナが今年の初戦としてへぶらりーステークスに挑戦することが陣営から発表された。

初のダート出走にも陣営は自信を見せており、海外遠征の布石と考えているようだ。
有馬記念をともに制した四位洋文とのコンビで出走予定。

迎え撃つのは去年のじゃぱんかっぷだーとを制したアッツフライト、地方交流重賞を勝ちまくっているポンコツアメリカ、ダート転向後一気に連勝し始めたミサキハンター、芝の重賞馬バブルサンデーダイシュンボランの兄ダイシュンクロシオなどが出走予定。

各陣営コメント

キムヨナ
陣営「ダートは問題ないと思っているが、ぶっつけ本番なので何があってもおかしくないと覚悟はしている。実力なら間違いなくリードしている」
四位洋文「有馬記念のときのようにマイペースで逃げてレースを作っていきたい」

アッツフライト
陣営「芝ならどうかわからないが、ダートならうちの馬。展開に左右されない自在性で勝負したい」
ペリエ「ずっとこの馬に乗っているが、どんどん良くなってきている」

ポンコツアメリカ
陣営「実力は地方ダートで立証済み。先行で大崩れしないタイプなので一発も狙っていきたい」
アンカツ「地方とはいえ実績は十分作ってきたしね。ここを目標にやってきたし好勝負できると思うな」

ミサキハンター
陣営「芝でずっとくすぶっていたがダートに入ってからは一変。この相手でもやれると思っている」
デムーロ「まさに充実一途。一番いい時期に挑戦できると思います」

バブルサンデー
陣営「去年のシソザソ記念の勝ち馬だが、もともとダートも走っていた馬。ダートでもやれると思う」
松岡「芝・ダートと使ってきたけど、ダート一本に絞ると言われました。ここは是が非でも」

ダイシュンクロシオ
陣営「最近はあんまりだけど、弟が激突杯を勝ったからね。兄貴もいいとこ見せないと」
えびな「ダートの馬だと思ってるし、条件は文句なし。後は他との兼ね合いだけ」


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。