※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

0.イントロ

授業の説明に入る前に,先生からご紹介いただいた2月5日に行われる"GISワークショップ"の詳細をお知らせします.
日時:平成20年2月5日(火)10:50~16:00(会場10:20)
会場:三重県総合文化センター 「レセプションルーム」(文化会館1階)他
本イベントでは,GISのスキルアップや連携強化を目指し,講演及び参加者のニーズに
合わせた「活動層」と「関心層」分科会(講習会形式等)を設けるとともに,交流の「場」
(マッチング)のきっかけとなる意見交換会を予定.
さらに詳しい内容または申し込みに関しては,
生物資源校舎302教室「GIS研究室」までお尋ねください.

1.前回(2007.12.13)の補足説明

h12ka24201.shp : vector
h12ka24201.shx : インデックス
h12ka24201.dbf : 属性
シェープファイルの構造として3つのファイルがなければいけない.
ちなみにdbfはデータベースフォーマットのこと.
そしてこれからの授業は.dbf(属性)です.
Excelで属性を情報として読み込むことができますが,
今回はQ-GISを用いて作業を行います.

2.属性データとQ-GIS

まず,みなさんもおわかりのようにQ-GISを起動します.
open mapset "Tsu_new" → GRASS vector layer で"tsu"を表示.
続いて,open table で,データを見れます.(ってことはExcelでしなくてもいいです)

3.“ネットワーク解析”のデータをGET♪

今回の授業では,みなさんに配布したUSBデータを用いて“ネットワーク解析”をしてもらいます.
また当日授業にやむ得ない理由で欠席した受講生は,授業のwikiにファイルがアップロードされていますのでご利用ください.
ちなみにUSBデータの説明をさせていただきますと,
本データは「旧津市内のすべての道路のデータ」です.
road.shp
road.shx
road.dbf
これは,旧津市内の道路(中心線)・・・lineデータ
evac.shp
evac.shx
evac.dbf
これは,一時避難所・・・pointデータ

上記の2つのデータを用いて,“災害が起こる前にシチュエーション”で収容人数などを解析することはできますが,実際GISを用いてやることはあまりないのです.
またこのデータは,c:\GRASS/DATAに入れておくことをお勧めとします.

4.GRASSコマンドの解説

v.net.iso または,v.net.allot     道のデータから最短距離を導く    
これを用いることで,例えば「救急病院が担当する範囲」,「この地域をどのように3分割するか」などで使う.
v.net.saleman     巡回する問題
これは,ノード間で距離的に最短距離を求め,一番早く巡回する経路を算出する.
v.net.steiner     一番短い連続した経路を求める問題
一方通行とかを考慮して選び,連続した連続した経路を導く

今回の授業で説明があったのは以上です.

5.GETしたデータで作業♪♪

“open GRASS tool”から“shell”に入る.
まず
pwd
自分のいる場所を把握する.
cd c:GRASS/DATA
ls
またちゃんと3つのファイル(road.shp,road・・・)があるところに確認し,
cd ファイル名
先ほどGETしたデータの場所に行く.
そして
v.in.ogr -o dsn=. layer=road out=road
を打って,“・・・・・33333・・・・・42320・・・42320・・・・・”と出てきたら,入力OK♪
そしてQ-GISの画面に戻っていただいて“GRASS vector layer”で今作ったモノを開くと,以下のような画像が出来上がると思います.
とても細いので拡大し,それでも見にくいようでしたら,色を変更して下さい.

同様に,一時避難場所の画像を表示するには,
v.in.ogr -o dsn=. layer=evac out=evac
で入力し,“GRASS vector layer”で開くと,
今回の授業はここまでです.
お疲れ様でした.

6.最後に

初めてのwiki作成とあって,いろいろと不慣れな点もありますが,
これを見ていただいた方,私にたくさんの指導をしていただいた先輩方,
ありがとうございました♪♪♪